www.evianjeanpaulgaultier.com

まじめにふまじめ




イタリアワイン (赤)

バルバレスコサントステファノ 2009 Barbaresco Santo Stefano 最新作,本物保証

メーカー希望小売価格 6,500円 が お買い得価格!6,180円! ◆CASTELLO DI NEIVE◆ 生産地ピエモンテ州クネオ県ネーヴェ Stupino(ストゥピノ)兄弟の Anna(アンナ)、Giulio(ジュリオ)、Italo(イタロ)、Piera(ピエラ)の 4人はカステロ・ディ・ネーヴェのオーナーで、ピエモンテ州ランゲ地区の ネーヴェの町に60haの地所を所有している。そのうち25haがぶどう畑に なっており、ワイン生産量は年間12000ケースに達する。 ワインはすべて自社畑で収穫されるブドウから造られる。 “Castello di Neive Azienda Agricola di Italo Stupino“が 会社の正式名称であるが、その名前からも分かるようにItalo Stupinoが ぶどう畑とセラーの両方の管理を行なっている。 カステッロ・ディ・ネーヴェは、バルバレスコだけではなく、 バルベラ・ダルバDOC、ドルチェット・ダルバDOC、 ランゲDOCアルネイス、ランゲDOCネッビオーロ、ランゲDOC ロッソ、 ピエモン DOC グリニョリーノ、モスカート・ダスティDOCG、 カステッロ・ディ・ネーヴェ・クラシコ、カステッロ・ディ・ネーヴェ・パッシート、 などピエモンテを代表するワインも幅広く生産している。 ◆伯爵のワイナリー カステッロ・ディ・ネーヴェは16~17世紀の建物を拡張して、 18世紀に建てられた。それ以来セラーはワイン造りのために利用されている。 19世紀にはOudart(ウダール)というフランスのエノロジスト兼ワイン商が、 カステッロ・ディ・ネーヴェのオーナーであったCastelborgo(カステルボルゴ) 伯爵のコンサルタントとしてここを運営してきた。彼の関心は、ブルゴーニュワインと 競い合えるような、容易に輸出できるようなネッビオーロ種を使用した辛口で 特徴のあるワインを造ることにあった。 ついにOudartは“ネーヴェ”という名前のワインで1857年ロンドンで金メダルを 獲得したのである。今日ではかつてOudartに使用されていたセラーで、 カステッロ・ディ・ネーヴェは長年の伝統と近代的な技術を上手く取り入れながら、 品質向上のための努力を怠ることなく、ワイン造りを続けている。 全て自社畑で収穫されたブドウから秀逸なワインを生産している中で、 特に優良なクリュとして知られている「サント・ステファノ」は高い評価を 得ているバルバレスコです。 ◆バルバレスコ・サント・ステファノ [2009] Barbaresco Santo Stefano◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ピエモンテ州 ◆地域:クネオ県ネーヴェにあるサント・ステファノの単一畑 (6.72ha、海抜270m)。泥灰・石灰質土壌。 ◆格付け:バルバレスコ DOCG ◆ぶどう品種:ネッビオーロ100%(樹齢30~40年、10月中旬収穫) ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆適温:18~20℃ ◆料理:ローストやグリル、蒸し煮にした肉、ジビエ、熟成したチーズなど ◆製造方法◆ 温度管理された自動パンピングオーバーシステム機能を 持ったタンクで32度で15-20日間発酵。 35HLのフレンチオークの樽で2年間熟成。 最低6ヶ月間瓶熟成。 ファーストヴィンテージは1967年。年間生産量約3万本。 ◆テイスティング◆ 輝く深いルビー色。エステルやバラやスミレ、 キャンディ、草むら、スパイスなど複雑な香り。 リッチで豊かなタンニンをもったフルボディな味わい。 エレガントさが際立っている。 2009年は非常に良いヴィンテージで、色が濃く ストラクチャーがしっかりしたバランスの良いワインに仕上がった。 ◆AWARDS◆ 2005 Gambero Rosso 2Bicchieri :00年Vintage 2005 Duemilavini:4Grappoli 00年Vintage イタリアソムリエ協会(AIS)が発行するワイン評価本。 その評価はブドウ房(グラッポリ)で表示されます。 Robert Parker Point [04年 93ポイント][05年 93ポイント][06年 92ポイント] ◆2005 Veronelli: 88 points/(2star★★) ワイン王国 NO.55(掲載文抜粋) 数あるバルバレスコの畑の中でも「サント・ステファノ」は 際立った個性を持っている。柑橘類の香り、強いミネラル分、 スパイス、甘草など、ネイヴェ村のエッセンスがこの畑には詰まっている。 このワインのスタイルは古典的で、 偉大な畑のフィネスが見事に表現されている。 ◆テロワールの偉大な力が詰まったクラッシック派バルバレスコの雄 柑橘類やリコリス、土、ミネラルなど、 まさにネイヴェ村の偉大な畑「サント・ステファノ」のテロワールが しっかり現れた香り。余韻にかすかなタンニンが残りますが、 上質でエレガントです。 このクラッシックな味わい、私がイタリアワインの魅力に目覚め、 バルバレスコを飲み始めた1980年代を思い出す・・・感慨深いですねぇ! やや色が薄いようですが、これはなぜでしょうか。猛暑だった03年は、 紫外線が強かった影響でブドウの果皮の色素が壊れてしまったんです。 でも、クオリティーはまったく問題ありませんよ。 そうなんですね、謎が解けました。 バルバレスコ特有の柔らかさと、リゼルヴァならではの重厚感も十分。 エレガントなワインですね! 山鳩や山鶉のシンプルなローストなどと味わいたいです。 いいですね!やはりクラッシックなピエモンテ料理がピッタリですよね。 クリアな酸と厳格なタンニン、香りの濃縮感に、ネッビオーロのワインを 飲んでいる!という充実感を感じます。 このクラスのバルバレスコとしてはまだ若いですが、03年ヴィンテージのためか アタックが柔らかい。今飲んでも楽しめるワインです。 ※法定熟成期間は50ヵ月以上(木樽熟成9ヵ月)

バルバレスコサントステファノ 2009 Barbaresco Santo Stefano 最新作,本物保証 —— 5,200円

イタリアワイン (赤)

バルバレスコサントステファノリゼルヴァ 2004 Barbaresco Santo Stefano Riserva 大人気

メーカー希望小売価格 9,000円 が お買い得価格!8,550円! ◆CASTELLO DI NEIVE◆ 生産地ピエモンテ州クネオ県ネーヴェ Stupino(ストゥピノ)兄弟の Anna(アンナ)、Giulio(ジュリオ)、Italo(イタロ)、Piera(ピエラ)の 4人はカステロ・ディ・ネーヴェのオーナーで、ピエモンテ州ランゲ地区の ネーヴェの町に60haの地所を所有している。そのうち25haがぶどう畑に なっており、ワイン生産量は年間12000ケースに達する。 ワインはすべて自社畑で収穫されるブドウから造られる。 “Castello di Neive Azienda Agricola di Italo Stupino“が 会社の正式名称であるが、その名前からも分かるようにItalo Stupinoが ぶどう畑とセラーの両方の管理を行なっている。 カステッロ・ディ・ネーヴェは、バルバレスコだけではなく、 バルベラ・ダルバDOC、ドルチェット・ダルバDOC、 ランゲDOCアルネイス、ランゲDOCネッビオーロ、ランゲDOC ロッソ、 ピエモン DOC グリニョリーノ、モスカート・ダスティDOCG、 カステッロ・ディ・ネーヴェ・クラシコ、カステッロ・ディ・ネーヴェ・パッシート、 などピエモンテを代表するワインも幅広く生産している。 ◆伯爵のワイナリー カステッロ・ディ・ネーヴェは16~17世紀の建物を拡張して、 18世紀に建てられた。それ以来セラーはワイン造りのために利用されている。 19世紀にはOudart(ウダール)というフランスのエノロジスト兼ワイン商が、 カステッロ・ディ・ネーヴェのオーナーであったCastelborgo(カステルボルゴ) 伯爵のコンサルタントとしてここを運営してきた。彼の関心は、ブルゴーニュワインと 競い合えるような、容易に輸出できるようなネッビオーロ種を使用した辛口で 特徴のあるワインを造ることにあった。 ついにOudartは“ネーヴェ”という名前のワインで1857年ロンドンで金メダルを 獲得したのである。今日ではかつてOudartに使用されていたセラーで、 カステッロ・ディ・ネーヴェは長年の伝統と近代的な技術を上手く取り入れながら、 品質向上のための努力を怠ることなく、ワイン造りを続けている。 全て自社畑で収穫されたブドウから秀逸なワインを生産している中で、 特に優良なクリュとして知られている「サント・ステファノ」は高い評価を 得ているバルバレスコです。 ◆バルバレスコ・サント・ステファノ・リゼルヴァ Barbaresco Santo Stefano Riserva◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ピエモンテ州 ◆地域:クネオ県ネーヴェにあるサント・ステファノの単一畑 (6.72ha、海抜270m)。泥灰・石灰質土壌。 ◆格付け:バルバレスコ DOCG ◆ぶどう品種:ネッビオーロ100%(樹齢30~40年、10月中旬収穫) ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆適温:18~20℃ ◆料理:ジビエや赤身の肉料理、チーズ ◆製造方法◆ 温度管理された自動パンピングオーバーシステム機能を 持ったタンクで32度で15-20日間発酵。 35HLのフレンチオークの樽で最低3年間熟成。 最低1年瓶熟成。ファーストヴィンテージは1967年。 ◆テイスティング◆ サント・ステファノの単一畑で造られたリゼルヴァ。 輝く深いルビー色。エステルやバラ、チェリーなどの複雑な香り。 リッチで豊かなタンニンをもったフルボディな味わい。 エレガントさが際立っている。 年間生産量約14000本。 ◆AWARDS◆ Gambero Rosso 3Bicchieri :01年Vintage Gambero Rosso 3Bicchieri :99年Vintage 2010 Duemilavini:5Grappoli 04年Vintage 2009 Duemilavini:5Grappoli 03年Vintage イタリアソムリエ協会(AIS)が発行するワイン評価本。 その評価はブドウ房(グラッポリ)で表示されます。 Robert Parker Point [98年88ポイント][99年92ポイント][01年93ポイント][03年92ポイント] ◆2005 Veronelli: 88 points/(2star★★) ワイン王国 NO.55(掲載文抜粋) 数あるバルバレスコの畑の中でも「サント・ステファノ」は 際立った個性を持っている。柑橘類の香り、強いミネラル分、 スパイス、甘草など、ネイヴェ村のエッセンスがこの畑には詰まっている。 このワインのスタイルは古典的で、 偉大な畑のフィネスが見事に表現されている。 ◆テロワールの偉大な力が詰まったクラッシック派バルバレスコの雄 柑橘類やリコリス、土、ミネラルなど、 まさにネイヴェ村の偉大な畑「サント・ステファノ」のテロワールが しっかり現れた香り。余韻にかすかなタンニンが残りますが、 上質でエレガントです。 このクラッシックな味わい、私がイタリアワインの魅力に目覚め、 バルバレスコを飲み始めた1980年代を思い出す・・・感慨深いですねぇ! やや色が薄いようですが、これはなぜでしょうか。猛暑だった03年は、 紫外線が強かった影響でブドウの果皮の色素が壊れてしまったんです。 でも、クオリティーはまったく問題ありませんよ。 そうなんですね、謎が解けました。 バルバレスコ特有の柔らかさと、リゼルヴァならではの重厚感も十分。 エレガントなワインですね! 山鳩や山鶉のシンプルなローストなどと味わいたいです。 いいですね!やはりクラッシックなピエモンテ料理がピッタリですよね。 クリアな酸と厳格なタンニン、香りの濃縮感に、ネッビオーロのワインを 飲んでいる!という充実感を感じます。 このクラスのバルバレスコとしてはまだ若いですが、03年ヴィンテージのためか アタックが柔らかい。今飲んでも楽しめるワインです。 ※法定熟成期間は50ヵ月以上(木樽熟成9ヵ月)

バルバレスコサントステファノリゼルヴァ 2004 Barbaresco Santo Stefano Riserva 大人気 —— 7,300円

イタリアワイン (赤)

パッソ デ カプリオリ サンジョヴェーゼ メルロー 2008 Passo dei Caprioli TOSCANA 人気,本物保証

メーカー希望小売価格 1,700円 が お買い得価格!1,600円! Italia Toscana テヌータ ポッジョ イル カステラーレ モンタルチーノのエリアでワインを造ることの誇りを感じさせてくれます。 バロンチーニ傘下のひとつです。 モンタルチーノのエリアで造られるワインの素晴らしさは、 エトルリア時代から広く知られていました。 「ポッジョ イル カステッラーレ(丘の上の城跡)」という名前は、 この場所の歴史的なルーツを思い起こさせます。 畑は9ha。標高600mで石が多く、南向きです。 樹齢は5~10年ですが、家の裏側は40年です。 真夏は40℃を越す暑いところですが、標高が高いため昼夜に 寒暖の差があり、さらに強い風が吹いて葡萄を冷やします。 肥料には馬糞などを使用しています。専属エノロゴは、 アレッシオ マジ。畑とセラーの責任者は、75歳になるイヴォンヌで、 常駐しています。イタリアワインの中でもモンタルチーノに畑があることを、 また亡き父の誇りと伝統を姉と共に受け継いでいることに誇りを感じていると、 ステファーノは語っていました。 ◆パッソ デ カプリオリ サンジョヴェーゼ メルロー [2008] Passo dei Caprioli TOSCANA◆ ◆生産地域:イタリア トスカーナ モンタルチーノ モンタルチーノ (Montalcino) は、人口5,131人の イタリア共和国トスカーナ州シエーナ県のコムーネの一つである。 ◆色:赤 ◆容量:750ml ◆アルコール度数:13.5% ◆ランク:IGT ◆生産者:テヌータ ポッジョ イル カステラーレ ◆《赤》【フルボディ】 ◆葡萄品種:サンジョヴェーゼ(85%)、メルロ(15%) ◆テイスティング◆ モンタルチーノからの香り高く芳醇な、若々しくフルーティなワインです。 濃いルビーレッド。プラムのジャムのブーケがあります。 野生のフルーツのフレイヴァーがあり、ヴェルヴェットのような口当たりです。

パッソ デ カプリオリ サンジョヴェーゼ メルロー 2008 Passo dei Caprioli TOSCANA 人気,本物保証 —— 1,100円

イタリアワイン (赤)

