www.evianjeanpaulgaultier.com

まじめにふまじめ




トスカーナ州

チェッキ ヴィラセルナ キアンティクラシコ レゼルヴァ 2008 大得価,お得

◆伝統が培った信頼のブランド!チェッキ! チェッキはトスカーナ地方で最も歴史が古く、 最新鋭の技術と群を抜く品質の信頼性で、 トスカーナを代表するワイナリーとして広く知られています。 100年以上にわたり、ルイジ・チェッキと その息子たちはトスカーナで「品質重視」のワイン造りを続けてきました。 この長い歴史は1893年に創立者ルイジ・チェッキがポッジボンシで ワイン造りを手がけたことに始まります。   以来、息子たちらに事業が引き継がれ、 栽培、醸造、販売に至るまで、高品質のプロフェッショナリズムが受け継がれています。 今日、息子たちである、販売部門を統括するチェザレ、製造部門を統括する アンドレアによって、チェッキは運営されています。  1970年代には、キアンティジアナ地区で歴史的にも地理的にも 重要な場所である、カステリナ・イン・キアンティにセラーが移されます。 ここでは、トスカーナで最も有名なぶどう生産地域にある 3つのエステートでそれぞれ醸造されたワインが、最新鋭の設備により 製造の最終工程に乗ります。 チェッキは最新設備の導入と技術革新に重きを置いており、 そのために多額の投資を行なっています。 チェッキのワインメーキングは、 今日、トスカーナの数あるワイン生産者の中でも最も特筆すべき 重要な役割を果たしていると言えます。  長い伝統はもとより、品質の向上とお客様の満足向上にかける、 ワインメーカーらのプロ意識と技術は大変高く、 「トスカーナワインの未来」に繋がる数多くの技術革新を成し遂げています。 クローンの研究、栽培学側面の革新、オーガニック栽培など、 「キアンティ2000」と銘打たれたプロジェクトは、 「3度目のミレニアムのワイン」という、未来の新しい伝統に繋がる プロジェクトとして、イタリアはもとより世界中のワイン生産者から注目されています。 1997年にはISO9002の認証を取得、HACCP認証も取得、 さらには、食品の安全性に関するハイレベルの信頼性を調査する機関である、 英国の「プロチェック・フード・セイフティ」により、チェッキの高い信頼性が評価され、 1999年の第34回ヴィニタリーにおいて認証が授与されています。 伝統に培われ、最新技術で磨きぬかれた信頼のブランド、 チェッキのワインは、イタリア全土はもとより、 世界45ヶ国に輸出され、世界のワイン愛好家にひろく愛されています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:D.O.C.G.キアンティ・クラシコ レゼルヴァ ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ95%、コロリーノ5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18℃ ◆合う料理:チーズ、ジビエのロースト ◆土壌:海抜280m ◆栽培:1haあたり5000本、コルドン ◆熟成:オーク樽 ◆アルコール度数:13.0% ◆容量:750ml ◆生産者:チェッキ ◆コメント◆ ふくよかな果実味と、なめらかな酸味、 シルキーなタンニンのバランスがよく、 非常に余韻の長いワインです。 ◆受賞・ポイント歴◆ ◇ガンベロロッソ2012年 トレビッキエーリ 3 bicchieri 獲得!(ヴィンテージ 2008) ◆ワインスペクテーター 90ポイント獲得!(ヴィンテージ 2008) ◇ドゥエミラヴィーニ 4グラッポリ(イタリアソムリエ協会が発行する評価本)(ヴィンテージ 2006) ◆レスプレッソワインガイド2010 17.5/20 4bottiglie(伊のレストラン格付で有名なレスプレッソガイドによるワインガイド)(ヴィンテージ 2005)

チェッキ ヴィラセルナ キアンティクラシコ レゼルヴァ 2008 大得価,お得 —— 3,800円

トスカーナ州

チフラ 2013 CiFRA 品質保証,新作

メーカー希望小売価格 3,800円 が お買い得価格!3,420円! お得な10%OFF! ■挑戦し続ける天才「ルカ・ダットーマ氏」が 辿り着いたのは、「カベルネ・フラン」「ビオディナミ」 そして「リパルベッラ」という土地だった■ ◆イタリアの超新星ワイナリー!「ドゥエマーニ」◆ トスカーナ・リパルベッラの地から、ビオディナミ農法で 育てられたカベルネ・フラン100%の赤ワイン! 「ドゥエマーニ」をリリースしイタリアのみならず 世界中から熱い注目を集める新進気鋭のワイナリー! 「ドゥエマーニ」。 イタリアのスター・エノロゴ(醸造家)として、 世界中にその名声が知れわたったルカ・ダットーマ氏が、 初めてコンサルタントとしての地位を脱し、 自身で所有するワイナリーです。 ワイナリーを設立したのは、2000年。 トスカーナの海沿い、ボルゲリの近くにある リパルベッラという町の近くの、30年間荒れ地だった 土地を購入して畑にしました。 それまで全くワインの生産地としては注目されて いなかった土地でワイン造りを始めた為、 まだまだ植えられている樹は若いのですが、 出来上がるワインの品質は、年々驚くべきスピードで 向上しています。 そのワインはデキャンタ誌で「Rising Star = 超新星」 として紹介されるなど、名だたるワインガイドから 高い評価を得るにいたっています。 ◆挑戦し続ける天才!「ルカ・ダットーマ」◆ 1964年生まれ。 ヴェネトのコネリアーノ醸造学校で醸造学を修めました。 卒業後は数多くのワイナリーで修行を積み、若いながらも その才能を開花。醸造には経験に基づく洞察力、 勘のようなものを必要とすると考える彼は、 トゥア・リータ社やレ・マッキオーレ社、ポッジョ・ピアーノ社 といった、トスカーナを中心に名だたるワイナリーの コンサルタントを経験し、その直感を更に磨きを掛け、 イタリアワイン界を担う醸造家として地位を確立してゆきました。 そんな彼を一言で表現するなら「挑戦し続ける天才」と言えます。 醸造家として成功を収めた後も、彼の品質向上への探究心は つきることがなく、ついには自身の理想を実現させるため、 無名の地リパルベッラでワイナリーを立ち上げることになりました。 ※天才、ルカ・ダットーマ氏とパートナーのエレナ・チェッリさん ◆チフラ [2013] CiFRA◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 リパルベッラ地区 ◆原産地呼称:コスタ・トスカーナ I.G.P. ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・フラン100% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:16℃ ◆オーガニック等の情報:ビオディナミ ◆オーガニック認証機関:Demeter ◆醗酵:セメント・タンク/主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:セメント・タンク熟成4~5ヶ月 ◆ワイナリー名:ドゥエマーニ ◆生産者:オーナー・ルカ・ダットーマ氏 ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ 鮮やかなパープルで、フレッシュ感に 満ち溢れており香り豊か。地中海のドライハーブや アメリカンチェリーを口に入れたような完熟の 甘酸っぱさとピュアで細かく豊富なタンニンがある。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2013年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!91点獲得!2013年ヴィンテージ!

チフラ 2013 CiFRA 品質保証,新作 —— 2,700円

トスカーナ州

トゥアリータ ジュストディノートリ 2007 豪華1本スライド木箱入 2016,セール

メーカー希望小売価格 10,000円 が お買い得価格!9,500円! お得な5%OFF! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Giusto di Notri 2011年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!早めに 2003年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 88点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 86点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!早めに ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ ジュスト・ディ・ノートリ [2007] 【豪華1本木箱入】 Tua Rita Giusto di Notri◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ60%、メルロー30%、カベルネ・フラン10% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18℃ ◆平均年間生産量:35,000本 ◆醗酵:オーク樽、ステンレス・タンクにてマセラシオン醗酵 約25日間/22℃からゆっくり上げ、最高温度は28℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 18~19ヶ月間(225L、新樽70%、1年使用30%) ◆生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・トゥア・リータ/Azienda Agricola Tua Rita (農場・農園・ファーム) ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ 2004年に似たキャラクター。 ヴァニラ、シナモン、カカオ等のエッセンス。 プラム、オレンジリキュール等の様々な香り。 極めて滑らかな舌触り、ミネラルの硬質感。 凝縮した旨みと果実味。 ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー93点獲得! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2007年! ※イタリア料理とワインの専門誌「ガンベロ・ロッソ」 ■Gambero Rosso■ ガンベロ・ロッソ2グラスを獲得!2007年! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター95点を獲得!2007年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!95点獲得!2007年ヴィンテージ!

トゥアリータ ジュストディノートリ 2007 豪華1本スライド木箱入 2016,セール —— 8,200円

トスカーナ州

トゥアリータ ジュストディノートリ 2012 Tua Rita Giusto di Notri 2016,得価

メーカー希望小売価格 10,000円 が お買い得価格!9,500円! お得な5%OFF! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Giusto di Notri 2011年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 94+点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 94点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2006年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 96点!若い 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!早めに 2003年ヴィンテージ WA 91点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 95点獲得!VP 88点!飲み頃 1999年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 86点!落ちている 1997年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!早めに ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ ジュスト・ディ・ノートリ [2012] Tua Rita Giusto di Notri◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ60%、メルロー30%、カベルネ・フラン10% ◆アルコール度数:14.36% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:18℃ ◆平均年間生産量:22,000本 ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約21日間(CS20日、M25日、CF25日) 22℃からゆっくり上げ、最高温度は26℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 18~19ヶ月間(225L、新樽70%、1年使用30%)瓶熟:約6ヶ月 ◆生産者:アジィエンダ・アグリコーラ・トゥア・リータ/Azienda Agricola Tua Rita (農場・農園・ファーム) ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ プルーンや桑の実など数えきれない 果実風味の香りとボリューミーな味わいが 鉄分のニュアンスと溶け合う。 きめ細やかで密なビロード的タンニンもまさに秀逸。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ 高得点!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ!