ブルネッロディモンタルチーノ 2007 ファットリアデイバルビ 大得価

【wine0518】 ◆Brunello di Montalcino D.O.C.G FATTORIA DEI BARBI◆ ◆ブルネッロの歴史/The history of Brunello コロンビーニ家は1352以来モンタルチーノで土地を所有し、1790年から ファットリア・デイ・バルビを所有しています。サンジョヴェーゼからブルネッロが 生産されるようになったのが、この頃で、1820-50年にかけて バルビのブルネッロはイタリア国内、フランスでも高い評価をうけ、 その名を知られる事となりました。 「シニョーラ・ブルネッロ」と呼ばれるフランチェスカ・コロンビーニ女史 1870年にはヴィンサント、1892年にはブルネッロの瓶詰めを開始しています。 現在バルビのブルネッロとリゼルヴァ・ヴィーニャ・デル・フィオーレに使用されいている ラベルは1958年にジョヴァンニ・コロンビーニがデザインさせたものです。 比較的価格の安いキャンティのみがトスカーナのワインとして 知られていたこの頃、バルビでは質の高いワインを、誰もが求め易い価格で 生産する事を目的として活動し、成功を収めました。 1969年にはアメリカへ、1972年にはイギリスへの輸出が始まっています。 1352年以来トスカーナ州モンタルチーノに土地を所有 するコロンビーニ家が 経営するファットリア・ディ・バルビは、 ブルネッロ(サンジョベーゼ)の実力を 世界中に知らしめた第一人者です。 トスカーナ州モンタルチーノに16世紀からあるワイナリーで、 現在はフランチェスカ・コロンビーニ・チネリを中心に、妹のドナテッラが協力して 運営している。2人はモンタルチーノのプロモートに熱心で、ハルビ・コロンビーニ 国際賞を作り、モンタルチーノに関係する優れた文学作品などに授与している。 17カ所に分かれる畑は170~500mと標高差があり、合計34ha。 栽培は高名なカルロ・フェリーニがコンサルティングをする。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの他に、 ブルコ・デイ・バルビ、ブリガンテ・デイ・バルビなども造る。 現在のオーナーはステファノ・チネッリ・コロンビーニ氏。 伝統と革新をうまく調和させたワイン造りを推進、 活発なワイナリー運営を図っています。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノについて 改めて説明するまでもなく、イタリアを代表する偉大な赤ワイン。 法定熟成期間が50ヶ月(そのうち、最低2年はオークの樽で熟成)、 リゼルヴァタイプだと最低62ヶ月間の熟成期間が定められています。 オーク樽で熟成と規定されていることは、 ブルネッロがどのようにして誕生したのかと深いつながりがあります。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの誕生 初めてブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造った人は誰か。 これは他のイタリアワインと違って100%確実にわかっています。 その人の名は「フェルッチョ・ビオンディ・サンティ」。 イタリア統一で活躍したジュセッペ・ガリバルディの活動に参加した彼が、 その仕事を終えてトスカーナの自分の家に戻ったときに見たのは オイディウム菌とウドンコ病にやられて荒れ果てたブドウ畑でした。 彼は決心します-ブドウ畑を取り戻そう。それには病気に強い品種しかない そして選ばれた品種が「サンジョヴェーゼ・グロッソ」。 さらに彼は納得します。このブドウから造られるワインはオークの樽で 長期間寝かせたあとのほうが格段に美味しくなると。 こうして最初のブルネッロが世に出たのが1888年。 その後の成功はもはや詳しく書く必要もないでしょう。 ◆増え続けるブルネッロの生産 1960年代には20程度だった生産農家は、 1980年代には150あまりに増え、現在は200以上の 生産農家がブルネッロを造っています。 ワイン・スペクテーターが「20世紀のオスカーワイン」に ブルネッロを選んだことからわかるように、モンタルチーノは ワイン造りに携わる人間にとって、夢の場所といえるのかもしれません。 20世紀のオスカーワイン:ヴィンテージ1997のブルネッロ110本を 試飲した結果、そのほとんどが90ポイント以上獲得。 このトータルのレベルの高さは他のどんなワインをも圧倒しました。 ◆料理との相性 やはり、しっかりとしたお肉料理が一番です。 しかも、きのこやトリュフなどを添えていただくと最高です。 また、チーズとの相性もいいので味のしっかりとした、 熟成タイプのパルミジャーノ・レッジャーノや ペコリーノ・トスカーノなどと一緒にじっくりと味わいください。 もちろん、熟成を重ねた年代もののブルネッロならば、それだけで十分。 まさに「ヴィーノ・ダ・メディタツィオーネ(瞑想にふけるためのワイン)」です。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ [2007] ファットリア・デイ・バルビ Brunello di Montalcino D.O.C.G FATTORIA DEI BARBI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ県 モンタルチーノ市 ◆生産地域:モンタルチーノにある自社畑 ◆格付け:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ D.O.C.G. ◆イタリアが世界に誇る赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産地です。 シエナから約40km南に、城壁に囲まれた町モンタルチーノがあります。 中部イタリアで最もポピュラーなぶどう品種サン・ジョヴェーゼのなかでも、 モンタルチーノの周辺で栽培されるサン・ジョヴェーゼは「ブルネッロ」と呼ばれています。 ◆ぶどう品種:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ)100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆色:ルビーレッドにチェリーの色合い ◆適温:18-20℃ ◆料理:ローストした肉料理や狩猟肉料理、熟成したチーズに良く合います ◆製造方法:果皮とともに29-30℃で18日間発酵。スロヴォニアンオーク樽 (20-40HLの中樽、40HL以上の大樽)で最低2年間熟成。 その後瓶熟成は最低4ヶ月間。 ◆テイスティング◆ エレガントでスパイシーな濃いブーケ、暖かみがあり、 柔らかなタンニンを感じさせるフルボディのワイン。 年を経るとエレガントで気品のある繊細なワインになってゆきます。 ファーストヴィンテージは1862年。 スロヴォニアンオーク樽熟成からこの偉大なワインが生まれます。 リコリスやオークのニュアンスを含む心地よい香りとバランスのとれた味わい、 長い余韻がこのワインのポテンシャルを物語っています。 ◆AWARDS◆ Gambero Rosso 受賞 Vintage 93年 2Bicchieri 獲得! ◆Robert Parker's Point◆ [90年89P][01年90P][03年89P][04年90P]

ブルネッロディモンタルチーノ 2007 ファットリアデイバルビ 大得価 —— 5,400円

イタリアワイン (赤)

ブルネッロディモンタルチーノリゼルヴァ 2004 ファットリアデイバルビ SALE,格安

【wine0518】 ◆Brunello di Montalcino Riserva D.O.C.G FATTORIA DEI BARBI◆ ◆ブルネッロの歴史/The history of Brunello コロンビーニ家は1352以来モンタルチーノで土地を所有し、1790年から ファットリア・デイ・バルビを所有しています。サンジョヴェーゼからブルネッロが 生産されるようになったのが、この頃で、1820-50年にかけて バルビのブルネッロはイタリア国内、フランスでも高い評価をうけ、 その名を知られる事となりました。 「シニョーラ・ブルネッロ」と呼ばれるフランチェスカ・コロンビーニ女史 1870年にはヴィンサント、1892年にはブルネッロの瓶詰めを開始しています。 現在バルビのブルネッロとリゼルヴァ・ヴィーニャ・デル・フィオーレに使用されいている ラベルは1958年にジョヴァンニ・コロンビーニがデザインさせたものです。 比較的価格の安いキャンティのみがトスカーナのワインとして 知られていたこの頃、バルビでは質の高いワインを、誰もが求め易い価格で 生産する事を目的として活動し、成功を収めました。 1969年にはアメリカへ、1972年にはイギリスへの輸出が始まっています。 1352年以来トスカーナ州モンタルチーノに土地を所有 するコロンビーニ家が 経営するファットリア・ディ・バルビは、 ブルネッロ(サンジョベーゼ)の実力を 世界中に知らしめた第一人者です。 トスカーナ州モンタルチーノに16世紀からあるワイナリーで、 現在はフランチェスカ・コロンビーニ・チネリを中心に、妹のドナテッラが協力して 運営している。2人はモンタルチーノのプロモートに熱心で、ハルビ・コロンビーニ 国際賞を作り、モンタルチーノに関係する優れた文学作品などに授与している。 17カ所に分かれる畑は170~500mと標高差があり、合計34ha。 栽培は高名なカルロ・フェリーニがコンサルティングをする。 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの他に、 ブルコ・デイ・バルビ、ブリガンテ・デイ・バルビなども造る。 現在のオーナーはステファノ・チネッリ・コロンビーニ氏。 伝統と革新をうまく調和させたワイン造りを推進、 活発なワイナリー運営を図っています。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノについて 改めて説明するまでもなく、イタリアを代表する偉大な赤ワイン。 法定熟成期間が50ヶ月(そのうち、最低2年はオークの樽で熟成)、 リゼルヴァタイプだと最低62ヶ月間の熟成期間が定められています。 ◆リゼルヴァ(Riserva)はD.O.C.またはD.O.C.G.の規定にのっとり 醸造されたワインの中で、ベースワインよりも 長期にわたって熟成されたものに付けられる呼び名です。 オーク樽で熟成と規定されていることは、 ブルネッロがどのようにして誕生したのかと深いつながりがあります。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの誕生 初めてブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造った人は誰か。 これは他のイタリアワインと違って100%確実にわかっています。 その人の名は「フェルッチョ・ビオンディ・サンティ」。 イタリア統一で活躍したジュセッペ・ガリバルディの活動に参加した彼が、 その仕事を終えてトスカーナの自分の家に戻ったときに見たのは オイディウム菌とウドンコ病にやられて荒れ果てたブドウ畑でした。 彼は決心します-ブドウ畑を取り戻そう。それには病気に強い品種しかない そして選ばれた品種が「サンジョヴェーゼ・グロッソ」。 さらに彼は納得します。このブドウから造られるワインはオークの樽で 長期間寝かせたあとのほうが格段に美味しくなると。 こうして最初のブルネッロが世に出たのが1888年。 その後の成功はもはや詳しく書く必要もないでしょう。 ◆増え続けるブルネッロの生産 1960年代には20程度だった生産農家は、 1980年代には150あまりに増え、現在は200以上の 生産農家がブルネッロを造っています。 ワイン・スペクテーターが「20世紀のオスカーワイン」に ブルネッロを選んだことからわかるように、モンタルチーノは ワイン造りに携わる人間にとって、夢の場所といえるのかもしれません。 20世紀のオスカーワイン:ヴィンテージ1997のブルネッロ110本を 試飲した結果、そのほとんどが90ポイント以上獲得。 このトータルのレベルの高さは他のどんなワインをも圧倒しました。 ◆料理との相性 やはり、しっかりとしたお肉料理が一番です。 しかも、きのこやトリュフなどを添えていただくと最高です。 また、チーズとの相性もいいので味のしっかりとした、 熟成タイプのパルミジャーノ・レッジャーノや ペコリーノ・トスカーノなどと一緒にじっくりと味わいください。 もちろん、熟成を重ねた年代もののブルネッロならば、それだけで十分。 まさに「ヴィーノ・ダ・メディタツィオーネ(瞑想にふけるためのワイン)」です。 ◆ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァ [2004] ファットリア・デイ・バルビ Brunello di Montalcino Riserva D.O.C.G FATTORIA DEI BARBI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ県 モンタルチーノ市 ◆生産地域:モンタルチーノにあるバルビ社の最も古い畑 ◆格付け:ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・リゼルヴァD.O.C.G. ◆イタリアが世界に誇る赤ワイン、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノの生産地です。 シエナから約40km南に、城壁に囲まれた町モンタルチーノがあります。 中部イタリアで最もポピュラーなぶどう品種サン・ジョヴェーゼのなかでも、 モンタルチーノの周辺で栽培されるサン・ジョヴェーゼ・グロッソは 「ブルネッロ」 と呼ばれています。 ◆ぶどう品種:ブルネッロ(サンジョヴェーゼ・グロッソ)100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆色:ガーネットの輝きを持つ深いルビーレッド ◆適温:18-20℃ ◆料理:ローストした肉料理、狩猟肉料理、チーズなどによく合います。 ◆製造方法:果皮とともに29-30℃で18-20日間。オーク樽で3-4年間、12ヶ月以上瓶熟成 ◆テイスティング◆ 良いヴィンテージのみの生産。ブラックベリーや黒スグリ、 タバコのようなヒントのあるスパイシーでフルーティで複雑味のあるブーケ。 温かみがありたっぷりとした味わいは、果実味とスパイシーなアロマのある 後味で、タンニンもありしっかりとした構成のある余韻のながいワイン。 さらに20-25年熟成可能。 ◆AWARDS◆ Gambero Rosso 受賞 Vintage 95年 3Bicchieri 獲得! Gambero Rosso 受賞 Vintage 00年 3Bicchieri 獲得! ◆Robert Parker's Point◆ [00年93P][01年94P] [03年90P] Decanter World Wine Awards Gold Medal 07(2000)

ブルネッロディモンタルチーノリゼルヴァ 2004 ファットリアデイバルビ SALE,格安 —— 9,900円

イタリアワイン (赤)

プラネタ サンタチェチリア 2008 PLANETA SANTA CECILIA 本物保証,正規品

メーカー希望小売価格 6,000円 が お買い得価格の!5,700円! ◆◆価格改定のお知らせ◆◆ すでに報道等でご承知の事と存じますが、 昨今の急激な円安の進行と、生産者出荷価格の上昇により、 現行価格の維持が困難な商品が出てきております。 つきましては、誠に心苦しくはありますが、5月1日より 一部商品の販売価格の改定を行うことになりましたのでお知らせ申し上げます。 又、定価が変わった輸入ワインなども御座います。 何とぞご理解とご協力を賜りご寛容くださいますよう御願い申し上げます。 尚、今後円高になった際には、値下げをさせて頂きます。 ※2014年4月、問屋様にて競合い(ライバル会社)が間に入り、 仕入れ値のかけ率を大きく上げられてしまい値上げをせざるを得ない状況です。 正規品ですのでワインの仕入れの中で一番高い業者様になります。 7年間強、運営してまいりましたが、このルートだけは、ほぼ赤字でした。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 ※プラネタ・シチリアの地域とセラー・ワイン別 ◆サンタ・チェチリア [2006] 10周年によせて・・・ プラネタのフラッグ・シップのひとつであるサンタ・チェチリアは、 [2006] ヴィンテージのリリースで、10周年を迎えます。 このワインは、ブドウ品種、テロワール、醸造技術など プラネタの目的をうまく表現しているワインといえます。 プラネタは、このサンタ・チェチリアの生産にあたり、 様々な改革、実験を行ってきました。 まずそれは、 ネロ・ダーヴォラというブドウ品種の改良から始まりました。 品質に満足できなかった1995年、1996年ヴィンテージの 発売を見送り、1997年には僅かにシラーを加えて発売。 このヴィンテージも高い評価を得ました。 しかし、本来はネロ・ダーヴォラ単一のブドウで長期熟成が可能な シチリアのテロワールをしっかりと表現したいという思いがありました。 ◆ノートDOC誕生 プラネタはアヴォーラからパキーノまでの土地を選び、 さらに1998年にはノート近郊の最良の畑を購入しました。 ノートでは素晴らしい景観を損なわない ように地下にワイナリーを建設。 多くの時間を必要としましたが、2003年からサンタ・チェチリアはノートの ブドウ畑で収穫されたネロ・ダーヴォラのみで生産されるようになりました。 ノートの土壌と気候はネロ・ダーヴォラに最適で、サンタ・チェチリアの品質を 高めることに繋がりました。最終的にファーストヴィンテージから10年。 様々な実験、研究が実を結び、 納得のいくサンタ・チェチリアをリリースすることができました。 2008年ヴィンテージから、ノートDOCとなります。ネロ・ダーヴォラ品種、 またそのテロワールがもっと知られるようになることに期待しています。 ■ノート/Noto ブオニヴィーニ/Buonivini ノートにある48ヘクタールのブドウ畑を所有するワイナリー。 土着品種であるネロ・ダーヴォラとモスカート・ディ・ノートが栽培され、 非常に近代的な「隠れたワイナリー」でワインが生産されています。 雨量は少なくとも植物が育つ、 石灰石と凝灰岩の個性的な白い土壌が特徴です。 このワイナリーでは、 2006年ヴィーンテージで10周年を迎えるサンタ・チェチリアと モスカート・ディ・ノートが生産されています。 ◆今、ワインの新しい風はシチリアから吹いている。 温暖な気候と肥沃な地勢を強力な味方につけ、シチリア固有種の ブドウが持つ可能性を最大限に引き出したプレミアムワインを 次々と生み出しているエリアである。 1985年、シチリア州アグリジェント県メンフィに創立。 300年におよぶワイン造りの歴史を持つプラネタ家のディエゴ・プラネタに よって設立され、マーケティング海外セールスマネージャーであるフランチェスカと 醸造責任者アレッシオ、国内セールスマネージャーを務めるサンティの 若い3人によって運営されています。 シチリアの独特な環境に国際品種を適合、シチリア固有の ブドウ品種の認知、魅惑的で歴史あるシチリアのD.O.C.の復活という 3つのゴールを揚げ、日々邁進し、2005年ついに「チェラズオーロ」が シチリアで最初のDOCGとして認められるように至りました。 社長 フランチェスカ・プラネタ氏 1971年生まれ ◆女のワインとは? このマークは女性が女性の感性でワインをプロデュースしているワイナリーを表します。 おいしいから飲む、酔い心地を楽しむために飲む。ワインに自然に 接してみませんか。もちろん、女性にとってはあたり前の事。 ワインを愛するそんな女性に、今イタリアでワインを楽しみ、ワインと共に 生活するイタリアの女性達が、彼女たち自身が造ったワインをお勧めします。 「ワインの女」とはワイナリーに生まれ育ち、 現在もワイン造りとワイナリーの経営に携わり、日々ワインと生活をともにする 女性たちのこと。イタリアの北ピエモンテから南はシチリアまでの 10のワイナリーの10人の女性たちです。 安くて大量生産で有名だったシチリアワインを、着手から僅か5年で 世界的レベルまで高めたシチリアの3人の若者の一人。 昨年出産。現在プラネタ社のマーケティングを 統括して活躍し、ワインのプロデュースに深く関っている。 ◆プラネタ サンタ・チェチリア [2008] PLANETA SANTA CECILIA◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア州 シラクーザ県 ノート町 ※シチリア州 シラクーザ県 ノート町 ◆原産地呼称統制・格付:ロッソ・ディ・シチリア IGT ◆ぶどう品種:ネロ・ダーヴォラ 100% ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆色:赤 ◆ボディ:フルボディ ◆適温:18-20℃ ※アマトリチャーナ/L'amatriciana ※ローマ方言ではマトリチャーナ(matriciana)と呼ばれる。 ◆料理:パスタからメインの料理まで幅広い料理 ◆製造方法◆ ブドウを除梗、破砕し、12日間マセラシオンを行う。 マロラクティック発酵の後、225ℓのアリエ産バリックにて12ヶ月間熟成。 ◆テイスティング◆ 深いルビーレッドの輝き。熟したチェリーの強いアロマ。 力強く豊かな味わい。スパイス、土、チェリー、オーク、 チョコレート、ヴァニラ、燻製等の香りが複雑に絡み合い、 厚みのあるタンニンとよく調和しています。 長く続く複雑な余韻が印象的です。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家91点を獲得した2008年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中17.5点を獲得した2008年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!93点を獲得した2008年ヴィンテージ! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ シルバーメダルを獲得した2008年ヴィンテージ!! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!2008年ヴィンテージ!

プラネタ サンタチェチリア 2008 PLANETA SANTA CECILIA 本物保証,正規品 —— 4,800円

イタリアワイン (赤)

プラネタ チェラズオーロディヴィットリア 2011 PLANETA CERASUOLO DI VITTORIA 限定セール,定番人気

メーカー希望小売価格 3,400円 が お買い得価格!3,230円! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ PLANETA CERASUOLO DI VITTORIA 2012年ヴィンテージ PP 87点獲得!飲み頃 2010年ヴィンテージ WA 88点獲得!早めに 2007年ヴィンテージ WA 88点獲得!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 今年の収穫は8月17日から10月25日まで行われました。 これはプラネタにとって最も長い収穫期間でした。 収穫は、夏の真っ盛りにメンフィで始まり、ブドウ畑の周りに栗が実り、 初雪が降る、10月の終わりにエトナで終了しました。 秋の始まりは、シチリアのほとんどの地域で特に雨が少ない 涼しい気候から始まりました。反対に春は、特に夏が始まる 前の5月に雨が多く、暑い季節に向けてのブドウの生育に最高な 条件となりました。夏のほとんどは、心地よい気温で安定しており、 この季節の平均気温を越えることはありませんでした。 日照時間も安定しており、全てのブドウを健康な状態で収穫する ことができました。9月末から降り始めた雨は10月の終わりまで 続きましたが、幸運にもメンフィ、サンブーカ、ノートでは収穫が ほとんど完了しており、ヴィットリアとエトナでは、水はけの良い特質を 持つ土のお陰で大きな影響もありませんでした。        シチリア西部(メンフィ、サンブーカ) シャルドネの収穫は従来8月17日から始まりますが、 今年は10~14日遅れて始まりました。非常に珍しいことに 今年の休日が、8月15日の「フェッラゴスト」以降まで続いたためです。 8月19・20日以降、気温は次第に上昇し、丁度良い湿度が保てたため、 果実の乾燥を避け、凝縮することが出来ました。 一方、黒ブドウは9月1週目~2週目の間に収穫されました。 ネロダーヴォラとシラーの質は非常に素晴らしいものとなりました。 グレカニコの収穫は9月終わりには完了しました。白ブドウは概して良く、 シャルドネ、グレカニコは特に素晴らしい出来です。 黒ブドウについては、品種によってはややフレッシュ感と 切れ味が前に出て、一般的な暖かい収穫時期と比べて 凝縮感が欠けるかもしれませんが、一方で飲みやすいワインとしての 可能性に富んでいると言えるでしょう。 メンフィで栽培されている品種はすでにワイナリーで 保存されていたため、9月末の雨で困ることはありませんでした。 シチリア東部(ノート、ヴィットリア、エトナ) ノートの収穫は2回に分けて行われます。 1回目は8月20日からモスカートを収穫、2回目は9月5日から20日に 黒ブドウに専念して行われます。ノートでは、夏は穏やかで乾燥した 理想的な状態で、雨が降ったのは私たちには喜ばしいことに収穫後の 数日間であり、乾燥してレベルの高い収穫が行われた後でした。 ブドウは健康的でバランスがとれ、品質も完璧だったため、 ますます満足のいくものとなりました。 "モスカート・ディ・ノート"と"サンタ・チェチリア"の 2009年ヴィンテージも素晴らしい品質になると期待しています。 ヴィットリアは収穫前の雨に悩まされましたが、水はけの良い砂質の 土のおかげで、濃度よりも果実味が特徴の "チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア"にも病気の発生はありませんでした。 2008年に完成したばかりの新しいワイナリー、 エトナは素晴らしいデビューで、大きな驚きに満ちていました。 雨はエトナの収穫につきものです。畑の海抜の高さが収穫のシーズンの 雨の地域と重なり合うためです。しかしこのことが、この山間地で収穫される ブドウの優れたキャラクターを決定する重要な要因のひとつとも言えます。 カリッカンテの最初の木箱は10月22日にワイナリーに到着し、 65日前に始まった収穫は10月25日に終了しました。 「ヴィニタリー」でのエトナに対する判断は未知のものですが、 私たちはその出来に非常に満足しています。 ◆プラネタ チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア [2011] PLANETA CERASUOLO DI VITTORIA◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア州 ラグーザ県 アカーテ ヴィットリア(シチリア南部)にあるドリッリの畑(砂質土壌) ◆格付け:チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア D.O.C.G. ◆ぶどう品種:ネロ・ダヴォラ60%、フラッパート40% ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆適温:14-16℃ ◆料理:アペリティフとして、また魚料理や肉料理、チーズなど幅広い料理。 ◆製造方法◆ 8日間25℃でマセラシオンをして、 そのあとステンレスタンクにてマロラクティック発酵を行なう。 4ヶ月間熟成。 ◆テイスティング◆ ピンクや紫色を帯びた明るい赤色、 イチゴやチェリー、干しいちじくや 干しブドウなどのフルーツの華やかな香り、 やさしいタンニンと心地良い酸味が口いっぱいにアロマが広がります。 ネロ・ダーヴォラを主体に造られたシチリア唯一のDOCGワイン。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ ブロンズメダル獲得!2011年ヴィンテージ! ※ IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)(毎年ロンドン開催) ■International Wine Challenge■ シルバーメダル獲得!2011年ヴィンテージ! ※ヴィノムワインマガジン・ヨーロッパワインガイド ■Europas Wine Magzin Vinum■ Vinum.ch 20点中15点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家88点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!91点を獲得した2011年ヴィンテージ!

プラネタ チェラズオーロディヴィットリア 2011 PLANETA CERASUOLO DI VITTORIA 限定セール,定番人気 —— 2,600円

イタリアワイン (赤)

プラネタ ドリッリ 2010 PLANETA Dorilli 100%新品,人気

メーカー希望小売価格 3,900円 が お買い得価格!3,710円! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ PLANETA Dorilli 2011年ヴィンテージ PP 86点獲得!飲み頃 2010年ヴィンテージ WA 90点獲得!早めに 2009年ヴィンテージ WA 88点獲得!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 今年の収穫は8月17日から10月25日まで行われました。 これはプラネタにとって最も長い収穫期間でした。 収穫は、夏の真っ盛りにメンフィで始まり、ブドウ畑の周りに栗が実り、 初雪が降る、10月の終わりにエトナで終了しました。 秋の始まりは、シチリアのほとんどの地域で特に雨が少ない 涼しい気候から始まりました。反対に春は、特に夏が始まる 前の5月に雨が多く、暑い季節に向けてのブドウの生育に最高な 条件となりました。夏のほとんどは、心地よい気温で安定しており、 この季節の平均気温を越えることはありませんでした。 日照時間も安定しており、全てのブドウを健康な状態で収穫する ことができました。9月末から降り始めた雨は10月の終わりまで 続きましたが、幸運にもメンフィ、サンブーカ、ノートでは収穫が ほとんど完了しており、ヴィットリアとエトナでは、水はけの良い特質を 持つ土のお陰で大きな影響もありませんでした。        シチリア西部(メンフィ、サンブーカ) シャルドネの収穫は従来8月17日から始まりますが、 今年は10~14日遅れて始まりました。非常に珍しいことに 今年の休日が、8月15日の「フェッラゴスト」以降まで続いたためです。 8月19・20日以降、気温は次第に上昇し、丁度良い湿度が保てたため、 果実の乾燥を避け、凝縮することが出来ました。 一方、黒ブドウは9月1週目~2週目の間に収穫されました。 ネロダーヴォラとシラーの質は非常に素晴らしいものとなりました。 グレカニコの収穫は9月終わりには完了しました。白ブドウは概して良く、 シャルドネ、グレカニコは特に素晴らしい出来です。 黒ブドウについては、品種によってはややフレッシュ感と 切れ味が前に出て、一般的な暖かい収穫時期と比べて 凝縮感が欠けるかもしれませんが、一方で飲みやすいワインとしての 可能性に富んでいると言えるでしょう。 メンフィで栽培されている品種はすでにワイナリーで 保存されていたため、9月末の雨で困ることはありませんでした。 シチリア東部(ノート、ヴィットリア、エトナ) ノートの収穫は2回に分けて行われます。 1回目は8月20日からモスカートを収穫、2回目は9月5日から20日に 黒ブドウに専念して行われます。ノートでは、夏は穏やかで乾燥した 理想的な状態で、雨が降ったのは私たちには喜ばしいことに収穫後の 数日間であり、乾燥してレベルの高い収穫が行われた後でした。 ブドウは健康的でバランスがとれ、品質も完璧だったため、 ますます満足のいくものとなりました。 "モスカート・ディ・ノート"と"サンタ・チェチリア"の 2009年ヴィンテージも素晴らしい品質になると期待しています。 ヴィットリアは収穫前の雨に悩まされましたが、水はけの良い砂質の 土のおかげで、濃度よりも果実味が特徴の "チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア"にも病気の発生はありませんでした。 2008年に完成したばかりの新しいワイナリー、 エトナは素晴らしいデビューで、大きな驚きに満ちていました。 雨はエトナの収穫につきものです。畑の海抜の高さが収穫のシーズンの 雨の地域と重なり合うためです。しかしこのことが、この山間地で収穫される ブドウの優れたキャラクターを決定する重要な要因のひとつとも言えます。 カリッカンテの最初の木箱は10月22日にワイナリーに到着し、 65日前に始まった収穫は10月25日に終了しました。 「ヴィニタリー」でのエトナに対する判断は未知のものですが、 私たちはその出来に非常に満足しています。 ◆プラネタ ドリッリ [2010] PLANETA Dorilli◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア州 ラグーザ県 アカーテ ヴィットリア(シチリア南部)にあるドリッリの畑(砂質土壌) ◆格付け:チェラズオーロ・ディ・ヴィットリア・クラッシコ D.O.C.G. ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:ネロ・ダヴォラ70%、フラッパート30% ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆色:スミレ色を帯びたルビーレッド ◆適温:14-16℃ ◆料理:幅広いお料理に合わせて。子ヤギの肩肉、うさぎ肉、マグロを使った料理など。 ◆製造方法◆ 12日間のスキンコンタクト後プレスし、 ステンレスタンクにてマロラクティック発酵。 500Lの樽で12カ月間熟成。 ◆テイスティング◆ 熟したチェリー、レッドフルーツ、 ストロベリー、サワーチェリージャム、 栗はちみつ、洋ナシなどのアロマが感じられる。 程よいタンニンと、ソフトでバランスの良い味わいが印象的。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ ブロンズメダル獲得!2010年ヴィンテージ! ■アメリカのワイン雑誌ワイン&スピリッツ誌■ wineandspiritsmagazine.com 高得点90点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点88点獲得!2010年! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家90点獲得!2010年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!93点を獲得した2010年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!90点獲得!2010年ヴィンテージ!