トゥアリータ ジュストディノートリ 2012 Tua Rita Giusto di Notri 2016,得価 —— 8,200円

トスカーナ州

トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2008 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso HOT,豊富な

メーカー希望小売価格 4,200円 が お買い得価格!3,780円! お得な10%OFF! ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータペルラート・デル・ボスコ ロッソ [2008] Tua Rita Perlato del Bosco Rosso◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ60%、カベルネ・ソーヴィニヨン40% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:22,000本 ◆醸造・醗酵:ステンレス・タンクにてマセラシオン醗酵 約18日間 22℃からゆっくり上げ、最高温度は28℃まで 主醗酵後、 ステンレス・タンクにてマロ・ラクティック醗酵     ◆熟成:オーク樽熟成 15ヶ月間(225L、1年使用50%、2年使用50%) ◆コメント◆ ブルーベリー、ブラックチェリーの 果実の甘みがあり、非常に滑らかな質感。 チョコレート、杉や胡椒など複雑な香り。 がっしりした骨格だが柔らかく、 上品な酸とふくよかな果実味。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター92点を獲得!2008年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出の92点を獲得!2008年ヴィンテージ!

トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2008 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso HOT,豊富な —— 3,100円

トスカーナ州

トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2013 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso お得,正規品

メーカー希望小売価格 4,000円 が お買い得価格!3,600円! お得な10%OFF! ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータペルラート・デル・ボスコ ロッソ [2013] Tua Rita Perlato del Bosco Rosso◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ100% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:25,000本 ◆醸造・醗酵:ステンレス・タンクにてマセラシオン醗酵 約18日間 22℃からゆっくり上げ、最高温度は28℃まで 主醗酵後、 ステンレス・タンクにてマロ・ラクティック醗酵     ◆熟成:オーク樽熟成 15ヶ月間(225L、1年使用50%、2年使用50%) ◆コメント◆ ブルーベリー、ブラックチェリーの 果実の甘みがあり、非常に滑らかな質感。 チョコレート、杉や胡椒など複雑な香り。 がっしりした骨格だが柔らかく、 上品な酸とふくよかな果実味。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!92点を獲得した2013年ヴィンテージ!

トゥアリータ ペルラートデルボスコ ロッソ 2013 Tua Rita Perlato del Bosco Rosso お得,正規品 —— 2,900円

トスカーナ州

トゥアリータ レディガッフィ 2010 Tua Rita Redigaffi 数量限定,送料無料

※2010年ヴィンテージは輸入元インポーター様の在庫があとわずかです。 次回は2011年ヴィンテージに繰り上がりのヴィンテージ移行となります。 メーカー希望小売価格 23,000円 が お買い得価格!21,850円! 『華麗なる実績、トゥア・リータの実力が証明されています』。 ◆◇◆レディガッフィ◆◇◆ ■ワイン・スペクテーター■ ◆1996年ヴィンテージ 93点獲得! ◆1997年ヴィンテージ 100点獲得!! ※最も優れたイタリアワイン50に選出 ◆1998年ヴィンテージ 93点獲得! ◆1999年ヴィンテージ 94点獲得! ◆2000年ヴィンテージ 92点獲得! ◆2001年ヴィンテージ 97点獲得! ◆2002年ヴィンテージ 91点獲得! ◆2003年ヴィンテージ 95点獲得! ◆2004年ヴィンテージ 98点獲得! ◆2005年ヴィンテージ 95点獲得! ◆2006年ヴィンテージ 97点獲得! ◆2007年ヴィンテージ 98点獲得! ■ワイン・アドヴォケイト■ ◆1997年ヴィンテージ 94点獲得! ◆1998年ヴィンテージ 96点獲得! ◆1999年ヴィンテージ 99点獲得! ◆2000年ヴィンテージ 100点獲得!! ◆2001年ヴィンテージ 96点獲得! ◆2003年ヴィンテージ 90点獲得! ◆2004年ヴィンテージ 93点獲得! ◆2005年ヴィンテージ 92点獲得! ◆2006年ヴィンテージ 97点獲得! ◆2007年ヴィンテージ 95点獲得! ■ガンベロ・ロッソ誌■ ◆1996年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆1998年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆1999年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2000年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2001年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2002年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2003年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2004年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ◆2006年ヴィンテージ トレ・ビッキエーリ(最高評価) ■ヴェロネッリ誌■ ◆1997年ヴィンテージ スーパー三ツ星(最高評価) ◆2001年ヴィンテージ スーパー三ツ星(最高評価) ◆2002年ヴィンテージ スーパー三ツ星(最高評価) ◆2003年ヴィンテージ スーパー三ツ星(最高評価) ◆2006年ヴィンテージ スーパー三ツ星(最高評価) ◆ノンフィルターのお話◆ 「このワインはノンフィルターで造られています」という うたい文句を、ネット酒屋などでしばしば見かける。 とりわけ無農薬で葡萄を造っている自然派や、 こだわりのある造り手にこの「ノンフィルター派」が多いようだ。と言われても、 フィルターをかける(フィルタレーションと呼ぶ)とかけないでは、 何がどう違うのか、よくわからない人もいるだろう。 何を隠そう私自身も、これに関してはいろいろと悩むことがある。 というわけで今日は「フィルタレーションって、どうよ?」というのがお題。 まず「フィルターをかける」というのはどんな作業か。ワイン造りを行う中で、 葡萄の果汁を絞り、酵母をいれて発酵を行った後、 澱引き(沈殿物を残し上澄みを別の樽へ移すこと)をして、瓶詰め前にもう一度、 果皮などの沈殿物を濾過する。これがフィルタレーションである。 フィルタレーションをすることによって、澱が浮遊していない澄んだ美しいワインが できるが、濾過によって香り、複雑味、コクなどが目減りする欠点もある。 逆にノンフィルターとは、濾過を極力抑える製法のこと。 ノンフィルター方式でワインを造ると、澱が瓶内にモワモワと残るが、 旨味や香りの成分も多く残るため、複雑味があり、香りとコクが高いワインができる。 最近ではワインを劣化・酸化させる成分を完全に取り去ることができる高機能の ミクロフィルターも登場し、これを使って酸化防止剤無添加ワインを造る生産者もいる。 昨今の健康志向で保存料を嫌う人も増えているなか、無添加はひとつの付加価値ではある。 しかし澱を含むすべての成分を徹底的に除去すると、瓶内での熟成はほとんど行われず、 ワインならではの熟成による変化を楽しむことができなくなる。私個人としては、 いくら無添加でも、すべてを濾過してしまったジュースのようなワインはあまり飲みたくない。 ただ、フィルターをかけているワインが、必ずしも味気ないわけではない。 例えば私の好きなブルゴーニュのネゴシアン(買い葡萄でワインを造る生産者)のひとり、 ニコラ・ポテルも、必要に応じてフィルタレーションを行う。 樹齢35年以上の葡萄しか買い付けをしないというニコラは、月の満ち欠けに従って 澱引きをするなど、伝統的なこだわりのある手法でワインを造っている。 私は、ニコラのフィルタレーションをしたワインをすでに何十本も飲んでいるが、 香りが劣るわけでもなく、複雑さも十分に味わえる。ボトルの底の方に残ったワインにも 澱があまり混じらず、舌に不快感が残らない。また、彼のワインは渋味成分を含む澱が少ないためか、 リリースからさほど経過していない若いワインでも、飲みやすい。 だから熟成が待てずに、ついどんどん栓を抜いてしまうことになる。 おそらくニコラはワインにちゃんと香りや複雑味が残る、絶妙のフィルタレーションを 心得ているのだと思う。だからこのように淡泊すぎず濃厚すぎない、美味しいワインが造れるのだ。 フィルタレーションの手練、といってもいい生産者である。 いっぽうワインのタイプによっても、フィルタレーションの必要性の有無は分かれる。 例えば、最近ではボージョレの生産者でもノンフィルター方式を採るところが増えているが、 私はボージョレのさわやかさや軽さには、フィルター方式のほうが似合っているような気がする。 とくにヌーヴォー(新酒)で飲むのが好きな日本人には、澱のない、 すっきりとしたのど越しのほうがピッタリくる。 優秀といわれる生産者にノンフィルター方式を採る人が多いのは間違いないところだが、 ノンフィルター=美味しいワインというわけでもない。 フィルターをかけても、美味しいワインはちゃんと美味しい、のである。 ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ レディガッフィ [2010] TUR RITA REDIGAFFI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆ブドウ品種:メルロー100% ◆アルコール度数:14.96% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:10,200本 ◆平均収量:20hl/ha ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約1ヶ月間/22℃からゆっくり上げ、 最高温度は27℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 19ヶ月間(225L、新樽100%) ◆瓶熟:約5ヶ月 ◆フィルター:ノンフィルター、フィルターでろ過しておりません。 このレディガッフィは 「ワイン本来の味わいを保つ」 という生産者の意図から フィルタリングが行われておりません。 ◆生産者:トゥア・リータ ◆コメント◆ イタリアワインとして唯一 ワイン・アドヴォケイトとワインスペクテーターの両方で 100点満点を獲得したシンデレラワイン♪ 荘厳で深い香り。 カカオ、チョコやカフェのニュアンスが 複雑な果実味と一体となり、4次元的に広がる。 調和のとれた酸、タンニン、ボディーが三位一体となり長い余韻へと誘う。 圧倒的なまでの存在感をお楽しみください。 ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点96点獲得!2010年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー95点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家97点獲得!2010年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテーター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテーター92点獲得! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点獲得!2010年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!97点獲得!2010年ヴィンテージ!