プラネタ ドリッリ 2010 PLANETA Dorilli 100%新品,人気 —— 3,000円

イタリアワイン (赤)

プラネタ ブルデーゼ 2005 PLANETA Burdese 新作,SALE

アッサンブラージュ ◆シチリアが良質のイタリアワインの生産地である事は、もはや 疑う余地はありません。高品質のワインを求め、在来種・外来種ともに 栽培に適した土地?大きな可能性を秘めた土地シチリア。 そのシチリアで、その躍進ぶりが世界中から注目されているのがプラネタです。 シチリアの気候と土壌、それに最もふさわしいぶどう品種を組み 合わせる事により、瞬く間に世界的評価を得るワインを生み出しました。 彼らが新しく造り出したワインは次々とトレビッキエーリを受賞するなど、 その実力は疑う余地もありません。 ◆ シチリアの新星 シチリア州アグリジェント県、 メンフィとサンブカ・ディ・シチリアのちょうど中間あたりに、 岬に10世紀頃のアラビア砦の遺跡を持つアランチオ人工湖がある。 この水面に向け、小高い丘の上から水を流し広げたように 展開しているぶどう畑が、いまイタリア国内外で注目を集めている シチリアワイン『プラネタ』 の本拠。 ◆プラネタは1985年に設立され、1996年に市場進出を果たしたばかりの 若いブランドだが、プラネタ家そのものはこの地で300年来ぶどうを 作り続けてきたワイン生産者の家系である。 社長のディエゴ、製造責任者のアレッシオ、 マーケティング・セールスマネージャーのフランチェスカもその末裔にあたる。 シチリア最大のワイン生産者組合「セッテソリ」の会長を務めていたディエゴが、 気候条件の似通ったオーストラリアやアメリカのワイン業者の 躍進に注目し、シチリアにおけるプレミアワインの生産に向けて プロジェクトを開始したのは1980年のこと。 土壌分析などの調査の結果、シャルドネ、インゾリア、メルロー、 ネロ・ダヴォラ、カベルネ・ソーヴィニョン、カタラット、グレカニコなどのぶどう品種を選び、 1985年先祖伝来のこの地に植え付けたという。 ◆プラネタがいかに慎重に畑を作ったかということは、ワイン工場の操業が ワイナリー設立から10年も後だったということからも理解できるだろ シチリアワインの新しいかたちを創造するというプラネタの試みは、 早くも成果をあげたといってよさそうだ。 ◆1999年にスローフード協会とガンベロ・ロッソが主催するVini d’Italiaで 最優秀ワイナリー賞を受賞。トレビッキエリに「シャルドネ96」が選ばれ、 翌2000年には「シャルドネ98」、「サンタ・チェチリア97」が引き続き受賞する という快挙をあげた。 その後もプラネタの躍進は留まることを知らず、「メルロー98」は2001年に、 同じく99ヴィンテージは2002年にトレビッキエリを獲得。 「シャルドネ」は2002年まで4年連続でトレビッキエリを受賞している。 ある一族によってぶどう畑が数百年も受け継がれると言うことは シチリアでも稀なこと。かくも伝統的なプラネタ家がシチリアワインの まったく新しい方向性を生み出したところに、歴史を重んじて 旧弊に陥らないシチリア魂が秘められているような気がしてならない。 ◆PLANETAの4つのワイナリー SAMBUCA/MENFI プラネタといえばワイン。 それも1つだけではなく複数のワインがある。 それは南シチリアのアグリジェント県からラグーザ県、 シラクーザ県に至る4つのワイナリーの旅でもある。 プラネタ家の情熱溢れる3人のシチリアの若者、 フランチェスカ、アレッシオ、サンティ。彼らは1980年代半ば、 アグリジェント県サンブーカにて、正確に言うとウルモ地区で ワインの冒険をスタートした。 ◆サンブーカ そこにはブドウ栽培に適した環境を造りだす要因の1つとなる ランチョ湖があり、最初のワイナリーとブドウ畑を切り開いた場所でもある。 現在では50haを越える広さとなり、 石造りのファームハウスは本社として使われている。 この地域ではグレカニコ、ネロ・ダヴォラ、ソーヴィニヨン・ブランの栽培に 特化しているが、1985年からはシャルドネの栽培を始める。 そして他のどの品種でもなくこのシャルドネから造られたワインが プラネタ・ワイナリーを世界の檜舞台へと引っ張り出したのである。 またフィアーノという、この数世紀の間シチリアでは根付かなかった ブドウ品種から造られた白ワイン、 コメータの開発が行われたのもこの地である。 近隣のマロッコーリにある ブドウ畑(28ha)には4年前からシラー(シラーズ)、 カベルネ・フラン、ピノ・ネロの国際品種が植えられている。 ◆メンフィ さらに10kmほど進むとメンフィ近郊のディスペンサに到着する。 ここにはプラネタのもうひとつのワイナリーと畑があり、ある意味実験畑といえるだろう。 というのも1990年代後半にプラネタはこの土地に国際品種の 可能性を見出し、ここで一連の重要な実験を始めたからである。 この畑からはメルロー、シラー、 カベルネ・ソーヴィニヨン(ブルデーゼという名前はここでつけられた)が収穫される。 近隣のグッラ地区にあるブドウ畑(45ha)は 畑の特徴がよく現れた新しいテロワールで、同じブドウ品種が栽培されている。 これらのプラネタワインは成功を収め、企業家達の注意を引くようになった。 そして彼らはシチリアでのワイン造りはまだ探究されつくしていないこと、 その秘めたる大きな可能性に気付き始めた。 ディスペンサ地区にある土地は110haに 及ぶが、今もなお新しい実験の温床として機能している。 1500の樽が貯蔵してあるセラーは壮観で一見の価値がある。 そこでワインを時間をかけて熟成させ、品質に磨きをかける。 ◆PLANETAの4つのワイナリー VITTORIA/NOTO ◆ヴィットリア さらに南へ下るとラグーザ県に入り、 ドリッリ地区のアカーテにプラネタのエステイトがある。 17haの土地にブドウが植えられ、プラネタ初のDOCワイン、 チェラズオーロ・ディ・ヴィットリアが生産されている。 新しいワイナリーは現在建設中だ。 土壌は赤色砂質で、気温差が大きいため、 “幸運に恵まれた“ブドウが収穫される。 ◆ノート 旅の最後はノートのブォニヴィーニ地区のワイナリーである。 こんなに適切な名前がかつてあっただろうか。 60haのうち30haは既にブドウ畑として機能しており、 ワインが造られている。ブドウ品種はネロ・ダヴォラとモスカート・ビアンコ。 前者からはサンタ・チェチリアなどの赤ワインが生まれ、 後者からは今後リリースされるチェラズオーロに次ぐ プラネタの2つめのDOCワイン、モスカート・ディ・ノートが造られる。 ワイナリーは主に地下に建てられている。 これは単に暗くて涼しい場所でワインを熟成させるという 技術的な理由だけではなく、環境にも配慮したためである。 この結果、ブドウ畑から海岸にかけての美しい景観を損なわずに、 ワイナリーは景色に溶け込んでいる。 これら4つのワイナリーはシチリアワインの可能性を今なお信じ続けている プラネタ・ファミリーのワイン醸造哲学の集大成といえるだろう。 ◆プラネタ・ブルデーゼ [2005] PLANETA Burdese ◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア メンフィ ディスペンサの畑 ◆格付け:ロッソ・ディ・シチリア IGT ◆ぶどう品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、カベルネ・フラン30% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆色:深いルビー色 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆適温:16-22℃ ◆料理 ジビエや煮込んだ赤身の肉料理や、 熟成したチーズなど幅広い料理に抜群! ◆製造方法◆ マセラシオンは15-18日。 その後澱引きし、225Lのフランス・アリエール産の樽で 14ヶ月間熟成(内、半分は新樽)。 樽内でマロラクティック発酵。更に瓶内発酵12ヶ月。 ◆テイスティング◆ 赤いベリーの濃厚な香り。 皮、土、ミネラルや海のニュアンス。タンニンがしっかりしていて余韻が長く、 濃縮感があり力強い。 香り高く調和のとれた大変バランスが良いシチリアワイン♪ Gambero Rosso:tre bicchieri 00年Vintage受賞! Gambero Rosso:tre bicchieri 03年Vintage受賞! Gambero Rosso:tre bicchieri 05年Vintage受賞! Duemilavini:5Grappoli 00年Vintage Robert Parker's Point [99年 90P][00年 90P][01年 89P][05年 88P][06年 87P]

プラネタ ブルデーゼ 2005 PLANETA Burdese 新作,SALE —— 3,800円

イタリアワイン (赤)

プラネタ プラムバーゴ 2011 PLANETA Plumbago 全国無料,送料無料

メーカー希望小売価格 3,200円 が お買い得価格!3,040円! ◆ノートDOC誕生 プラネタはアヴォーラからパキーノまでの土地を選び、 さらに1998年にはノート近郊の最良の畑を購入しました。 ノートでは素晴らしい景観を損なわないように地下にワイナリーを建設。 多くの時間を必要としましたが、2003年からサンタ・チェチリアは ノートのブドウ畑で収穫されたネロ・ダーヴォラのみで生産されるようになりました。 ノートの土壌と気候はネロ・ダーヴォラに最適で、サンタ・チェチリアの品質を 高めることに繋がりました。最終的にファーストヴィンテージから10年。 様々な実験、研究が実を結び、 納得のいくサンタ・チェチリアをリリースすることができました。 2008年ヴィンテージから、ノートDOCとなります。 ネロ・ダーヴォラ品種、 またそのテロワールがもっと知られるようになることに期待しています。 ◆プラネタ・プラムバーゴ [2011] PLANETA Plumbago◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア州 サンブーカ・ディ・シチリア ◆格付け:シチリアIGT ◆ぶどう品種:ネロ・ダーヴォラ100% ※ネロ・ダーヴォラ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆色:紫がかった赤色 ◆適温:18℃前後 ◆料理:ローストラムなどのグリルした肉料理全般 ※ラムロースト ◆製造方法◆ プラムバーゴという植物の花の色がネロ・ダーヴォラの ブドウの色に似ていることから、名付けられた。 収穫後、除茎して、ブドウを優しくつぶし、 ステンレススチールタンクでかき混ぜながら 25℃の温度管理の下、14日間の発酵。 マロラクティック発酵を行った後、タンニンをまろやかに するため1月に古樽に移され、9月まで8カ月間熟成。 その後6カ月間瓶内熟成。瓶詰め後、3年から7年の貯蔵が可能。 ◆テイスティング◆ プラムや熟したブラックベリーの香り。 ソフトなタンニンでバランスの良い気軽に飲めるワイン。 ◆コメント◆ プラムバーゴは、ネロ・ダーヴォラ100% エチケットに描かれている花のように、紫の花の香り。 飲むとプラムの印象がパーっと広がります♪ やさしいタンニンと酸がエレガントに演出。 とてもかわいい味わいでしたよ♪ PLANETA Plumbago Nero d'Avola I.G.T. Sicilia 2011

プラネタ プラムバーゴ 2011 PLANETA Plumbago 全国無料,送料無料 —— 2,400円

イタリアワイン (赤)

プラネタ ラセグレタロッソ 2009 PLANETA La Segreta Rosso 100%新品,豊富な

メーカー希望小売価格 2,300円 が お買い得価格!1,980円! お得な14%OFF! ※プラネタ・シチリアの地域とセラー・ワイン別 ◆プラネタは、南シチリアのアグリジェント県からラグーザ県、シラクーサ県に、 サンブーカ、メンフィ、ヴィットリア、ノートの四ワイナリーを所有している。 ◆シチリア在来種と国際品種の葡萄に、 それぞれのテロワールを加味して、研究が続けられているのである。 これらのワイナリーからは、ぞくぞくと新しいシチリアンスタイルのワインが生まれている。 ■サンブーカ・ディ・シチリア/Sambuca di Sicilia ウルモ/Ulmo 植樹は1985年。ワイナリー建設は1995年。原点ともいえる畑と最初のワイナリー。 ウルモの石灰質の土壌は毎年素晴らしいワインを生み出し続けています。 このウルモでは シャルドネ、コメータ、アラストロ、ロッソ・ディ・シチリアが生産されています。 また、古い農家は接客やテイスティングルームとして使用しています。 ■メンフィ/Menfi ディスペンサ/Dispensa メンフィにあるディスペンサには、ふたつのワイナリーを所有しています。 2001年建設:ピッコラ/Piccola。ブルデーゼ、メルロー、シラーを生産。 2005年設立:グランデ/Grande。ラ・セグレタとロゼを生産。 このワイナリーはプラネタの中心といえます。 ピッコロは国際品種を使用した赤ワインを、 そして、グランデは、シラー、ラ・セグレタ、そしてロゼワインを生産しています。 石灰質と堆積岩の含む様々なタイプの土壌では、 国際品種のブドウを中心に栽培されています。 ◆プラネタ ラ・セグレタ・ロッソ [2009] PLANETA La Segreta Rosso◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア ◆原産地呼称:シチリアIGT ◆生産地域:シチリア島の北西部 メンフィとサンブカ・ディ・シチリアにある自社畑 ウルモとディスペンサの自社畑“ラ・セグレタ”とはぶどう畑に隣接する森の名称です。 ◆ぶどう品種:ネロ・ダヴォラ50%、 メルロー25%、 シラー20%、 カベルネ・フラン5% ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆製造方法◆ それぞれのぶどうは別々に温度管理された150hlの ステンレスタンクで10-14日間発酵(発酵温度25℃)。 ステンレスタンクで貯蔵するが、3ヶ月間は2年樽で樽熟成を行う。 ◆適温:16-20℃ ◆料理:パスタ、ピザ等 ◆テイスティング◆ 濃いチェリー系のレッド。 ベリーやコショウのアロマ、滑らかでドライな味わい、 心地よい後味が長く続きます。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター87点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家87点獲得!2009年ヴィンテージ! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー89点獲得!