トゥアリータ レディガッフィ 2010 Tua Rita Redigaffi 数量限定,送料無料 —— 18,200円

トスカーナ州

トゥアリータ レディガッフィ 2011 TUR RITA REDIGAFFI お買い得,人気SALE

メーカー希望小売価格 23,000円 が お買い得価格!21,850円! ■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Tua Rita Redigaffi 2011年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2010年ヴィンテージ WA 97点獲得!若い 2009年ヴィンテージ WA 95点獲得!若い 2008年ヴィンテージ WA 96点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 95点獲得!飲み頃 2006年ヴィンテージ WA 97点獲得!VP 96点!飲み頃 2005年ヴィンテージ WA 92点獲得!VP 92点!飲み頃 2004年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 96点!若い 2003年ヴィンテージ WA 90点獲得!VP 92点!落ちている 2002年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 75点!飲み頃 2001年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 94点!飲み頃 2000年ヴィンテージ WA 100点獲得!VP 88点!早めに 1999年ヴィンテージ WA 99点獲得!VP 94点!早めに 1998年ヴィンテージ WA 96点獲得!VP 86点!早めに 1997年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 95点!落ちている 1996年ヴィンテージ WA 94点獲得!VP 78点!落ちている 1994年ヴィンテージ WA 93点獲得!VP 85点!落ちている ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしかその孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ◆イタリアでWSとWAで100点満点を獲得した生産者! トスカーナ州スヴェレートに設立されたトゥア・リータ! ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を 獲得するという快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい、2000年のレディガフィにおいては、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に 左右されず、妥協を許さない果て無き ワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、 更なる品質改善を支えている。 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。 意外だが、その主人公はワイナリーの名前となった 奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在 醸造・栽培の責任者である 娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 まだ10代の頃のヴィルジリオは、将来を夢見てバールで 手伝いや日雇いなどの仕事をこなす日々を過ごしていた。 その後はゲームのディストリビユーターの仕事に就き、 そして若くしてリータさんとの結婚。 ヴィルジリオ20歳、リータ18歳の時だった。 その後、働き者のヴィルジリオは良き伴侶を得るだけでなく、 仕事での成功をおさめるという幸運に恵まれる。 元来全く欲のない男だったが、彼には1つだけ夢があった。 それは「畑仕事」をすること。あの、大地の香りが好きで たまらなかった。広い空の下に広がる大地で行う畑仕事。 それがヴィルジリオの昔からの夢。 将来年金生活に入ったら大好きな 土いじりをしながら暮らしていきたいと考えていた。 そんなある日、仕事で立ち寄ったスヴェレートで 彼の夢を叶えてくれる土地に出会う。 1984年のことだった。ヴィルジリオの故郷から程近い その場所には、少しのブドウとオリーヴや麦などしか 植えていなかった。 順調に仕事をこなす毎日がある反面、彼の胸の中で 膨らんできた昔からの夢が、その土地の購入を決意させる。 ワインの産地として全く無名であったこの場所が、後に 世界レベルのワインを生み出す土地であったことなど、 世間の人は勿論、ヴィルジリオも予期していなかった。 当初、まだゲームの仕事を続けていたヴィルジリオは、 平日は都会で仕事をこなし、 週末を長年の夢であった念願の畑で過ごしていた。 当時この地域で栽培されていたブドウはトスカーナの 地品種である サンジョヴェーゼやトレッビアーノで、 それ程大きい畑ではないが、老後のセカンドライフとして 徐々に仕事を農業にシフトしていきたいと考えていた ヴィルジリオは、それがたまらなく好きだった。 ある日ヴィルジリオが作ったブドウが、そして出来上がった ワインが、常識を超えるレベルであることに気付く。 ◆トゥア・リータ レディガッフィ [2011] TUR RITA REDIGAFFI◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 スヴェレート地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆ブドウ品種:メルロー100% ◆アルコール度数:14.95% ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・フルボディ ◆飲み頃温度:17℃ ◆平均年間生産量:11,000本 ◆平均収量:20hl/ha ◆醗酵:オーク樽にてマセラシオン醗酵 約1ヶ月間/22℃からゆっくり上げ、 最高温度は26℃まで/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成 19ヶ月間(225L、新樽100%) ◆瓶熟:約5ヶ月 ◆フィルター:ノンフィルター、フィルターでろ過しておりません。 このレディガッフィは 「ワイン本来の味わいを保つ」 という生産者の意図から フィルタリングが行われておりません。 ◆生産者:トゥア・リータ ◆テイスティング◆ 荘厳で深い香り。カカオ、チョコや カフェのニュアンスが複雑な果実味と 一体となり、4次元的に広がる。 調和のとれた酸、タンニン、 ボディーが三位一体となり長い余韻へと誘う。 ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター94点獲得! ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家94点獲得!2011年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2011年! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP格別!96点獲得!2011年ヴィンテージ! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!99点獲得!2011年ヴィンテージ! イタリアワインとして唯一2大ワインガイド、 ワイン・アドヴォケイトとワインスペクテイターの両方で 100点満点を獲得した奇跡のシンデレラワイン♪

トゥアリータ レディガッフィ 2011 TUR RITA REDIGAFFI お買い得,人気SALE —— 18,200円

トスカーナ州

トゥアリータ ロッソデイノートリ 2012 Tua Rita Rosso dei Notri お買い得,お買い得

~大地を愛し、天に愛され、情熱を注ぐ~ 土いじりをこよなく愛する男が家族と、この土地に出会い♪ いつしか、その孤高なる想いは唯一無二のワインを生み出した! ■イタリアでWAとWSで100点を獲得した生産者■ トスカーナ州、スヴェレートの地に設立されたトゥア・リータ。 ヴィルジリオとリータ夫妻が、全国的に全く無名であった この場所の畑を購入したのは1984年のこと。 1992年に初めて瓶詰めされたワインがリリースされてから、 6ヴィンテージ目でワイン・スペクテイター100点を獲得する という快挙を成し遂げる。 その後がまたすごい!2000年のレディガッフィは、 ワイン・アドヴォケイトで100点を獲得! しかしながら、この家族経営の小さな醸造所は評価誌に左右されず、 妥協を許さない果て無きワインへの追求・挑戦を続ける。 それが今日のトゥア・リータの飛躍を支え、更なる品質改善を支えている。 ◆大地を愛し、天に愛された男 ~ヴィルジリオ・ヴィスティ~ 本格的にワインを市場にリリースし出してから20年も経たたない、 歴史も経験もなかったトゥア・リータが今の栄光を手に入れたのは、 神秘としか言いようがない。意外だが、その主人公はワイナリーの 名前となった奥さんのトゥア・リータさんではない。 また、醸造家のステファノ・キオッチョリでも、現在醸造・栽培の 責任者である娘婿のステファノ・フラスコッラでもない。 この畑を購入したオーナーのヴィルジリオ・ヴィスティである。 ※「ヴィルジリオ、リータ夫妻」 ◆ワイナリー名:アジィエンダ・アグリコーラ・トゥア・リータ/Azienda Agricola Tua Rita (農場・農園・ファーム) ◆ワイン名:トゥア・リータ ロッソ・デイ・ノートリ /Tua Rita Rosso dei Notri ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆地区:スヴェレート ◆原産地呼称:トスカーナI.G.T ◆ブドウ品種:サンジョベーゼ50%、メルロー20%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、シラー10% ◆アルコール度数:13%以上14%未満 ◆容量:750ml ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆飲み頃温度:16℃ ◆平均年間生産量:80,000本 ◆平均収量:65hl/ha ◆樹齢:10年 ◆醗酵:ステンレス・タンク/主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:ステンレス・タンク 4ヶ月 ◆インポーターコメント◆ カシスやブラックチェリーの果実香。 ふくよかな味わい。 果実味が豊かでそれに負けないミネラルや 酸味などのバランスが取れており、とても上品。 ◆テイスティングコメント◆ ダークチェリーレッドとプラムノートは パワーと長さ​​のワイン甘草、タバコ煙! 革とシナモンの層との緊密な上に甘さのタッチが強くあり、 チェリーの芳香がインパクトで美味しいワインです♪ ワイン・アドヴォケイトのレビュアー:アントニオガッローニ氏は、 2013年8月に傑出の91点で評価しています。 ※トゥア・リータ公式ホームページより掲載文抜粋 ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP優良!87点獲得!2012年ヴィンテージ!

トゥアリータ ロッソデイノートリ 2012 Tua Rita Rosso dei Notri お買い得,お買い得 —— 1,600円

トスカーナ州

ドゥエマーニ 2011 Duemani 送料無料

メーカー希望小売価格 15,000円 が お買い得価格!13,500円! お得な10%OFF! ■挑戦し続ける天才「ルカ・ダットーマ氏」が 辿り着いたのは、「カベルネ・フラン」「ビオディナミ」 そして「リパルベッラ」という土地だった■ ◆イタリアの超新星ワイナリー!「ドゥエマーニ」◆ トスカーナ・リパルベッラの地から、ビオディナミ農法で 育てられたカベルネ・フラン100%の赤ワイン! 「ドゥエマーニ」をリリースしイタリアのみならず 世界中から熱い注目を集める新進気鋭のワイナリー! 「ドゥエマーニ」。 イタリアのスター・エノロゴ(醸造家)として、 世界中にその名声が知れわたったルカ・ダットーマ氏が、 初めてコンサルタントとしての地位を脱し、 自身で所有するワイナリーです。 ワイナリーを設立したのは、2000年。 トスカーナの海沿い、ボルゲリの近くにある リパルベッラという町の近くの、30年間荒れ地だった 土地を購入して畑にしました。 それまで全くワインの生産地としては注目されて いなかった土地でワイン造りを始めた為、 まだまだ植えられている樹は若いのですが、 出来上がるワインの品質は、年々驚くべきスピードで 向上しています。 そのワインはデキャンタ誌で「Rising Star = 超新星」 として紹介されるなど、名だたるワインガイドから 高い評価を得るにいたっています。 ◆挑戦し続ける天才!「ルカ・ダットーマ」◆ 1964年生まれ。 ヴェネトのコネリアーノ醸造学校で醸造学を修めました。 卒業後は数多くのワイナリーで修行を積み、若いながらも その才能を開花。醸造には経験に基づく洞察力、 勘のようなものを必要とすると考える彼は、 トゥア・リータ社やレ・マッキオーレ社、ポッジョ・ピアーノ社 といった、トスカーナを中心に名だたるワイナリーの コンサルタントを経験し、その直感を更に磨きを掛け、 イタリアワイン界を担う醸造家として地位を確立してゆきました。 そんな彼を一言で表現するなら「挑戦し続ける天才」と言えます。 醸造家として成功を収めた後も、彼の品質向上への探究心は つきることがなく、ついには自身の理想を実現させるため、 無名の地リパルベッラでワイナリーを立ち上げることになりました。 ※天才、ルカ・ダットーマ氏とパートナーのエレナ・チェッリさん ◆ドゥエマーニ [2011] Duemani◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 リパルベッラ地区 ◆原産地呼称:コスタ・トスカーナ I.G.T. ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・フラン100% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆飲み頃温度:17℃ ◆オーガニック等の情報:ビオディナミ ◆オーガニック認証機関:Demeter ◆醗酵:オーク樽 3,000~4,000L、フレンチオーク/主醗酵後、オーク樽にてマロ・ラクティック醗酵 ◆熟成:オーク樽熟成15ヶ月 225L、仏産大樽にて、新樽比率50% ◆ワイナリー名:ドゥエマーニ ◆生産者:オーナー・ルカ・ダットーマ氏 ◆輸入元:株式会社モトックス様 ◆テイスティング◆ 深い色合いだが透明感があり、 カシス、スモークしたニュアンス! 口当たりが柔らかくタンニンが滑らかで、 ミネラル、酸のバランスが非常に良く、 最後の余韻に果実の風味が膨らみを見せる。 ※イタリアワインガイド評価誌「ヴェロネッリ」 ■イ・ヴィーニ・ディ・ヴェロネッリ■ I VINI DI VERONELLI 3レッドスター★★★97点獲得! ■ワイン評論家ジャンシス・ロビンソン氏の評価■ 20点中16.5点獲得!2011年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点95点獲得!2011年! ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!96点を獲得した2011年ヴィンテージ! ※『ザ・ワイン・アドヴォケイト』とはワイン購入情報誌(1978年米国発刊)(PPとはパーカーポイントの略語) ■ワイン・アドヴォケイト■ PP傑出!93点獲得!2011年ヴィンテージ!

ドゥエマーニ 2011 Duemani 送料無料 —— 11,800円

トスカーナ州

ファットリアポッジョアポッピアーノ フロッコ 2012 FATTORIA POGGIO A POPPIANO FLOCCO 100%新品,2016

メーカー希望小売価格 3,800円 が お買い得価格!2,780円! お得な26.9%OFF! ■カステッロ・ディ・ボルゲリ/CASTELLO DI BOLGHERI■ 数々のスーパートスカーナを世に輩出したトスカーナ州ボルゲリ地区。 その地の領主の象徴であるボルゲリ城(カステッロ・ディ・ボルゲリ) を相続したアルベルト・デッラ・ゲラルデスカ直系の子孫である フェデリコ・ジレリ伯爵によって造り始められたワインであり、 サッシカイアを造るサン・グイドのオーナー、 ニコロ・インチーザ・デッラ・ロッケッタやオルネライアを 世に送り出したロドヴィコ・アンティノリの両貴族から見ると ジレリ家は本家にあたります。 ※ワイナート40号P.102~103「ボルゲリ領主ゲラルデスカ家系図」より この葡萄園は今も城を囲む形にて位置しており、 以前は自社でのワイン造りは行わず、収穫した葡萄は 「親戚であるサン・グイドやオルネライアに譲る」 という高品質な葡萄を生産し、 2001年から良年のみワイン造りをスタートしました。 そして現在も所有する約50haの畑の内 最上の葡萄のみがカステッロ・ディ・ボルゲリに使われ 収穫された葡萄の10haはオルネライアへ 15haはサン・グイドへと販売されております。 ※ボルゲリ城↑↑ ■ファットリア・ポッジョ・ア・ポッピアーノ FATTORIA POGGIO A POPPIANO■ ポッジョ・ア・ポッピアーノは、 カステッロ・ディ・ボルゲリのオーナー フェデリコ・ジレリ伯爵がフィレンツェ西側の丘 モンテスペルトリ地方に所有するワイナリーです。 標高は250~300m、南-南西向きの痩せた粘土質土壌の畑から、 カステッロ・ディ・ボルゲリ同様、ポッジョ・ア・ポッピアーノ でも、ゲラルデスカ家の名に恥じぬ厳しい基準にて ワイン造りを行い高い品質のワインを生み出しております。 ※左:以前のヴィンテージ、フロッコの旧ラベル※右:オーナーのクレメンテ・ジレーリ・ダル・ヴェルメ氏 ◆ファットリア・ポッジョ・ア・ポッピアーノ フロッコ [2012] FATTORIA POGGIO A POPPIANO FLOCCO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 ◆原産地呼称:IGTトスカーナ (インディカツィオーネ・ジェオグラフィカ・ティピカ/Indicazione Geografica Tipica=地域特性表示ワイン=略:IGT) ※1992年に新設された分類で、フランスの「ヴァン・ド・ペイ」に相当する。 ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ80%、メルロー10%、カベルネ・ソーヴィニヨン10% (一部はカステッロ・ディ・ボルゲリの畑より収穫。) ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ◆醸造:除梗後セメントタンクにて発酵、14日間マセラシオン。 カステッロ・ディ・ボルゲリを熟成した500L樽にて12ヶ月熟成。 ◆生産者・ワイナリー名:ファットリア・ポッジョ・ア・ポッピアーノ ◆生産者よりコメント◆ エチケットと共にセパージュもかなり変わりました。 サンジョヴェーゼの比率が高くなり、 以前のフロッコよりもフローラルかつ華やかになり、 また優しく発酵を行なったため旨味が綺麗に出ており、 力強いタンニンも感じられます。 ※2000年ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー30%、サンジョヴェーゼ15%、カベルネ・フラン5% ※1999年ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆テイスティング◆ 光沢のあるルビー色。 ベリーやカシスの温かみのある果実味に、 赤い花や澄んだミネラルの香り。 きめ細やかなタンニンと共に、フレッシュな酸と 熟した果実味が広がるバランスの良い味わい。 優しい果実の旨味が口中に広がり、 長い余韻へと繋がります。 このワイン、フロッコは毎年作らない、 造っても70%はバルク売りをされてしまい、 実質的に残りの30%しか瓶詰めされないというこだわり。 ●バルク売りとは● ワインなどで樽に詰められたままのもの。日本では ワインをバルクで輸入し、日本国内で瓶詰めすることが多い。 バルクセール(bulk sale)金融機関が保有する 債権や資産を、第3者に対して譲渡(まとめ売り)をすること。 日本国内でも、2000ヴィンテージが関西のローカル番組 『たかじん胸いっぱい』 の番組内ブラインドテイスティング企画にて 『シャトー・マルゴー2002よりも高い』 と 間違えられた事によって話題となりました。 神の雫作者のコラムでオルネライア以上の高評価を獲得 2009/6/11発売のモーニング「神の雫」内のコラム「赤の亜樹直」 にてフロッコ2000が紹介されました。 『フランスワインに近いエレガンスを備えている。』 『見つけたら「買い」だ。』 と紹介されました。