プラネタ ラセグレタロッソ 2009 PLANETA La Segreta Rosso 100%新品,豊富な —— 1,400円

イタリアワイン (赤)

プラネタシラー 2004 Syrah PLANETA 人気,格安

アッサンブラージュ ◆シチリア西部(メンフィ、サンブーカ) シャルドネの収穫は従来8月17日から始まりますが、 今年は10~14日遅れて始まりました。 非常に珍しいことに今年の休日が、 8月15日の「フェッラゴスト」以降まで続いたためです。 8月19・20日以降、気温は次第に上昇し、丁度良い湿度が 保てたため、果実の乾燥を避け、凝縮することが出来ました。 一方、黒ブドウは9月1週目~2週目の間に収穫されました。 ネロダーヴォラとシラーの質は非常に素晴らしいものとなりました。 グレカニコの収穫は9月終わりには完了しました。 白ブドウは概して良く、シャルドネ、グレカニコは特に素晴らしい出来です。 黒ブドウについては、品種によってはややフレッシュ感と切れ味が前に出て、 一般的な暖かい収穫時期と比べて凝縮感が欠けるかもしれませんが、 一方で飲みやすいワインとしての可能性に富んでいると言えるでしょう。 メンフィで栽培されている品種はすでにワイナリーで保存されていたため、 9月末の雨で困ることはありませんでした。 ◆シラーはフランスのローヌ渓谷のコート ロティ、シャトー ヌフドパプ、 エルミタージュで普及している品種であり、複雑でスパイス味豊かな 長期熟成型のワインに造られます。特定の地域で栽培され、 また早飲みタイプに造るにせよ生産量は限られています。 このブドウ品種の起源については最も有力な説によると、 中東であるペルシアのシーラーズ(Schiraz)という都市、 もしくはシチリアのシラクーザが原産地と考えられています。 最近の遺伝子での検証からアルバニアのブドウ品種shesh、 そしてイタリア・アディジェ地方のテロルデゴやラグレインなどのいくつかの 地元品種に近いことが発見されました。 現在では様々な呼び名を持ち、オーストラリアではシラーズ、 フランスではエルミタージュ、ハーミテージと呼ばれています。 イタリアへはフランスより9世紀中頃にもたらされましたが、 近年になりようやく生産量が急伸し、トスカーナのモンテカルロを 筆頭にシチリアやマルケ、ラツィオなど数多くの州で植えられています。 ワインに骨格を与え構成をしっかりとするために他のブドウ品種と ブレンドすることがあり、しばしばカベルネ ソーヴィニョンやサンジョヴェーゼと 混醸され、バリックにて熟成されます。そうしたところから現在は法規制により 栽培していませんが、ボルドーでも色素の濃いワインを造るためにシラーが 混醸用に使われていました。現在最も注目を集めている栽培地は 新世界の温暖な地域(オーストラリア、カリフォルニア、南アフリカ)で、 国際的に評価されるワインが次々と生み出されています。 ◆プラネタ・シラー [2004] Syrah PLANETA◆ ◆VINTAGE:2004 ◆格付け:ロッソ・ディ・シチリア IGT ◆原産国:イタリア ◆生産地域:シチリア メンフィ メンフィ (Menfi) は、人口12,914人のイタリア共和国 シチリア州アグリジェント県のコムーネの一つである。 コムーネ(伊: comune)は、イタリア語で共同体を指す語であり、 現代ではイタリアの自治体の最小単位(基礎的地方公共団体)である。 また、スイスのイタリア語圏でも基礎自治体をコムーネと呼ぶ。 ◆ぶどう品種:シラー100% ◆種類:赤ワイン ◆アルコール度数:13.5% 750ml ◆色: ◆ボディ:フルボディ ◆適温:16-22℃ ◆料理:前菜やチーズとともに ◆製造方法:ブドウを除梗、破砕し、25℃に温度管理された ステンレスタンクで12日間マセラシオンを行う。澱引き後、 75%のワインはフレンス・アリエ産オーク樽(225L)で、残りの 25%はアメリカンオークの樽(225L)で12ヶ月間熟成させる。 ◆テイスティング◆ 紫がかった深いルビーレッド色、アルコールにつけた イチジクやチェリーなど赤い果実の豊かな香りが持続する。 またカカオやヴァニラクリーム、シナモンや白胡椒のような スパイスの香りも楽しめる。まろやかでアルコールの温かみが心地よい。 ヴェルヴェットのようなタンニンがワインに深みやストラクチャーを与えている。 ◆AWARDS◆ Gambero Rosso 受賞 Vintage 01年 3Bicchieri 獲得! Gambero Rosso 受賞 Vintage 02年 3Bicchieri 獲得! ◆Robert Parker's Point◆ [99年88P][00年87P][01年88P][06年90P] Decanter World Wine Awards Gold Medal 07 (2004 VINTAGE)

プラネタシラー 2004 Syrah PLANETA 人気,格安 —— 4,000円

イタリアワイン (赤)

ボナコスタヴァルポリチェッラクラシコBonacosta Valpolicella Classico 2007 定番人気,限定セール

◆ ヴェネトの伝統と革新 ワインに思いを馳せたときにまず心に浮かぶのは、その長い歴史と それが持つ多様性だ。ブドウを発酵させて造る飲み物という最も シンプルな意味合いから、より宗教的な神聖なものというニュアンスまで。 しかし何よりもワインは、土地のアイデンティティが生き生きと表現された 最も活気あるものとしてとらえる見方もある。つまり、生まれ育った土地を 守る人々の魅力の表現と、ワインを熟成する土地の重要性に他ならない。 頑なにヴェネト地方固有のブドウ品種を用い、また伝統的な 「アパッシメント(陰干し)製法」にこだわり、さらにヴェネト古来に存在した 醸造技術「リパッソ」を現代に復活させたマァジ。ヴェネトの伝統と革新が 織り成す匠の技が、それまでのヴェネトのワインの評価を根底から変革する ことになる「スーパー・ヴェネシアン」と「アマローネ」という傑作の数々を生み出した。 的確な選択とそして何よりも独創的な技術が、この決して大きいとは言えない ワイナリーをヴェローナワインの試金石と言われるまでにした。 ◆ マァジの歴史は、ブドウ畑の歴史 マァジ社の歴史は、まさにブドウ畑の歴史です。 社名の由来は‘Vaio dei Masi’ (ヴァルポリチェッラ・クラシコ地域にあるネグラール谷のマァジという峡谷)からきています。 ここで18世紀の終わり(1772年)に現在のマァジ社のオーナーであるボスカイニ家が 最初のブドウ畑を購入して以来、継続的にかつ慎重にブドウ畑を広げてきました。 これらのブドウ畑はヴァルポリチェッラ、バルドリーノ及びソアヴェのクラシコ地域における 歴史的な重要性、土地の特性によって選ばれたものです。 ◆ マァジ ヴェネトの価値観 ワインに思いを馳せたときにまず心に浮かぶのは、 その長い歴史とそれが持つ多様性だ。ぶどうを発酵させて作る飲み物という 最もシンプルな意味合いから、より複雑な、宗教的な背景を持つ神聖なもの というニュアンスまで。私はここでワインを、土地のアイデンティティが生き生きと 表現された最も活気あるものとしてとらえている。 つまり、生まれ育った土地を守る人々の魅力の表現と、ワインを熟成する 土地の重要性に他ならない。ヴェネトとワインは同じ意味を持つ。 両方とも互いの特性を映し出す鏡だ。 ◆ボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコBonacostaValpolicellaClassico[2007]◆ ■VINTAGE:2007 ■格付け:ヴァルポリチェッラ・クラシコ DOC ■生産地域:ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区にあるマァジ所有のぶどう畑 ■ぶどう品種:70% コルヴィーナ、25% ロンディネッラ、5% モリナーラ ■アルコール度数:12% VOL 750ml ■色:生き生きとしてやや深みのあるルビーレッド ■ボディ:ミディアムボディ ■適温:18℃ ■テイスティングノート:熟したチェリーやプラムを思わせる熟した 果物の香りが心地よく、しっかりとした構成がありながら、 フレッシュ感のあるバランスのとれた味わい。 ■製造方法:9月中旬にモリナーラとロンディネッラ、 9月下旬にコルヴィーナを収穫。スキンコンタクトは10-16日と様々で、 厳選された酵母を使用して25-28℃にて20日間発酵させる。その後、 ワインはマロラクティック発酵を経て、熟成はスロヴェニアンオーク樽 (一部コルヴィーナの20%はアリエ産の小樽にて)にて6ヶ月間。 その後1ヶ月間瓶内熟成。 ■料理:スープ、パスタ、リゾット、赤身の肉料理、フレッシュなチーズなど ◆ マァジ社を支えるテクニカルグループ マァジ社の技術的な実績と 国際的評価はマァジ・テクニカルグループ(以下MTG)の徹底した研究と 実験の成果です。 長い間、MTGの人々はヴェネツィア地方のプレミアムワイン、 ブドウ裁培の研究を行ってきました。その結果、マァジ社は主要ブドウ (コルヴィーナ、ロンディネッラ、モリナーラ)に加え、第2のヴェロネーゼブドウといえる 品種(オゼレータ、ディンダレッラ、クロアティ-ナ、ネグラーラ、フォルセリーナ)の実験と その活用のパイオニアとなりました。 また、マァジ社ではアパッシメントの技術を用いた ワイン生産の研究にも余念がありません。現在、MTGは様々な研究計画を いくつかの大学と共同作業で行いながら、イタリア内外で論文も発表しています。 マァジ社を支えるグループ集団、それがMTGです。 ◆ NASA (Natural Appassimento Super Assisted) 「ヴェネツィアの固有のブドウ品種保護と評価のための実験的なブドウ畑」として セレーゴ・アリギエーリ伯爵家の畑で始まった研究です。 2000年には、48種の異なったブドウが植えられ、クローン研究やミクロクリマの 研究などが行われています。現在ではミラノ大学などとも協力して、更なる研究が 進められています。また、マァジ社は、完璧なアパッシメントを行うために、 ガルガニャーゴでブドウを乾燥させる制御装置を開発。 この設備は温度、湿度、換気をコントロールすることでブドウの乾燥を促すことを 可能にしました。その結果、1988、1990、1991、1995年などの素晴らしい ヴィンテージを産出することに成功しました。

ボナコスタヴァルポリチェッラクラシコBonacosta Valpolicella Classico 2007 定番人気,限定セール —— 1,500円

イタリアワイン (赤)

マアジ カンポフィオリン 2009 MASI CAMPOFIORIN SALE,正規品

メーカー希望小売価格 3,000円 が お買い得価格!2,850円! アマローネを世界に展開する名大使「アレッサンドラ・ボスカイニ氏」 ヴェネト・ワインの最高峰アマローネは、陰干しブドウから造られる特殊なワインで、 イタリアワインの中でも最もフルボディで力強い赤だ。誰にとっても飲みやすい 軽い初心者向けではなく、ワインに親しみ飲み続けてきた人の為のワインである。 決して分かりやすいワインではないから、飲み手に理解してもらえるように プロモートする必要がある。長年その役目を担い、アマローネを世界に 知らしめてきたのが「マァジ」社で、サンドロ・ボスカイニ社長の下、 販売部門で活躍しているのが、娘のアレッサンドラだ。彼女は世界中に ヴェネト・ワインを広めるという固い決意を持っており、「女性ワイン協会」の 一員としても、中国や日本など数多くの国を訪れては、アマローネへの理解を 深めるための大使役を務めている。 マァジでは個性的な4種類のアマローネを生産している。 マァジはアマローネとレチョートの生産に特化しており、 歴史的な「アパッシメント(ブドウの陰干し)」という技術を使って、 異なる7種類ものワインを造る唯一のワイナリーとして世界的名声を 獲得してきました。そのうち5種類は1950年代初頭からマァジが 選び抜いてきた単一畑(クリュ)のものです。 ◆アパッシメント 収穫してきたブドウを乾燥させる技術、すなわち「アパッシメント」は ローマ時代からヴェローナ地方で広く行われてきました。 何世紀もの間半乾燥のエキス分の高まったブドウを使って 二つの異なるワインが進化してきたことを説明する歴史上、 考古学上、文学上の記述を今でも見つけることができます。 半乾燥ブドウから良質のワインを造る 上で地方の伝統と家族の 専門性に従ったマァジは、気候・土壌条件ともに似通った他の地域に おける固有品種にも「アパッシメント」の技法を適用し始めていきました。 二つの異なるワインは共に赤ワイン 「アマローネ」は辛口ワイン 「レチョート」は甘口ワイン カンポフィオリンはアマローネとヴァルポリツェッラ・クラシコの スペシャリスト、マァジ社の登録商標です。 カンポフィオリンが1964年に初めて生産されてから、 2004年で40年 が経ちました。 このワインは 半乾燥 (アパッシメント) させたブドウをワインに加え 二次発酵(リパッソ) をさせて醸造されます。 ◆二重発酵 マァジは二重発酵の技術を再発見し改良していきました。 この技術を駆使して生産した最初のワインは1964年のカンポフィオリン・リパッソで、 バートン・アンダーソンにより「ヴェローナ・ワインの新たなカテゴリーの見本」と評された 元祖スーパーヴェネシアンの赤です。 カンポフィオリンを造る際に使われるこの特別な技術は費用対効果が大変高く、 アマローネを発酵した後に残った高品質のブドウの搾りかすを利用して造ることができました。 しかし最初の頃は、まさに発酵を終えたばかりのブドウの皮を使った製品を思わせるや 粗削りなタンニンに甘んじるしかありませんでした。 しかし時が経つに連れて、マァジの技術陣はこの製法を発展させ、 改良することでワインに素晴らしいバランスと魅力を付け加えていきました。 1983年1985年以降のヴィンテージでは半乾燥のブドウ (アマローネで使われたものと同じ品種)を数パーセント利用する 二重発酵が徐々に製法に取り入れられていきました。 糖分、アロマ、グリセリンが自然に凝縮され、 直ちに15日のアルコール発酵が始まり、その後最終の二次発酵が行われることで、 ワインのアルコール、色素、柔らかいタンニンやエキス分が豊富になり、 新しいアロマやブーケが生まれてきます。 この同じ製法が他のワインを生産する時にも応用されています。 ブローロ・ディ・カンポフィオリン、 ヴァルポリチェッラ・デル・アニヴェルサーリオ・セレーゴ・アレギェーリや パッソ・ドーブレなどがその例です。 尚、パッソ・ドーブレはアルゼンチンで生産されています。 土地の特性とブドウの個性に マァジ社独自のアパッシメントと リパッソとゆう醸造技術が加わることにより、ヴェローナの特徴を 見事に表現したワインが生まれます。 シンプルでありながら上品で力強く、豊潤でフルボディ。 まろやかで滑らかなこのワインは、10年~15年熟成可能。 マァジによって復活したリパッソ製法で醸造 完熟したベリー系果実やプラムやチェリーのブーケ。 ◆マアジ カンポフィオリン [2009] MASI CAMPOFIORIN◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆格付け:ロッソ・デル・ヴェロネーゼ IGT ◆生産地域:マラーノ・ディ・ヴァルポリチェッラにある 元祖カンポフィオリンの畑と同様のテロワールであるヴェローナの丘陵地帯にある谷間に位置するブドウ畑 ※ヴェローナ/Verona ◆ブドウ品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆適温度:18~20℃ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ※コルヴィーナ コルヴィーナはイタリアで広範囲に栽培されていませんが、 ヴェネトではこの州を代表するヴァルポリチェッラやバルドリーノに 欠かせないブドウ品種です。 この品種の起源は明らかにされておらず、 初めての記述が あったのも17世紀の詩人によるもので、 1824年にようやく当時の学者であったポッリーニにより、 コルヴィーナ ヴェロネーゼがヴァルポリチェッラに使われると記述されました。 コルヴィーナには数多く亜種が有りますが、 現在は「ヴェローナの」という意味からコルヴィーナ ヴェロネーゼと呼ばれることが多く、 コルヴィーナ レアーレやジェンティーレは この中に含まれています。 ただ最近まで多くの品種が一緒にされていたため、 はっきり区別されていませんでした。コルヴィノーネなどは同じ品種だと 考えられていましたが、1993年にようやく別の物と確認されたくらいです。 ただこれが起こった原因はこの品種の亜種が多いことも原因の一つとなっています。 今でこそ少なくなりましたがフィロキセラ以前には最も盛んに栽培されていた コルヴィーナ リッツァなど相当数の亜種があったように思われます。 コルヴィーナは基本的に単一で醸造 されず、ロンディネッラやモリナーラ、 ネグラーラなどと混醸してワインに造られます。これはワインにした時のより良いバランスのために、 他の品種と調和を取るからです。コルヴィーナは黒ブドウでは珍しく、 辛口だけではなく陰干しをして甘口のワインにも造られます。 ◆製造方法◆ 「リパッソ(二次発酵)」という古来の製法を マァジが復活させ、1964年に初めて醸造された。 最初にコルヴィーナなどの土地固有種ブドウを一次発酵 (20-22日/25-28℃)、そのワイン(7割)を軽く圧搾した 陰干しブドウ(3割)にポンプで注ぎいれ二次発酵 (15日/18-20℃)させる。 陰干しぶどうは凝縮された糖分とアロマをもち、 ワインに甘いタンニンとしっかりしたストラクチャーを与える。 圧搾されるとすぐに二次発酵を始め、新しい香りが生まれ、 アルコールと色素、柔らかいタンニンが豊かになる。 熟成は90HLのスラヴォニアオーク樽、 600Lのアリエと スラヴォニアオークの新樽で22ヶ月。 最低4ヶ月瓶内熟成。 ◆料理◆ 肉やキノコソースのパスタ、ジビエを含む肉の グリルやローストした肉料理、狩猟肉、チーズ、 名物料理に良く合います。 ◆味の構成◆ 果実を煮詰めたような凝縮感とボディのある ふくよかな味わい。ナッツ類を思わせる後味がある。 ◆テイスティング◆ 深いルビーレッド。 グラスの縁に若々しいピンク色が覗く。 スパイシーなアロマ、ブラックチェリーや プルーンのような 熟した果実やしおれたスミレの花のニュアンス。 暖かみがあり、滑らかでリッチな味わい。 タンニンがしっかりして熟したチェリーの香りが 際立つが、滑らかさや飲みやすさは失っていない。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家88点を獲得した2009年ヴィンテージ! ※ IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)(毎年ロンドン開催) ■International Wine Challenge■ インターナショナル・ワイン・チャレンジ! ブロンズメダル獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!90点を獲得した2009年ヴィンテージ!!