ファットリアポッジョアポッピアーノ フロッコ 2012 FATTORIA POGGIO A POPPIANO FLOCCO 100%新品,2016 —— 2,200円

トスカーナ州

ポリツィアーノ キャンティ 2013 爆買い,本物保証

創業1961年、 現オーナーのフェデリコ・カルレッティ氏は 二代目を担っています。農学を修めた後、 北イタリアのワイン産地での経験を経て1980年に ポリツィアーノに入社。 最高品質のぶどうを収穫する目的のために、 最適な土壌やミクロクリマを求め、クローンを厳選し、 最適な植樹のレイアウトを施し、剪定法を研究しました。 醸造には最新技術を導入しながら細心の注意を払い、 厳選した熟成樽を使用しています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:キャンティD.O.C.G. ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ポリツィアーノ ◆コメント◆ 生産地域はキャンティ・コッリセネージです。 果実味豊かでまろやか、チェリーやスパイスの ニュアンスが感じられる芳醇なワインです。 即時お取り寄せ数量限定品! ■リゼルヴァ(イタリア語)とは?! <法制用語> 基準ワインより長い熟成をしたもの。 (仏)レゼルヴ/Reserve(英)リザーヴ/Reserve(伊)リゼルヴァ(リセルヴァ)/Riserva ■レゼルヴ(フランス語)とは?! <一般用語> (1)予備、リザーヴ、ストック (2)「ヴァン・ドゥ・レゼルヴ」「シャンパーニュ備蓄ワイン」のこと。 ノン・ヴィンテージにブレンドするため保存されたワイン。1年前、2年前のものなど。 (仏)レゼルヴ/Reserve(英)リザーヴ/Reserve(伊)リゼルヴァ/Riserva ■レセルバ(スペイン語)とは?! <法制用語> 「法制規定熟成ワイン」赤白ともに規定の樽熟にびん熟をクリアしたワイン。 (英)リザーヴ/Reserve(西)レセルバ/Reserva ■スペリオーレ(イタリア語)とは?! <法制用語> アルコール度を標準より(1~2度)高いものに付加する呼称。 (仏)シュペリュール/Siperieur(英)スーピリア/Supiria(伊)スペリオーレ/Superiore ■クラッシコ(イタリア語)とは?! <法制用語> 「伝統性中心地域」DOC、DOCGの地域内に重要中心的な区画として認められているもの。 例:「キャンティ・クラッシコ」は、キャンティ呼称の中の一定地をさす。常に上質とするもの。 (仏)クラシック/Classique(英)クラシック/Classic(伊)クラッシコ/Classico

ポリツィアーノ キャンティ 2013 爆買い,本物保証 —— 1,100円

トスカーナ州

ポリツィアーノ レスタンツェ 2010 定番人気,定番

創業1961年、 現オーナーのフェデリコ・カルレッティ氏は 二代目を担っています。農学を修めた後、 北イタリアのワイン産地での経験を経て1980年に ポリツィアーノに入社。 最高品質のぶどうを収穫する目的のために、 最適な土壌やミクロクリマを求め、クローンを厳選し、 最適な植樹のレイアウトを施し、剪定法を研究しました。 醸造には最新技術を導入しながら細心の注意を払い、 厳選した熟成樽を使用しています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:IGTトスカーナ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ポリツィアーノ ◆コメント◆ クラッシックなボルドースタイルのワインです。 豊かな果実味にペッパーやシナモンのニュアンス、 タンニンはなめらかでエレガントなワインです。 即時お取り寄せ数量限定品!

ポリツィアーノ レスタンツェ 2010 定番人気,定番 —— 5,600円

トスカーナ州

ポリツィアーノ ロッソディモンテプルチャーノ 2013 超激得,定番人気

創業1961年、 現オーナーのフェデリコ・カルレッティ氏は 二代目を担っています。農学を修めた後、 北イタリアのワイン産地での経験を経て1980年に ポリツィアーノに入社。 最高品質のぶどうを収穫する目的のために、 最適な土壌やミクロクリマを求め、クローンを厳選し、 最適な植樹のレイアウトを施し、剪定法を研究しました。 醸造には最新技術を導入しながら細心の注意を払い、 厳選した熟成樽を使用しています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:ロッソ・ディ・モンテプルチャーノDOC ◆ブドウ品種:プルニョーロ・ジェンティーレ、メルロー ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆アルコール度数:14.0% ◆容量:750ml ◆生産者:ポリツィアーノ ◆コメント◆ チェリーやベリー系果実の豊かな香りに、 ホワイトチョコレートやローストされた コーヒーのニュアンスが感じられます。 即時お取り寄せ数量限定品!

ポリツィアーノ ロッソディモンテプルチャーノ 2013 超激得,定番人気 —— 1,400円

トスカーナ州

ポリツィアーノ ヴィーノノービレモンテプルチャーノ 2011 人気セール,格安

創業1961年、 現オーナーのフェデリコ・カルレッティ氏は 二代目を担っています。農学を修めた後、 北イタリアのワイン産地での経験を経て1980年に ポリツィアーノに入社。 最高品質のぶどうを収穫する目的のために、 最適な土壌やミクロクリマを求め、クローンを厳選し、 最適な植樹のレイアウトを施し、剪定法を研究しました。 醸造には最新技術を導入しながら細心の注意を払い、 厳選した熟成樽を使用しています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノD.O.C.G. ◆ブドウ品種:プルニョーロ・ジェンティーレ、コロリーノ、カナイオーロ、メルロー ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ポリツィアーノ ◆コメント◆ チェリーやプラム、ブラックベリー、 ブルーベリーの香りにシナモンやクローブなどの スパイシーなアクセントが加わり、 凝縮されたテクスチャーが感じられます。 即時お取り寄せ数量限定品!

ポリツィアーノ ヴィーノノービレモンテプルチャーノ 2011 人気セール,格安 —— 2,800円

トスカーナ州

ポリツィアーノ ヴィーノノービレモンテプルチャーノアシノーネ 2010 数量限定,HOT

創業1961年、 現オーナーのフェデリコ・カルレッティ氏は 二代目を担っています。農学を修めた後、 北イタリアのワイン産地での経験を経て1980年に ポリツィアーノに入社。 最高品質のぶどうを収穫する目的のために、 最適な土壌やミクロクリマを求め、クローンを厳選し、 最適な植樹のレイアウトを施し、剪定法を研究しました。 醸造には最新技術を導入しながら細心の注意を払い、 厳選した熟成樽を使用しています。 ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノD.O.C.G. ◆ブドウ品種:プルニョーロ・ジェンティーレ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:ポリツィアーノ ◆コメント◆ アシノーネは1983年に 初めてリリースされた良年にのみ生産される 単一畑のヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノです。 アシノーネは大きなロバの意。 畑の形がロバの背中に似ていることに由来します。 タンニンはなめらかで非常にエレガントなワインです。 即時お取り寄せ数量限定品!

ポリツィアーノ ヴィーノノービレモンテプルチャーノアシノーネ 2010 数量限定,HOT —— 5,100円

トスカーナ州

モンテラポーニ キャンティクラッシコ 2012 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO 得価,100%新品

モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ◆モンテラポーニ キャンティ・クラッシコ [2012] MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆原産地呼称:D.O.C.G. CHIANTI CLASSICO ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ95%、カナイオーロ5% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13% ◆容量:750ml ◆標高:450-570m ◆平均樹齢:15年 ◆醸造◆ セメントタンクにて野生酵母のみにて発酵。 25日間のマセラシオン、定期的にピジャージュ、ルモンタージュ。 フランス、スラヴォニア産オークの大樽にて16ヶ月以上熟成。 1ヶ月セメントタンクにて休ませ、下弦の月の時期に 重力に従い無濾過無清澄にて瓶詰。 ◆テイスティング◆ クリスタルのように透明感のある淡い赤。 スミレやグリーンペッパー、ラズベリーの芳ばしい香りが感じられ、 綺麗なミネラル感が、フレッシュな果実味と調和し口中にて広がります。 タンニンはシルキー、ストラクチャーがしっかりとしていて、余韻も長いです。 エレガントかつ飲み疲れしない味わいです。 ◆2012ヴィンテージ情報◆ 2012ヴィンテージは9月に雨が多く、30%収量が落ちました。 しかし厳しい選別を行った為、品質は例年と比べても問題なく、 葡萄のピュアな旨味が感じられるエレガントなヴィンテージとなりました。 ■2012ヴィンテージ評価■ スローワイン・マガジン7-9月号「キャンティ・クラッシコ特集」 ●キャンティ・クラッシコTOP20 第2位獲得!2012年ヴィンテージ! ●ガンベロ・ロッソ 2ビッキエーリ獲得!2012年ヴィンテージ! ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点89点獲得!2012年! ※米国のワイン評論家ステファン・タンザー氏のインターナショナル・ワイン・セラー ■Stephen Tanzer's International Wine Cellar■ インターナショナル・ワイン・セラー92点獲得! アメリカの人気ワイン雑誌ワイン・エンスージアスト最新9月号にて 掲載キャンティ・クラシコ中最高得点となる95点を獲得した 「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・バロン・ウーゴ 2011」 バロン・ウーゴの他にも同号では、 キャンティ・クラッシコ・イル・カンピテッロ 2012が94点、 スタンダードキュヴェである キャンティ・クラッシコ 2013が 93点を獲得 しております。 ※輸入元インポーター様のご案内メールより引用