マアジ カンポフィオリン 2009 MASI CAMPOFIORIN SALE,正規品 —— 2,200円

イタリアワイン (赤)

マアジ カンポフィオリン 2009 ハーフボトル 限定SALE,安い

メーカー希望小売価格 1,750円 が お買い得価格!1,620円! お得な7.5%OFF! アマローネを世界に展開する名大使「アレッサンドラ・ボスカイニ氏」 ヴェネト・ワインの最高峰アマローネは、陰干しブドウから造られる特殊なワインで、 イタリアワインの中でも最もフルボディで力強い赤だ。誰にとっても飲みやすい 軽い初心者向けではなく、ワインに親しみ飲み続けてきた人の為のワインである。 決して分かりやすいワインではないから、飲み手に理解してもらえるように プロモートする必要がある。長年その役目を担い、アマローネを世界に 知らしめてきたのが「マァジ」社で、サンドロ・ボスカイニ社長の下、 販売部門で活躍しているのが、娘のアレッサンドラだ。彼女は世界中に ヴェネト・ワインを広めるという固い決意を持っており、「女性ワイン協会」の 一員としても、中国や日本など数多くの国を訪れては、アマローネへの理解を 深めるための大使役を務めている。 マァジでは個性的な4種類のアマローネを生産している。 マァジはアマローネとレチョートの生産に特化しており、 歴史的な「アパッシメント(ブドウの陰干し)」という技術を使って、 異なる7種類ものワインを造る唯一のワイナリーとして世界的名声を 獲得してきました。そのうち5種類は1950年代初頭からマァジが 選び抜いてきた単一畑(クリュ)のものです。 ◆アパッシメント 収穫してきたブドウを乾燥させる技術、すなわち「アパッシメント」は ローマ時代からヴェローナ地方で広く行われてきました。 何世紀もの間半乾燥のエキス分の高まったブドウを使って 二つの異なるワインが進化してきたことを説明する歴史上、 考古学上、文学上の記述を今でも見つけることができます。 半乾燥ブドウから良質のワインを造る 上で地方の伝統と家族の 専門性に従ったマァジは、気候・土壌条件ともに似通った他の地域に おける固有品種にも「アパッシメント」の技法を適用し始めていきました。 二つの異なるワインは共に赤ワイン 「アマローネ」は辛口ワイン 「レチョート」は甘口ワイン カンポフィオリンはアマローネとヴァルポリツェッラ・クラシコの スペシャリスト、マァジ社の登録商標です。 カンポフィオリンが1964年に初めて生産されてから、 2004年で40年 が経ちました。 このワインは 半乾燥 (アパッシメント) させたブドウをワインに加え 二次発酵(リパッソ) をさせて醸造されます。 ◆二重発酵 マァジは二重発酵の技術を再発見し改良していきました。 この技術を駆使して生産した最初のワインは1964年のカンポフィオリン・リパッソで、 バートン・アンダーソンにより「ヴェローナ・ワインの新たなカテゴリーの見本」と評された 元祖スーパーヴェネシアンの赤です。 カンポフィオリンを造る際に使われるこの特別な技術は費用対効果が大変高く、 アマローネを発酵した後に残った高品質のブドウの搾りかすを利用して造ることができました。 しかし最初の頃は、まさに発酵を終えたばかりのブドウの皮を使った製品を思わせるや 粗削りなタンニンに甘んじるしかありませんでした。 しかし時が経つに連れて、マァジの技術陣はこの製法を発展させ、 改良することでワインに素晴らしいバランスと魅力を付け加えていきました。 1983年1985年以降のヴィンテージでは半乾燥のブドウ (アマローネで使われたものと同じ品種)を数パーセント利用する 二重発酵が徐々に製法に取り入れられていきました。 糖分、アロマ、グリセリンが自然に凝縮され、 直ちに15日のアルコール発酵が始まり、その後最終の二次発酵が行われることで、 ワインのアルコール、色素、柔らかいタンニンやエキス分が豊富になり、 新しいアロマやブーケが生まれてきます。 この同じ製法が他のワインを生産する時にも応用されています。 ブローロ・ディ・カンポフィオリン、 ヴァルポリチェッラ・デル・アニヴェルサーリオ・セレーゴ・アレギェーリや パッソ・ドーブレなどがその例です。 尚、パッソ・ドーブレはアルゼンチンで生産されています。 土地の特性とブドウの個性に マァジ社独自のアパッシメントと リパッソとゆう醸造技術が加わることにより、ヴェローナの特徴を 見事に表現したワインが生まれます。 シンプルでありながら上品で力強く、豊潤でフルボディ。 まろやかで滑らかなこのワインは、10年~15年熟成可能。 マァジによって復活したリパッソ製法で醸造 完熟したベリー系果実やプラムやチェリーのブーケ。 ◆マアジ カンポフィオリン [2009] MASI CAMPOFIORIN ハーフボトル 375ml◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆格付け:ロッソ・デル・ヴェロネーゼ IGT ◆生産地域:マラーノ・ディ・ヴァルポリチェッラにある 元祖カンポフィオリンの畑と同様のテロワールであるヴェローナの丘陵地帯にある谷間に位置するブドウ畑 ※ヴェローナ/Verona ◆ブドウ品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆適温度:18~20℃ ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:375ml・ハーフボトル ※コルヴィーナ コルヴィーナはイタリアで広範囲に栽培されていませんが、 ヴェネトではこの州を代表するヴァルポリチェッラやバルドリーノに 欠かせないブドウ品種です。 この品種の起源は明らかにされておらず、 初めての記述が あったのも17世紀の詩人によるもので、 1824年にようやく当時の学者であったポッリーニにより、 コルヴィーナ ヴェロネーゼがヴァルポリチェッラに使われると記述されました。 コルヴィーナには数多く亜種が有りますが、 現在は「ヴェローナの」という意味からコルヴィーナ ヴェロネーゼと呼ばれることが多く、 コルヴィーナ レアーレやジェンティーレは この中に含まれています。 ただ最近まで多くの品種が一緒にされていたため、 はっきり区別されていませんでした。コルヴィノーネなどは同じ品種だと 考えられていましたが、1993年にようやく別の物と確認されたくらいです。 ただこれが起こった原因はこの品種の亜種が多いことも原因の一つとなっています。 今でこそ少なくなりましたがフィロキセラ以前には最も盛んに栽培されていた コルヴィーナ リッツァなど相当数の亜種があったように思われます。 コルヴィーナは基本的に単一で醸造 されず、ロンディネッラやモリナーラ、 ネグラーラなどと混醸してワインに造られます。これはワインにした時のより良いバランスのために、 他の品種と調和を取るからです。コルヴィーナは黒ブドウでは珍しく、 辛口だけではなく陰干しをして甘口のワインにも造られます。 ◆製造方法◆ 「リパッソ(二次発酵)」という古来の製法を マァジが復活させ、1964年に初めて醸造された。 最初にコルヴィーナなどの土地固有種ブドウを一次発酵 (20-22日/25-28℃)、そのワイン(7割)を軽く圧搾した 陰干しブドウ(3割)にポンプで注ぎいれ二次発酵 (15日/18-20℃)させる。 陰干しぶどうは凝縮された糖分とアロマをもち、 ワインに甘いタンニンとしっかりしたストラクチャーを与える。 圧搾されるとすぐに二次発酵を始め、新しい香りが生まれ、 アルコールと色素、柔らかいタンニンが豊かになる。 熟成は90HLのスラヴォニアオーク樽、 600Lのアリエと スラヴォニアオークの新樽で22ヶ月。 最低4ヶ月瓶内熟成。 ◆料理◆ 肉やキノコソースのパスタ、ジビエを含む肉の グリルやローストした肉料理、狩猟肉、チーズ、 名物料理に良く合います。 ◆味の構成◆ 果実を煮詰めたような凝縮感とボディのある ふくよかな味わい。ナッツ類を思わせる後味がある。 ◆テイスティング◆ 深いルビーレッド。 グラスの縁に若々しいピンク色が覗く。 スパイシーなアロマ、ブラックチェリーや プルーンのような 熟した果実やしおれたスミレの花のニュアンス。 暖かみがあり、滑らかでリッチな味わい。 タンニンがしっかりして熟したチェリーの香りが 際立つが、滑らかさや飲みやすさは失っていない。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家88点を獲得した2009年ヴィンテージ! ※ IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)(毎年ロンドン開催) ■International Wine Challenge■ インターナショナル・ワイン・チャレンジ! ブロンズメダル獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!90点を獲得した2009年ヴィンテージ!!

マアジ カンポフィオリン 2009 ハーフボトル 限定SALE,安い —— 1,100円

イタリアワイン (赤)

マアジ コスタセラ アマローネヴァルポリチェッラ クラッシコ 2009 MASI COSTASERA AMARONE VALPOLICELLA Classico HOT,品質保証

◆夕日を望むガルダ湖畔(コスタセラ) アルコール度数の高い濃厚なワイン! 伝統的なアマローネの製法「アパッシメント」 により生み出される高品質のヴァルポリチェッラ クラッシコ地区において、ぶどう畑は最高の土地。 なぜなら湖から反射する太陽の光と温暖な気候の恵み を受けているからです。 アマローネは土地固有のぶどうを竹製の棚で3~4ヶ月 間陰干ししてから醸造するという、古来からの製法で 造られるユニークなワイン。 ◆MASI/マアジ 1772年からブェローナに存在する老舗ワイナリーで、 サンドロ・ボスカイニ氏が指揮を執っている。 1989年に、長年勤め上げた醸造家ニーノ・フランチェスケッティが引退し、 現在では醸造・栽培ともにランフランコ・ハロネットが担当している。 自社畑はヴェルポリチェッラに40ha、 ソアーヴェやバンドリーノ地区の畑はリースしている。 ヴァルボリチェッラは、バンドリーノとソアーヴェの中間に位置する地域で、 コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、ロンディネッラ、モリナーラを使用している。 アマローネは、レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・アマローネとも呼ばれ、 辛口の仕上げながらほりかに甘く感じる。 良い房を選んで収穫し、それを陰干ししてから醸造する。 今や世界的にも貴重な赤ワインの一つといえる。 ヴァルポリチェッラ・アマローネ・クラッシコ ◆マアジ コスタセラ アマローネ ヴァルポリチェッラ クラッシコ [2009] MASI COSTASERA AMARONE VALPOLICELLA Classico◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルポリチェッラ地区 ◆格付け:アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ D.O.C. ◆生産地域:マラーノ、ネグラール、サンタンブロージョ、 サンピエトロ・イン・カリアーノの丘の斜面にある自社畑 (日差しを楽しんで西、南西向き)ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5%(9月下旬~10月初旬収穫) ◆アルコール度数:15% ◆容量:750ml ◆製造方法◆ アパッシメント。 風通しの良い部屋で手摘みのぶどうを 専用竹製ラックで2月中旬まで陰干し。ぶどう重量が35-40%減り、 香りと糖度が増す(貴腐菌が付くのはコルヴィーナのみ)。 その後圧搾除梗し、45日間スラヴォニアオークの大樽もしくは ステンレスタンクで果皮と一緒に自然低温発酵(14℃)。 澱引き後に30-40hlの樽に移し、厳然酵母をで35日間アルコール発酵 (18℃)、マロラクティック発酵。再度澱引きし、 スラヴォニアンオークの大樽(40-80hl)と20%アリエと スラヴォニアオークの小樽(600L、40%新樽、30%2年樽、30%3年樽) で24ヶ月間熟成。その後、濾過し瓶詰。最低4ヶ月間瓶内熟成。 ◆味の構成:濃縮感、ヴォリュームと供に申し分無いワイン。 ◆適温:20℃ ◆料理:赤身の肉料理、ジビエ、パルミジャーノなどの強めのチーズ ◆テイスティング◆ 熟したチェリー、ジャムを想わせる濃厚な香り、 チョコレートのニュアンスあり。 優しいタンニンでバランスの取れた、 力強さと優雅さを兼ね備えたワイン。口中余韻が大変長い。 35年は熟成可能。 ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点89点獲得!2009年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!91点を獲得した2009年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2009年ヴィンテージ!