モンテラポーニ キャンティクラッシコ 2012 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO 得価,100%新品 —— 2,300円

トスカーナ州

モンテラポーニ キャンティクラッシコリゼルヴァ イルカンピテッロ 2011 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA IL CAMPITELLO お得,人気セール

モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ◆モンテラポーニ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ イル・カンピテッロ [2011] MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA IL CAMPITELLO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆原産地呼称:D.O.C.G. CHIANTI CLASSICO RISERVA ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ7%、コロリーノ3% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:14% ◆容量:750ml ■イル・カンピテッロ畑より収穫■ ◆標高:420m ◆平均樹齢:42年 ◆醸造◆ セメントタンクにて野生酵母のみにて発酵。 35日間のマセラシオン、定期的にピジャージュ、ルモンタージュ。 グルニエ社製の大樽にて26ヶ月以上熟成。 3ヶ月セメントタンクにて休ませ、 下弦の月の時期に重力に従い無濾過無清澄にて瓶詰。 ◆テイスティング◆ ガーネット色。 赤い果実やスパイスなどの、圧倒されるような凝縮感のある香り。 ハーブやフェンネル、エニシダのニュアンスも。 標高の高い、ガレストロ土壌にて育ったため、 綺麗な酸や美しいミネラル感が現れます。 タンニンは力強いですが細かく滑らか。 非常に上品な味わいです。 ※2013年ウェブサイトVinous設立 世界トップクラスのワイン評論家 ※アントニオ・ガローニ氏の経歴(ワイン愛好家・ワインアドヴォケイト) ■ワイン評論家アントニオ・ガローニ氏の評価■ Vinousmedia.com 高得点89点獲得!2011年! アメリカの人気ワイン雑誌ワイン・エンスージアスト最新9月号にて 掲載キャンティ・クラシコ中最高得点となる95点を獲得した 「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・バロン・ウーゴ 2011」 バロン・ウーゴの他にも同号では、 キャンティ・クラッシコ・イル・カンピテッロ 2012が94点、 スタンダードキュヴェである キャンティ・クラッシコ 2013が 93点を獲得 しております。 ※輸入元インポーター様のご案内メールより引用

モンテラポーニ キャンティクラッシコリゼルヴァ イルカンピテッロ 2011 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA IL CAMPITELLO お得,人気セール —— 4,300円

トスカーナ州

モンテラポーニ キャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴ 2011 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO HOT,お買い得

モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ◆モンテラポーニ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ バロン・ウーゴ [2011] MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆原産地呼称:D.O.C.G. CHIANTI CLASSICO RISERVA ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ90%、カナイオーロ7%、コロリーノ3% ◆タイプ:赤・フルボディ ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ■バロン・ウーゴ畑より収穫■ ◆標高:570m ◆平均樹齢:39年 ◆醸造◆ セメントタンクにて野生酵母のみにて発酵。 30~35日間のマセラシオン、定期的にピジャージュ、ルモンタージュ。 グルニエ社製の大樽にて36ヶ月間熟成。 セメントタンクにて休ませ、 下弦の月の時期に重力に従い無濾過無清澄にて瓶詰。 ◆テイスティング◆ ガーネットがかった透明感のあるルビー。 ブラックカラントやチェリー、スミレ、 腐葉土などの複雑かつ圧倒的な香り。 アタックはスムーズ、エレガントな香りが広がり、 ワインの偉大さがすぐに認識できます。 綺麗な酸味やミネラル、キメの細かいタンニンが 広がり、余韻まで綺麗に流れます。 このワイナリーの最上級の位置付けであり、 最良のヴィンテージにしか生産しません。 ※アメリカの人気ワイン雑誌「ワイン・エンスージアスト」 ■Wine Enthusiast Point■ ワイン愛好家95点獲得!2011年ヴィンテージ! アメリカの人気ワイン雑誌ワイン・エンスージアスト最新9月号にて 掲載キャンティ・クラシコ中最高得点となる95点を獲得した 「キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・バロン・ウーゴ 2011」 バロン・ウーゴの他にも同号では、 キャンティ・クラッシコ・イル・カンピテッロ 2012が94点、 スタンダードキュヴェである キャンティ・クラッシコ 2013が 93点を獲得 しております。 ※輸入元インポーター様のご案内メールより引用

モンテラポーニ キャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴ 2011 MONTERAPONI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO HOT,お買い得 —— 6,800円

トスカーナ州

モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコ イルカンピテッロ MONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO IL CAMPITELLO 数量限定,限定セール

◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・イル・カンピテッロのヴィナッチャ(搾りかす)から蒸留 ◆アルコール度数:42% ◆容量:500ml ◆蒸留:蒸気式蒸留器を使用。 ◆蒸溜所:ナンノーニ社 シエナとグロッセートの間に位置するパガニコ村の蒸溜所。 サンジョヴェーゼやブルネッロのなど、 トスカーナの土着品種の個性を引き出す蒸留技術に定評があり、 トスカーナのグラッパ造りの第一人者です。 サシカイアやオルネライアなどのグラッパもこの蒸溜所から生み出されます。 ◆テイスティング◆ 白い花などのフローラルな香りに 白胡椒などのスパイスのニュアンスが加わり複雑な香り。 アタックは柔らかく、エキス分の濃い 果実味とともに優しいアルコール感が口中に広がります。 ハーブの爽やかな香りと共に綺麗な ミネラル感もバランス良く感じられます。 キャンティ(Chianti)とは、イタリア中部の地名を指す。 シエナとフィレンツェの中間ぐらいの位置ともに、 D.O.C.G.ワイン「キャンティ」を意味する。 キャンティ・クラシコ(Chianti Classico)とは、 そのなかでも特に歴史があって優れたキャンティを生産する 地域と、そこで産出されるワインを指す。 ワインとしてのキャンティ・クラシコ及び キャンティは、サンジョベーゼ種を主とするが、 かなり幅広い種との混醸が認められる。 かつて、トレッビアーノ種などの白ワイン用の種との混醸を 指定されていた時代においては薄っぺらい品が多かったが、 近年はそうでもなく、サンジョベーゼ単体の品や、 外来品種との混醸も見受けられ、品質が向上している。 ブローリオやアンティノリといった大手メーカーが有名だが、 数限りないメーカーが、さまざまな キャンティ・クラシコ及びキャンティを製造している。 ●7つのコムーネ(市町村)キャンティクラシコの指定地区と2つの地域● ◆1)カステッリーナ イン キャンティ ◆2)ラッダ イン キャンティ ◆3)ガイオーレ イン キャンティ ◆4)グレーヴェ イン キャンティ ◆5)サンカッシャーノ ヴァル ディ ペーサ ◆6)バルベリーノ ヴァルデルサ ◆7)タヴァルネッレ ヴァル ディ ペーサ ◆8)カステルヌオーヴォ ベラルデンガ ◆9)ポッジボンシ ●キャンティとキャンティクラシコの違い● イタリア・トスカーナを代表するワイン、 キャンティ・クラシコ(Chianti Classico)とキャンティ(Chianti)。 よく似た名前なので、一見、キャンティの古酒をキャンティ・クラシコと 呼ぶのと思ってしまいそうですが、 キャンティとキャンティ・クラシコは全く違うワインです。 1716年、トスカーナ大公によりキャンティ地域が設定され、 その畑で栽培されたブドウを使用して醸造することを条件に キャンティは誕生しました! この時設定された元祖キャンティとも言える地域が 現在のキャンティ・クラシコのエリアですが、 1861年にイタリア王国が成立して政治体制が変わると、 統一前の約束事は徐々に守られなくなり、キャンティ地域以外の ブドウを使った質の良くないキャンティが醸造されるようになりました。 20世紀に入るとキャンティの名前を付ける地域が拡大し、 粗製濫造状態に。そのため歴史と伝統を重んじる生産者たちは キャンティを守ろうと、1924年に保護組織を作りました。 「ガッロ・ネロ★黒い雄鳥」 をシンボルとする キャンティ・クラシコ協会です。 1932年、キャンティ地域の設定は大幅に拡大されて 7つのエリアに分かれ、 キャンティ・クラシコ地域で栽培したブドウを使ったワインが キャンティ・クラシコと呼ばれるようになりました。 イタリアのワイン法は1963年から施行されましたが、 当初キャンティ・クラシコはキャンティに含まれていました。 キャンティは1984年にDOCG(統制保証付原産地呼称ワイン)に 昇格しましたが、キャンティ・クラシコはキャンティの 1つのエリアに過ぎませんでした。 キャンティ・クラシコがキャンティから独立し、 単独のDOCGを獲得したのは1996年です。 そして2010年にはキャンティ・クラシコ地域での キャンティの生産は禁止され、 キャンティとキャンティ・クラシコは 完全に分離されました。 キャンティ・クラシコとキャンティでは使用するブドウの比率や 醸造期間が異なります。 トスカーナのワインの特徴とも言えるサンジョヴェーゼの使用比率は、 キャンティが75%以上なのに対し、キャンティ・クラシコは80%以上。 その他のブドウを最大20%まで使用することができますが、 他の品種を一切ブレンドせず、サンジョヴェーゼ100%で造ることも 行われます。 ただし、2006年以降、白ブドウの混醸は禁止となりました。 キャンティ・クラシコとキャンティでは熟成期間も違い、 キャンティよりもキャンティ・クラシコの方が長い期間熟成されます。 フィレンツェからシエナの丘陵地に広がるキャンティ・クラシコ地域は、 9つの地域に細分化され、ワイナリーごとに特徴がはっきりした こだわりのワインを造っています。 キャンティ・クラシコとは、歴史と伝統を自負し、 クオリティを向上させてきた誇り高いワインなのです。 ※キャンティ・クラッシコやキアンテイ・クラシコなどは、 アルファベットは一緒ですが外国語の発音の違いです。 ※日本語に翻訳する輸入元のワイン名の表記、 各国による呼び方のイントネーションの違いです。 モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ※ワインガイド各誌評価文章抜粋 ■ガンベロ・ロッソ2014■ モンテラポーニがキャンティ・クラッシコの世界にデビューしたのはつい最近だが、 伝統的なスタイルにて注目され、タイムスリップしたかのような錯覚に陥る魅力がある。 ラッダのサンジョヴェーゼを最大限表現するのが目的です。 デリケートな香りや溌剌とした果実香が交互に現れ、 エネルギーや旨味のあるワイン。 ■スローワイン2014■ オーナーのミケーレは家族が70年代に購入したワイナリーであり、 上品かつテロワールを表現したワインを生み出し、その才能を発揮した。 モンテラポーニは時の止まった場所のように、刹那的な美しさを持つ場所です。 ミケーレはそのエッセンスを理解し、古い畑や環境を守りながら、 ワインを通して表現しました。 醸造方法はシンプルかつピュア、手作り感があり、 テロワールが綺麗に表現されている。 ■ビベンダ2014■ モンテラポーニは汚れのない環境にあり、森に囲まれた野性的な場所です。 土着品種やテロワールのアイデンティティに強くこだわり、 ビオロジックにて栽培しています。 バロン・ウーゴは感動した。 完璧にバランスが取れており、タンニンはきめ細かく余韻が長い。 ●イタリアワインガイド各誌と移り変わり● ◆1)イタリアで出版されるワインガイド(評価本)といえば、 ガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)と、スローフード(Slow Food) 共同出版のヴィーニ・ディタリア(VINI D'ITALIA) ◆2)イタリアソムリエ協会によるドゥエミラヴィーニ(DUEMILAVINI) ◆3)ヴェロネッリ出版(Veronelli)のイ・ヴイーニ・ディ・ヴェロネッリ(I VINI DI VERONELLI) ◆4)エスプレッソ出版(Espresso)のヴィーニディタリアVINI D'ITALIA(VINI D'ITALIA) ◆5)ルカ・マローニ(Luca Maroni)のグイダ・ディ・ヴィーニ・イタリアーニ(GUIDA DEI VINI ITALIANI) ■スローワイン/SLOW WINE■ ガンベロロッソは、一番評価が高いワインにはトレビッキエーリの マークがつけられることで知られている有名なワインガイド。 ガンベロロッソとスローフード共同出版でしたが、両者の関係は解消され 今後はガンベロ・ロッソのみで、引き続き出版する事にになりました。 一方、スローフードは2011年度版から新しく 「スローワイン」というワインガイドを出版することになりました。 ■ビベンダ/BIBENDA■ イタリアソムリエ協会が編集する「ドゥエミラヴィーニ」の名称が、 2013年版から「ビベンダ」に変わりました。これは出版社名から取ったものです。 また、レストランの評価も一緒に載るようになりました。 ブドウの房を使った評価に変更はありません。

モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコ イルカンピテッロ MONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO IL CAMPITELLO 数量限定,限定セール —— 7,700円

トスカーナ州

モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴMONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO 新作入荷,安い

◆モンテラポーニ グラッパ・ディ・キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ バロン・ウーゴ MONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 シエナ ラッダ・イン・キャンティ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ、カナイオーロ、コロリーノ キャンティ・クラッシコ・リゼルヴァ・バロン・ウーゴのヴィナッチャ(搾りかす)から蒸留。 ◆アルコール度数:42% ◆容量:500ml ◆蒸留:蒸気式蒸留器を使用。 ◆熟成:バリックにて27ヶ月熟成。 ◆蒸溜所:ナンノーニ社 シエナとグロッセートの間に位置するパガニコ村の蒸溜所。 サンジョヴェーゼやブルネッロのなど、 トスカーナの土着品種の個性を引き出す蒸留技術に定評があり、 トスカーナのグラッパ造りの第一人者です。 サシカイアやオルネライアなどのグラッパもこの蒸溜所から生み出されます。 ◆テイスティング◆ 綺麗な琥珀色。白い花等のフローラルな香りに胡椒、 シナモン、バニラなどの幾種ものスパイス香が加わり 複雑かつアロマティックな香り。 滑らかな口当たりから果実味が綺麗に感じられ、 口中で大きく広がります。余韻にかけても スパイシーさが感じられ、果実の芳醇な香りが鼻に抜けます。 モンテラポーニは、キャンティ・クラッシコの中でも特に標高が高く、 繊細でエレガントなサンジョヴェーゼが生み出される銘醸地 ラッダ・イン・キャンティの丘に位置します。 モンテラポーニの畑とセラーは998年より存在しており、 当時の所有者はトスカーナを治めるウーゴ男爵でした。 その後修道院の手に渡り、現在のオーナーである ブラガンティ家が購入したのは1974年のことです。 現在所有する土地は全部で200ha。 その中で葡萄畑は10ha、その他オリーブや穀物なども育てております。 ●栽培特記事項● モンテラポーニでは、テロワールを最大限尊重した栽培を目指し、 2003年からビオロジックに切り替え、 2009年からはICEAの認定も取得しております。 畑は標高420m~570mに位置し、昼夜の寒暖差が激しく、 砂や粘土、アルベレーゼ(石灰岩)、ガレストロ(泥灰岩) の入り混じる非常に複雑な土壌です。 キャンティ・クラッシコが造られる若い畑は、 バロン・ウーゴ畑のある丘の斜面下部に位置します。 この畑にて栽培される樹はすべてバロン・ウーゴの畑から マサールセレクションされたものです。 仕立てはギュヨ。畝の間に様々な植物を植え、 緑肥を行い土壌を健康に保っております。 更に上部へ上がるとバロン・ウーゴの畑。 見下ろすとモンテラポーニの屋敷や森に囲まれた イル・カンピテッロの畑が見えます。 土壌は9割がアルベレーゼ、残りはガレストロなど。 表面には砕けたアルベレーゼや石英などがゴロゴロと転がり、 これが反射熱をもたらし成長を促します。 高樹齢の樹が点在するように見えますが、 病気等になった樹は植え替えるため、 隙間には新しい樹が植えられています。 バロンウーゴの畑と、斜面下の若い畑は南東向き。 朝から日光が当たり、成長を促進させます。 イル・カンピテッロの畑はワイナリーの 近くの森に囲まれた所に位置し、斜面は南西向き。 この畑が一番標高が低く、生育状況が早いといいます。 土壌はバロンウーゴに比べガレストロが多く、アルベレーゼと半々位。 斜面に転がる石も細かいものが多いです。 また、モンテラポーニの畑には数カ所、人工の池も。 ここに様々な植物があるため、蜘蛛や蜂などを呼び込み、 害虫を駆除するといいます。 様々な野鳥や魚なども生息し、モンテラポーニの畑において 小さな生態系が出来上っています。 ●醸造特記事項● 畑にて選別され手作業にて収穫された葡萄は、 素早くワイナリーに運ばれ、ブルゴーニュでも 使われている除梗機「Demoisy」によって除梗、粒単位の選別。 サンジョヴェーゼはピノ・ノワール同様、果皮がデリケートな品種ですが、 この除梗機だと優しく除梗されるため、果皮を傷つけず 香味が最大限表現されるといいます。 ワイナリーはウーゴ男爵の時代、10世紀からの建物を 改装し使用。醸造での人的介入は必要最低限に留められ、 発酵はセメントタンクにて野生酵母のみ、 温度管理もせずに行われます。 バロン・ウーゴの醸造にはノンブロ社の楕円形の セメントタンクを使用します。ノンブロ社は セメントタンクのリーダー的存在であり、最近自然派生産者に 流行の卵型セメントタンクもノンブロ社が開発したものです。 この楕円形のセメントタンクも卵型と同じく、 内部にて対流が起こる為タンク内上部と下部の温度差が少なく、 また自然なルモンタージュの効果が得られます。 この楕円形セメントタンクは、シャトー・ポンテ・カネ、 ハーラン・エステートなどの有名生産者も使用しております。 MLF後は伝統的な大樽にて熟成されます。 キャンティ・クラッシコの熟成にはフレンチ、スラヴォニアンオークの 大樽を併用し、バロン・ウーゴと、イル・カンピテッロの熟成には グルニエ社の楕円形の大樽を使用。 グルニエ社はブルゴーニュのトネリエであり、大樽のみを生産する職人。 受注する際は生産者を訪問し、セラーのサイズや醸造スタイルなどを 見極めてから特注品を制作するトネリエのため、 生産量は非常に少なく、年間100個程度とのこと。 ブルゴーニュではDRCやフィリップ・パカレなどがここの大樽を使っています。 除梗機や熟成樽など、ブルゴーニュにて使われている器具が多いですが、 やはりブルゴーニュは世界でもクリュの概念が最も浸透している地域であり、 自分もラッダ・イン・キャンティのテロワールを表現したくてワイン造りを 行っている為、必然的にブルゴーニュに似たものになるとのこと。 パカレやジャック・フレデリック・ミュニエなどとも親交があります。 また、モンテラポーニのワイン造りの説明を受ける中印象に残ったフレーズが、 ■「重みのない力強さ」■ この表現のためにすべての醸造方法を考えているとのことでした。 醸造家には、2007年より、伝統的なスタイルの醸造に定評のある マウリツィオ・カステッリを採用しております。 ※マウリツィオ・カステッリ トスカーナを中心に活躍する醸造家。 過度な技術介入は控え、「サンジョヴェーゼ本来の姿」の表現を旨とし、 クラシックなスタイルを目指す生産者から絶大な人気を誇ります。 グラッタマッコやマストロヤンニ、コル・ドルチャ、 ポデリ・ボスカレッリなど、現在のコンサルタント先は30以上にのぼります。 ※ワインガイド各誌評価文章抜粋 ■ガンベロ・ロッソ2014■ モンテラポーニがキャンティ・クラッシコの世界にデビューしたのはつい最近だが、 伝統的なスタイルにて注目され、タイムスリップしたかのような錯覚に陥る魅力がある。 ラッダのサンジョヴェーゼを最大限表現するのが目的です。 デリケートな香りや溌剌とした果実香が交互に現れ、 エネルギーや旨味のあるワイン。 ■スローワイン2014■ オーナーのミケーレは家族が70年代に購入したワイナリーであり、 上品かつテロワールを表現したワインを生み出し、その才能を発揮した。 モンテラポーニは時の止まった場所のように、刹那的な美しさを持つ場所です。 ミケーレはそのエッセンスを理解し、古い畑や環境を守りながら、 ワインを通して表現しました。 醸造方法はシンプルかつピュア、手作り感があり、 テロワールが綺麗に表現されている。 ■ビベンダ2014■ モンテラポーニは汚れのない環境にあり、森に囲まれた野性的な場所です。 土着品種やテロワールのアイデンティティに強くこだわり、 ビオロジックにて栽培しています。 バロン・ウーゴは感動した。 完璧にバランスが取れており、タンニンはきめ細かく余韻が長い。 ●イタリアワインガイド各誌と移り変わり● ◆1)イタリアで出版されるワインガイド(評価本)といえば、 ガンベロ・ロッソ(Gambero Rosso)と、スローフード(Slow Food) 共同出版のヴィーニ・ディタリア(VINI D'ITALIA) ◆2)イタリアソムリエ協会によるドゥエミラヴィーニ(DUEMILAVINI) ◆3)ヴェロネッリ出版(Veronelli)のイ・ヴイーニ・ディ・ヴェロネッリ(I VINI DI VERONELLI) ◆4)エスプレッソ出版(Espresso)のヴィーニディタリアVINI D'ITALIA(VINI D'ITALIA) ◆5)ルカ・マローニ(Luca Maroni)のグイダ・ディ・ヴィーニ・イタリアーニ(GUIDA DEI VINI ITALIANI) ■スローワイン/SLOW WINE■ ガンベロロッソは、一番評価が高いワインにはトレビッキエーリの マークがつけられることで知られている有名なワインガイド。 ガンベロロッソとスローフード共同出版でしたが、両者の関係は解消され 今後はガンベロ・ロッソのみで、引き続き出版する事にになりました。 一方、スローフードは2011年度版から新しく 「スローワイン」というワインガイドを出版することになりました。 ■ビベンダ/BIBENDA■ イタリアソムリエ協会が編集する「ドゥエミラヴィーニ」の名称が、 2013年版から「ビベンダ」に変わりました。これは出版社名から取ったものです。 また、レストランの評価も一緒に載るようになりました。 ブドウの房を使った評価に変更はありません。