マアジ コスタセラ アマローネヴァルポリチェッラ クラッシコ 2009 MASI COSTASERA AMARONE VALPOLICELLA Classico HOT,品質保証 —— 7,000円

イタリアワイン (赤)

マアジ コスタセラ アマローネヴァルポリチェッラ クラッシコ 2009 木箱入 マグナム 1500ml 定番,100%新品

※2014年4月、問屋様にて競合い(ライバル会社)が間に入り、 仕入れ値のかけ率を大きく上げられてしまい値上げをせざるを得ない状況です。 正規品ですのでワインの仕入れの中で一番高い業者様になります。 7年間強、運営してまいりましたが、このルートだけは、ほぼ赤字でした。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 ◆夕日を望むガルダ湖畔(コスタセラ) アルコール度数の高い濃厚なワイン! 伝統的なアマローネの製法「アパッシメント」 により生み出される高品質のヴァルポリチェッラ クラッシコ地区において、ぶどう畑は最高の土地。 なぜなら湖から反射する太陽の光と温暖な気候の恵み を受けているからです。 アマローネは土地固有のぶどうを竹製の棚で3~4ヶ月 間陰干ししてから醸造するという、古来からの製法で 造られるユニークなワイン。 ◆MASI/マアジ 1772年からブェローナに存在する老舗ワイナリーで、 サンドロ・ボスカイニ氏が指揮を執っている。 1989年に、長年勤め上げた醸造家ニーノ・フランチェスケッティが引退し、 現在では醸造・栽培ともにランフランコ・ハロネットが担当している。 自社畑はヴェルポリチェッラに40ha、 ソアーヴェやバンドリーノ地区の畑はリースしている。 ヴァルボリチェッラは、バンドリーノとソアーヴェの中間に位置する地域で、 コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、ロンディネッラ、モリナーラを使用している。 アマローネは、レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・アマローネとも呼ばれ、 辛口の仕上げながらほりかに甘く感じる。 良い房を選んで収穫し、それを陰干ししてから醸造する。 今や世界的にも貴重な赤ワインの一つといえる。 ヴァルポリチェッラ・アマローネ・クラッシコ ◆マアジ コスタセラ アマローネ ヴァルポリチェッラ クラッシコ [2009] 1,500ml 木箱入 COSTASERA AMARONE VALPOLICELLA Classico Magnum◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆格付け:アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ D.O.C. ◆生産地域:マラーノ、ネグラール、サンタンブロージョ、 サンピエトロ・イン・カリアーノの丘の斜面にある自社畑 (日差しを楽しんで西、南西向き)ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ぶどう品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5%(9月下旬~10月初旬収穫) ◆アルコール度数:15.0% ◆容量:1,500ml(マグナム) ◆製造方法◆ アパッシメント。 風通しの良い部屋で手摘みのぶどうを 専用竹製ラックで2月中旬まで陰干し。ぶどう重量が35-40%減り、 香りと糖度が増す(貴腐菌が付くのはコルヴィーナのみ)。 その後圧搾除梗し、45日間スラヴォニアオークの大樽もしくは ステンレスタンクで果皮と一緒に自然低温発酵(14℃)。 澱引き後に30-40hlの樽に移し、厳然酵母をで35日間アルコール発酵 (18℃)、マロラクティック発酵。再度澱引きし、 スラヴォニアンオークの大樽(40-80hl)と20%アリエと スラヴォニアオークの小樽(600L、40%新樽、30%2年樽、30%3年樽) で24ヶ月間熟成。その後、濾過し瓶詰。最低4ヶ月間瓶熟成。 ◆味の構成:濃縮感、ヴォリュームと供に申し分無いワイン。 ◆適温:20℃ ◆料理:赤身の肉料理、ジビエ、パルミジャーノなどの強めのチーズ ※牛肉のタリアータ ◆テイスティング◆ 紫がかったエッジを持つディープ不透明赤。 ハーブやスパイスで調理した焼き果実の香り、 豊かな、強力な花束。 アルコール含有量は、 口蓋に甘さを切断におけるその通常の役割を果たしている。 チェリー果実は保存し、シナモンは長期的な、 魅力的な仕上がりの主要な構成要素である。 アマローネは、パルメザンなどのグリルやロースト赤肉、 ゲーム、および強力な美味しいチーズ、フルボディのワインです。 一般的に瞑想のためのワインと考え、 それは偉大なアフターインナーワインです。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2009年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター92点を獲得!2009年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!91点を獲得した2009年ヴィンテージ!

マアジ コスタセラ アマローネヴァルポリチェッラ クラッシコ 2009 木箱入 マグナム 1500ml 定番,100%新品 —— 17,200円

イタリアワイン (赤)

マアジ コスタセラ リゼルヴァ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2007 MASI Costasera Riserva Amarone della Valpolicella Classico 2016,人気

※2014年4月、問屋様にて競合い(ライバル会社)が間に入り、 仕入れ値のかけ率を大きく上げられてしまい値上げをせざるを得ない状況です。 正規品ですのでワインの仕入れの中で一番高い業者様になります。 7年間強、運営してまいりましたが、このルートだけは、ほぼ赤字でした。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 ◆夕日を望むガルダ湖畔(コスタセラ) アルコール度数の高い濃厚かつ濃密なワイン! 伝統的なアマローネの製法「アパッシメント」 により生み出される高品質のヴァルポリチェッラ クラッシコ地区において、ぶどう畑は最高の土地。 なぜなら湖から反射する太陽の光と 温暖な気候の恵みを受けているからです。 アマローネは土地固有のぶどうを竹製の棚で3~4ヶ月 間陰干ししてから醸造するという、古来からの製法で 造られるユニークなワイン。 ◆MASI/マアジ◆ 1772年からブェローナに存在する老舗ワイナリーで、 サンドロ・ボスカイニ氏が指揮を執っている。 1989年に、長年勤め上げた醸造家ニーノ・フランチェスケッティが引退し、 現在では醸造・栽培ともにランフランコ・ハロネットが担当している。 自社畑はヴェルポリチェッラに40ha、 ソアーヴェやバンドリーノ地区の畑はリースしている。 ヴァルボリチェッラは、バンドリーノとソアーヴェの中間に位置する地域で、 コルヴィーナ・ヴェロネーゼ、ロンディネッラ、モリナーラを使用している。 アマローネは、レチョート・デッラ・ヴァルポリチェッラ・アマローネとも呼ばれ、 辛口の仕上げながらほりかに甘く豊かに感じる。 良い房を選んで収穫し、それを陰干ししてから醸造する。 今や世界的にも貴重な赤ワインの一つと言える マアジ コスタセラ・リゼルヴァ ヴァルポリチェッラ・アマローネ・クラッシコ ◆マアジ コスタセラ・リゼルヴァ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ [2007] MASI Costasera Riserva Amarone della Valpolicella Classico◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆格付け:アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ DOC ◆生産地域:マラーノ、ネグラール、サンタンブロージョ、 サンピエトロ・イン・カリアーノの丘の斜面にある自社畑(西、南西向き) ◆ぶどう品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ15%、オゼレータ10%、モリナーラ5% (9月下旬~10月初旬収穫) ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:15.5% ◆容量:750ml ◆適温:20℃ ◆料理:肉料理、ジビエ料理、熟成タイプのチーズ ※仔牛のサルティンボッカ ◆テイスティング◆ 9月末もしくは10月初旬に収穫されたブドウを NASA(ブドウ自然乾燥助長システム)が配備された 特別な屋根裏部屋にて竹製ラックで2月中旬まで陰干し。 ぶどう重量が40%減り香りと糖度が増す。 貴腐菌が付くのはコルヴィーナ種のみ。 オゼレータ種を加えることによって、 タンニンと色をより強く出すことができる。 その後45日間スラヴォニアオークの大樽もしくはステンレスタンクで 自然低温発酵。30-40hlの樽に移し、 35日間アルコール発酵、マロラクティック発酵。 その後600Lのスロヴェニアオーク樽と アリエ産オーク樽(新樽、2年樽、3年樽各1/3ずつ)で 38-40ヶ月間熟成。最低6ヶ月間瓶内熟成。 ◆アマローネにおけるヴィンテージチャート◆ ヴィンテージチャートとは、 ワインの品質を生産地区、生産された年によって評価した一覧表。 製作者によって、評価方法は違うが大まかな評価は似通っている。 あくまでも、地区を評価したものなので、 ワインの生産者によっては当てはまらないこともある。 ◆ AMARONE VINTAGE CHART ◆1988★★★★★1997★★★★★1998★★★1999★★★2000★★★★2001★★★2002★★2003★★★2004★★★★2005★★★★2006★★★★★2007★★★★★ イタリアを代表するワイン、アマローネの作柄を ヴィンテージチャートにまとめました。 お買い求めの際や、 レストランでワイン選びの目安としてご利用ください。 ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ シルバーメダルを獲得した2007年ヴィンテージ!! ※イタリアソムリエ協会(AIS)が発行するワイン評価本「ドゥエミラヴィーニ」 ■Duemilaviniの評価■ 5(チンクエ)グラッポリ を獲得! 2007年ヴィンテージ!★★★★★! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター90点を獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出の94点を獲得!2007年ヴィンテージ!

マアジ コスタセラ リゼルヴァ アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ クラシコ 2007 MASI Costasera Riserva Amarone della Valpolicella Classico 2016,人気 —— 8,200円

イタリアワイン (赤)

マアジ セレーゴアリギェーリポッセッシオーニロッソ 2008 MASI SEREGO ALIGHIERI Possessioni Rosso 人気SALE,格安

※2014年4月、問屋様にて競合い(ライバル会社)が間に入り、 仕入れ値のかけ率を大きく上げられてしまい値上げをせざるを得ない状況です。 正規品ですのでワインの仕入れの中で一番高い業者様になります。 7年間強、運営してまいりましたが、このルートだけは、ほぼ赤字でした。 何とぞご理解とご協力をお願い申し上げます。 メーカー希望小売価格 2,700円 が お買い得価格!2,570円! ◆650年続くイタリアの詩人ダンテの子孫◆ 「ヴァルポリチェッラはかくあるべき」 イタリア文学の傑作『神曲』を著した、ダンテ・アリギエーリは、 政争(セイソウ・政治上の主義・主張についての争い。また、政権の奪い合い)に 巻き込まれて故郷フィレンツェを追われた。 その息子ピエトロがヴァルポリチェッラに安住の地を得て六百五十年。 直系子孫によって、セレーゴ・アリギエーリの哲学は変わることなく、 この後も守り続けられる。 ◆ダンテにちなんだブドウ畑6世紀に渡り、 ヴェローナの地でワインを生産しているセレーゴ・アリギエーリ。 現在はマァジ社のグループの一員として、 ヴェネトとトスカーナでワイン生産を行っています。 セレーゴ・アリギェーリ伯爵家の畑で収穫されるブドウから マァジが秀逸で個性豊かなワインを造りました。 1353年以来ヴァルポリチェッラにある一族所有の土地で 情熱をもってブドウ栽培を行ってきました。 土地固有のブドウ品種コルヴィーナにサンジョベーゼを かけあわせて醸されたワインは桜の樽で熟成され、 果実やスパイスの風味に富んだ程良いボディを感じさせる、 エレガントで個性的なワインに仕上がり、 アンティパストから肉料理まで幅広い料理に良く合います。 ◆マアジ セレーゴ・アリギェーリ・ポッセッシオーニ・ロッソ [2008] MASI SEREGO ALIGHIERI Possessioni Rosso◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルポリチェッラ・クラッシコ地区 ◆格付け:ロッソ・デル・ヴェロネーゼ IGT ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:コルヴィーナ70%、サンジョヴェーゼ16%、モリナーラ14% ◆適温度:18~20℃ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆料理:パスタ・肉料理・チーズ・トマト・ピッツァ(マリナーラ・クワトロフォルマッジ) どのような食事にもあうが、特に赤身の肉料理や少し熟成したチーズがおすすめ。 ※ピッツァ マリナーラ ※ピッツァ クワトロフォルマッジ ◆製造方法◆ それぞれのブドウ品種は別々に発酵 (24-26℃で約15日間)させ、ステンレスタンクで 約10日間マセラシオンを行う。その後スラヴォニアオークの樽 (600L)に移し、MLF発酵。続いて2日ごとのバトナージュを 約9ヶ月行い、最後に桜の木樽にて3~4ヶ月間熟成させる。 ◆テイストティング◆ 辛口でブラックベリーの凝縮した温かみのあるブーケ。 豊かな果実の風味♪特に良く熟したチェリーや レッドベリー、プラムなどが口中に広がる。 骨格がしっかりしており、酸とまろやかな タンニンのバランスがとても良い。 口中の濃厚な余韻が長く続き、 もっともっと飲みたくなる美味しいワイン!

マアジ セレーゴアリギェーリポッセッシオーニロッソ 2008 MASI SEREGO ALIGHIERI Possessioni Rosso 人気SALE,格安 —— 2,000円

イタリアワイン (赤)

マアジ ブローロカンポフィオリンオロ 2010 MASI BROLO CAMPOFIORIN ORO 人気定番,お買い得

◆MASI/マアジ 『ヴェネトの伝統と革新』 ワインに思いを馳せたときにまず心に浮かぶのは、 その長い歴史とそれが持つ多様性だ。ブドウを発酵させて造る飲み物という 最もシンプルな意味合いから、より宗教的な神聖なものというニュアンスまで。 しかし何よりもワインは、土地のアイデンティティが生き生きと表現された 最も活気あるものとしてとらえる見方もある。つまり、生まれ育った土地を守る 人々の魅力の表現と、ワインを熟成する土地の重要性に他ならない。 頑なにヴェネト地方固有のブドウ品種を用い、 また伝統的な「アパッシメント(陰干し)製法」にこだわり、 さらにヴェネト古来に存在した醸造技術「リパッソ」を現代に復活させたマアジ。 ヴェネトの伝統と革新が織り成す匠の技が、 それまでのヴェネトのワインの評価を根底から変革することになる 「スーパー・ヴェネシアン」と「アマローネ」という傑作の数々を生み出した。 的確な選択とそして何よりも独創的な技術が、 この決して大きいとは言えないワイナリーを ヴェローナワインの試金石と言われるまでにした。 ◆マアジ ブローロ・カンポフィオリン・オロ [2010] MASI BROLO CAMPOFIORIN ORO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:ヴェネト州 ヴァルボリチェッラ地区 ◆格付け:ロッソ・デル・ヴェロネーゼ IGT ◆生産地域:マラーノのヴァルガタラ(ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区の中心地) 石の塀で囲まれたブローロ・ディ・カンポフィオリンぶどう園“Brolo”とは石垣に囲まれたぶどう畑という意味です。 ◆ぶどう品種:コルヴィーナ80%(その内30%を陰干し)ロンディネッラ20% ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆色:紫の縁を持つ深いルビー色 ◆タイプ:赤・フルボディ ◆製造方法◆ カンポフィオリン同様、 マアジ社の「ダブル・ファーメンテーション(二次発酵)」という 古来のリパッソ製法 で造られるワイン。 収穫後ブドウを醸造(22-24℃25日間)。 11月末にプレスした後の軽く陰干しした コルヴィーナ種30%を加えることで第二次発酵が起こる(23-25℃15日間)。 この過程によりワインのアルコール分が上がり、 さらに色、タンニン、複雑なアロマと香りが増す。 その後、「Fusti Veronesi」と呼ばれる600Lの容器で24ヶ月間熟成する。 つまり70%はよくローストしたアリエ産オーク樽にて、 残りの30%はスラヴォニアオークの樽にて熟成。 その後最低4ヶ月間瓶内熟成。 ◆適温:18℃ ◆料理:濃いソースのパスタ、グリル・ローストした赤身の肉料理、狩猟肉、チーズ、ジビエ等 ※Roast beef ◆テイスティング◆ ヴァニラ、コーヒー、 ビターチョコレートの香りに包まれた、 プラム、チェリー、黒スグリを思わせる 果実の複雑でエレガントな香り。 後味はスパイシーでぶどうの香り。 しっかりとしたボディとコクのある長熟タイプの赤ワイン♪ ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター89点を獲得! ■英国のワイン雑誌「デカンター」の評価■ Commended(表彰)獲得!2010年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!92点獲得!2010年ヴィンテージ!

マアジ ブローロカンポフィオリンオロ 2010 MASI BROLO CAMPOFIORIN ORO 人気定番,お買い得 —— 3,700円

イタリアワイン (赤)

マアジ モデッロ ロッソ デッレ ヴェネツィエ 2011 ドロップストップ付き 豊富な,定番

メーカー希望小売価格 1,700円 が お買い得価格!1,250円! お得な26.5%OFF! ◆マァジ社の歴史は、まさにブドウ畑の歴史です。 社名の由来は‘Vaio dei Masi’(ヴァルポリチェッラ・クラシコ地域にある ネグラール谷のマァジという峡谷)からきています。 ここで18世紀の終わり(1772年)に現在のマァジ社のオーナーである ボスカイニ家が最初のブドウ畑を購入して以来、継続的にかつ慎重にブドウ畑を 広げてきました。これらのブドウ畑はヴァルポリチェッラ、バルドリーノ及びソアヴェの クラシコ地域における歴史的な重要性、土地の特性によって選ばれたものです。 ◆マァジ・ヴェネトの価値観として、 ワインに思いを馳せたときにまず心に浮かぶのは、 その長い歴史とそれが持つ多様性だ。 ぶどうを発酵させて作る飲み物という最もシンプルな意味合いから、 より複雑な、宗教的な背景を持つ神聖なものというニュアンスまで。 私はここでワインを、土地のアイデンティティが生き生きと表現された 最も活気あるものとしてとらえている。つまり、生まれ育った土地を守る人々の 魅力の表現と、ワインを熟成する土地の重要性に他ならない。 ヴェネトとワインは同じ意味を持つ。両方とも互いの特性を映し出す鏡だ。 ヴェニス地方の柔らかな田舎の風景からまず見て取れるのは調和だ。 そしてヴェネトという地域はその中心に位置する。 この土地の人々は、言語、親しみやすい性格、そして深く根付いた 文化的遺産という共通の要因で結ばれている。 農業活動にひたすら打ち込んできた土地の長い歴史と、 本来の目的と流行や様式が運んできた新開地との狭間に張り詰める緊張の中で よりよい生活を目指してひたすら努力してきた人間の長い歴史というのもまた、 この地域が持つ多面的かつ独特のアイデンティティを定義する特徴の一つだ。 そしてこれらこそが、我々のビジネスに対するプロとしての意識と 一途さを現すものなのだ。マァジ社は、その起源、職業、そして事業拠点の 選択まで、すべてがヴェネチアンだ。 もっとも大胆かつ深い意味合いで考えれば、 マァジ社の事業方針ならびにその製品のインスピレーションや 土台となっているのはヴェニス地方の文化的価値観である。 ◆マアジ モデッロ ロッソ デッレ ヴェネツィエ [2011] (ドロップストップ付き) MASI Modello Rosso delle Venezie (with Drop stop)◆ ◆原産国:イタリア ◆格付け:ロッソ・デッレ・ヴェネツィエ IGT ◆生産地域:ヴェネト州の山麓にある畑(玄武岩上に堆積した石灰質土壌主体) ◆ぶどう品種:レフォスコ、ラボッソ、その他の地ぶどう(マアジ独自のブレンド) ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:12.0% ◆容量:750ml ◆製造方法◆ それぞれのぶどうは完全に熟した時に、別々に収穫されます。 ラボッソは通常少し遅めに収穫されます。 ぶどうは、10月の終わりにステンレスタンクで醸造します。 スキンコンタクトは10-20日と様々で、 厳選された酵母を使用して25-28℃にて22日間発酵させます。 その後、ワインはマロラクティック発酵を経て、 熟成は70%がスロヴェニアンオーク樽、20%はアリエ産の小樽で 10ヶ月間行った後、1ヶ月間ボトル内で熟成させます。 ◆テイスティング◆ スミレや熟した赤い果実の複雑な香り。 さわやかな酸味が魅力的で柔らかいタンニンとの バランスは魅力的です。 チェリーやラズベリーの味わいがあり、 長いフィニッシュが楽しめる味わいです。

マアジ モデッロ ロッソ デッレ ヴェネツィエ 2011 ドロップストップ付き 豊富な,定番 —— 800円

イタリアワイン (赤)

マッツェイ カステッロディフォンテルートリ シエピ 2001 MAZZEI CASTELLO DI FONTERUTOLI SIEPI 2016,本物保証

メーカー希望小売価格 15,000円 が お買い得価格!12,100円! お得な19.4%OFF! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ MAZZEI CASTELLO DI FONTERUTOLI SIEPI 2010年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 92点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 92点!早めに 2004年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 92点!飲み頃 2002年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 75点!早めに 2001年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 94点!早めに 2000年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 88点!早めに 1999年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 94点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 78点!早めに 1995年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 88点!早めに 1994年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 85点!落ちている 1993年ヴィンテージ WA 88点獲得!VP 86点!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ 12世紀からワイン造りを行っていたマッツェイ家が カステッロ・ディ・フォンテルートリを取得したのは1435年。 現在の当主で24代目という歴史ある造り手です。 今では、良く知られているキャンティという名ですが、 1398年にラポ・マッツェイ氏が最初に”Wine of Chianti” という言葉を公の文章に使用し記録に残したのです。 また、18世紀にはフィリッポ・マッツェイ氏が 後にアメリカ大統領となるトーマス・ジェファーソン氏の 依頼により、ヴァージニア州にブドウの木を植樹し、 アメリカ大陸最初のブドウ畑を作ったという歴史も持ちます。 マッツェイ家は1997年にトスカーナのマレンマに 「テヌータ・ディ・ベルグァルド」を、2003年には シチリアの南東部に「ジゾラ」と新しいワイナリーを2つ設立。 それぞれのテロワールとその場所に適した品種の特徴を表現した、 魅力的なワインを生み出しています。 カステッリーナ・イン・キャンティに約650ha所有し、 その内117haで栽培が行われています。 「Belvedere」「Caggio」「Fonterutoli」「Le Ripe」「Siepi」 の5つのエリアに分類され、さらに120の区画に分けて、 そのテロワールにあった品種が植えられています。 栽培しているブドウ品種はサンジョヴェーゼ、メルロ、 カベルネ・ソーヴィニヨン、マルヴァジア・ネーラ、コロリーノで、 サンジョヴェーゼは36種類ものバイオタイプが栽培されています。 キャンティの標準的な植樹率が2,500本/haと言われているところ、 フォンテルートリは7,500本/haと3倍の密度、収量は1本当たり 800g~1kgと徹底した高密度、低収量を行っています。 2007年に天然の地形を活かしたセラーと最新の設備と 規模を誇る醸造所が完成。3階建ての建物の内65%が地下にあり、 ポンプを使わずに重力で果実・果汁を移動させる グラヴィティフローを採用した造りになっています。 また、76のステンレスタンクで100を超える区画から 収穫されたブドウを別々に醸造しています。 発酵ではポンプオーバーは行わずパンチングダウン (ピジャージュ)のみ行っています。地下15mにある樽熟庫は 岩壁に天然の湧き水が流れ、適度な湿度と温度が保たれています。 ◆マッツェイ カステッロ・ディ・フォンテルートリ シエピ [2001] MAZZEI CASTELLO DI FONTERUTOLI SIEPI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 キャンティカステッリーナ ◆格付け:トスカーナ I.G.T. ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ50%、メルロー50% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆総酸度:5.5g ◆発酵温度:30℃ ◆生産量:12,000本 ◆マセラシオンの期間:16日間(サンジョヴェーゼ)14日間(メルロー) ◆熟成:フレンチオーク樽16ヶ月 ◆ボトリング:2003年6月 ◆醸造責任者:カルロ・フェッリーニ ◆所有者:マルケージ・マッツェイ ◆生産者:カステッロ・ディ・フォンテルートリ ◆製造方法◆ 30度でカベルネは18日間、サンジョヴェーゼは16日間、 メルローは18日間発酵。フレンチオークの小樽で18ヶ月間熟成。 ◆テイスティング◆ 初リリースは1992年。 シエピ畑の中の最良の区画のサンジョヴェーゼと メルロのみで造られる単一畑のクリュワイン。 畑の平均標高は260mと、 ワイナリーの畑の中で一番低い場所にあります。 18ヶ月、225リットルのフレンチオーク樽、 内新樽比率は70%で熟成させます。 黒い果実やダークチョコレート、スモーキーな香りがあり、 口当たりは柔らかく、凝縮感があり長い余韻を持ちます。 若い内から楽しむことができますが、長期熟成が可能です。 ※イタリアワインガイド(I Vini d’Italia Espresso) ■エスプレッソ誌 イ・ヴィーニ・ディタリア■ 20点中18点獲得!2001年ヴィンテージ! ※イタリア料理とワインの専門誌「ガンベロ・ロッソ」 ■ヴィニ・ディタリア&ベーレベーネ■ Vini d’Italia ガンベロ・ロッソ3ビッキエーリ獲得! ※イタリアソムリエ協会(AIS)が発行するワイン評価本「ドゥエミラヴィーニ」 ■Duemilaviniの評価■ 5グラッポリ獲得!2001年ヴィンテージ! ※オーストリアワインガイド・ファルスタッフマガジン ■Falstaff Wine Guide■ Falstaffjobs.com 93点獲得!2001年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中18点獲得!2001年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター92点を獲得! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2001年ヴィンテージ! ■イタリアワイン図鑑■ ■2001年・シエピ テイスティング・コメント■ マッツェイ侯爵家は、キャンティワインの 『創造主』と定義されるほどの存在です。 その祖先にあたるセル・ラーポ・マッツェイ氏は、 1398年に『キャンティのワイン』という表現を用いて、 その初めての生産について言及しています。 1435年、彼の小孫たちがフォンテルートリ社を設立し、 今日このワイナリーは、トスカーナの最も名高い ワイン醸造者の一つとなっています。 現在のワイナリーを代表する一作がこのシエピであり、 カステリーナ・イン・キャンティ地域にある 畑で育てられたブドウによるワインです。 外観としては、密で深い赤色を見せています。 その品格は香りからすぐに感じられ、繊細なスパイス、 花、果実の複雑で上品な芳香が心を震わせます。 そこには、黒イチゴ、マラスカチェリーのジャム、 しなびた薔薇の花びらといったフレーバーや、野生のミント、 黒胡椒、甘いオークの香り、なめし皮の成熟香、 鉱物性の香気などが間断なく現れます。 口当たりは充実し濃縮しており、温かみとクリーミーさがあり、 熟した果実の香味に対し、極めて、きめの細かいタンニンが バランスをとっています。 そして、香りの余韻はいつまでも消えずに残ります。 ※イタリアワインのすべてを知る永久保存版 (イタリアワイン図鑑より2001年掲載文テイスティングコメント抜粋)

マッツェイ カステッロディフォンテルートリ シエピ 2001 MAZZEI CASTELLO DI FONTERUTOLI SIEPI 2016,本物保証 —— 10,500円

イタリアワイン (赤)

ラッロマルサラフィーネ Ralllo Marsala Fine 全国無料,大得価

◆◆価格改定のお知らせ◆◆ すでに報道等でご承知の事と存じますが、 昨今の急激な円安の進行と、生産者出荷価格の上昇により、 現行価格の維持が困難な商品が出てきております。 つきましては、誠に心苦しくはありますが、5月1日より 一部商品の販売価格の改定を行うことになりましたのでお知らせ申し上げます。 又、定価が変わった輸入ワインなども御座います。 何とぞご理解とご協力を賜りご寛容くださいますよう御願い申し上げます。 尚、今後円高になった際には、値下げをさせて頂きます。 シチリア島の最西端にあるマルサラという町に位置する カンティーネ・ラッロ社は、プレミアムワインを造る シチリアのリーディング・ワイナリーのひとつとして知られています。 これまでの長年の努力が認められ、現在ではイタリア国内ばかり ではなく、国際的にも高い名声を獲得しています。 土着品種ネロ・ダヴォラをベースに作られたノヴェッロ(新酒)は シチリアらしい果実味豊かなワインに仕上がっています。 ◆カンティーネ・ラッロ・マルサラ・フィーネ Cantine Rallo Marsala Fine DOC◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:シチリア州 トラパーニ県 ◆格付け:マルサラ・フィーネ DOC ◆ぶどう品種:グリッロ40%、インツォリア30%、カタラット30% ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:17% ◆容量:750ml ◆適温:室温で、もしくは少し冷やして。 ◆料理:食後酒として、フルーツ、デザート、アイスクリームと共に ◆製造方法◆ シチリア西部に位置するマルサラはアラブ語で 「神の港」という意味。1773年ここで、 イギリス商人ジョーン・ウッドハウスが、輸出に耐えるワインを つくろうと、マデイラやシェリーを真似て造ったのが マルサラの始まりと言われる。最低1年間オーク樽で熟成。 ◆テイスティング◆ 琥珀色。マルサラ特有の香りが長く続く。 ベルベットのように滑らかでボディが感じられる。 セミドライ。

ラッロマルサラフィーネ Ralllo Marsala Fine 全国無料,大得価 —— 1,200円

イタリアワイン (赤)

ロッソ ディ モンタルチーノ 2007 テヌータ ポッジョ イル カステッラーレ ROSSO DI MONTALCINOTENUTA POGGIO IL CASTELLARE HOT,大得価

アッサンブラージュ Italia Toscana テヌータ ポッジョ イル カステラーレ モンタルチーノのエリアでワインを造ることの誇りを感じさせてくれます。 バロンチーニ傘下のひとつです。 モンタルチーノのエリアで造られるワインの素晴らしさは、 エトルリア時代から広く知られていました。 「ポッジョ イル カステッラーレ(丘の上の城跡)」という名前は、 この場所の歴史的なルーツを思い起こさせます。 畑は9ha。標高600mで石が多く、南向きです。 樹齢は5~10年ですが、家の裏側は40年です。 真夏は40℃を越す暑いところですが、標高が高いため昼夜に 寒暖の差があり、さらに強い風が吹いて葡萄を冷やします。 肥料には馬糞などを使用しています。専属エノロゴは、 アレッシオ マジ。畑とセラーの責任者は、75歳になるイヴォンヌで、 常駐しています。イタリアワインの中でもモンタルチーノに畑があることを、 また亡き父の誇りと伝統を姉と共に受け継いでいることに誇りを感じていると、 ステファーノは語っていました。 ◆ロッソディモンタルチーノ [2007] テヌータポッジョイルカステッラーレ ROSSO DI MONTALCINO TENUTA POGGIO IL CASTELLARE◆ ※ラベルが変更になりました。 ◆生産地域:イタリア トスカーナ モンタルチーノ モンタルチーノ (Montalcino) は、人口5,131人の イタリア共和国トスカーナ州シエーナ県のコムーネの一つである。 ◆色:赤 ◆容量:750ml ◆アルコール度数:14% ◆ランク:DOC ◆生産者:テヌータ ポッジョ イル カステラーレ ◆《赤》【フルボディ】 ◆葡萄品種:サンジョヴェーゼ グロッソ(100%)  ◆熟成:タンク ◆テイスティング◆ モンタルチーノのエリアで造られるサンジョヴェーゼだけを使って 造られたワイン。畑の土壌は凝石灰と石、標高は200~450mです。 葡萄は完熟してから収穫します。発酵は選別酵母で行い、 果皮と共に中位の長さのマセラシオンを行います。 タンクで熟成します。ルビーレッドで、スミレを思わせるブーケ。 ラズベリージャムのブーケもあります。 ‘05年が「ヴェロネッリ」で2ッ星/87点。

ロッソ ディ モンタルチーノ 2007 テヌータ ポッジョ イル カステッラーレ ROSSO DI MONTALCINOTENUTA POGGIO IL CASTELLARE HOT,大得価 —— 2,500円