モンテラポーニ グラッパディキャンティクラッシコリゼルヴァ バロンウーゴMONTERAPONI GRAPPA DI CHIANTI CLASSICO RISERVA BARON UGO 新作入荷,安い —— 9,500円

トスカーナ州

ランコーレ 2009 RANCORE ムンクの叫び 定番,新品

メーカー希望小売価格 6,900円 が お買い得価格!5,300円! お得な23.2%OFF! ◆イタリアのピノ・ネロとは?!◆ イタリアのピノ・ネロ/Pinot Neroは、 フランスのピノ・ノワール/Pinot Noir、 ドイツではシュペートブルグンダー/Spatburgunderと 呼ばれており、非常に有名なブドウ品種です。 現地イタリアで入手できるのは フィレンツェのレストラン6件と ボルゲリにあるワインショップ1件のみ! フランシス・フォード・コッポラ (⇒カリフォルニアワイン生産者)からの誘いを断った男! サンジョヴェーゼの巨匠、アンドレア・パオレッティが 造る、極少量生産のスーパーマイクロトスカーナ! ムンクの「叫び」がエチケットに描かれ、 「恨み」と名付けられたトスカーナワイン! 「ランコーレ」 アンティノリを始め、オルネライア、イゾレ・エ・オレーナ、 カイアロッサなど数々の有名ワイナリーにて栽培を指導してきた パオレッティ氏が自ら手掛け、コンサルタントとしてでは 表現しきれなかった自分の哲学を100%反映させた 年産約5000本の珠玉(しゅぎょく)のワイン です。 トスカーナの土着品種であるサンジョヴェーゼの他、 パオレッティ氏が「上品なフランスの女性の様」と形容する 伊:ピノ・ネロ(仏:ピノ・ノワール)がブレンドされているのも特徴です。 ※ANDREA PAOLETTI(アンドレア・パオレッティ) かつてアンティノリの栽培を全て任されその後世界中をコンサルタントとして 飛び回る栽培・醸造コンサルタント「アンドレア・パオレッティ」。 アンオレア・パオレッティはアンティノリの栽培家から1995年にフリーに転身し、 現在はオルネライア、イゾレ・エ・オレーナ、カイアロッサなどトスカーナの トップワイナリーを始めとする、数々のワイナリーにてコンサルタントを 行なっております。 アンドレア・パオレッティには、 カリフォルニアのプレミアム・ワイン 『ルビコン』で知られる映画監督フランシス・フォード・コッポラからの 依頼をあっさりと断った。 という面白いエピソードがあります。 このエピソードはパオレッティの人柄を良く現わしており 『キャパシティ以上の仕事を受けると仕事の質が下がる。』 というのが理由だそうです。 それはアンドレア・パオレッティが手掛ける畑から見受けられる 細部にまでこだわった作業を見れば納得がいきます。 ◆パオレッティの畑仕事◆ アンドレア・パオレッティが何故『イタリアにおいて一番腕の良い醸造・栽培家の一人』と 呼ばれるかというと、畑仕事の量や指示の細かさなどが 今までにない程、丁寧かつ的確なことが挙げられます。 どれだけ細かい作業を行うかという一例をあげると たとえばサンジョヴェーゼをギュヨーにて仕立てる場合。 葡萄の樹は等間隔に植えられ、ワイヤーに結わえ付ける前年の梢の 湾曲させる角度も全て同じに揃えます。 更に芽がすべて等間隔に揃うように芽かきを行います。 しかも等間隔にするのは1本の梢だけでなく ワイヤーに結わえ付けられた全ての梢の芽が等間隔になるようにします。 更に、各新梢につける房は2~3房、1房に対して8枚の葉を残します。 この手間の掛かる作業は各房の成熟度合いの均一化を目指すのが目的です。 もちろんこれは一般的なサンジョヴェーゼのクローンでの一例なので グロッソならばグロッソなり、カベルネならカベルネなりの 芽の間隔や葉と房の適正なバランスがあります。 これだけ質の高い仕事を隅から隅まで行っていれば 受けられるコンサルタントの数に限りがあるのも頷けます。 ランコーレが産み出される畑では主に地面に近い高さで仕立てた「コルドン」を採用。 地面からの熱が葡萄をよく完熟させるとの事。 また珍しいのが、日差しの強い南イタリアにてよく見られる 「アルベレッロ」という仕立ても採用。 アルベレッロは葉を傘の様に仕立てる事で果房に日陰を作ってあげる仕立てです。 直射日光を受け続けることで果皮に含まれる香味成分が失われるのを防ぎます。 サンジョヴェーゼの魅力を余す事無く表現したいランコーレにとっては最適な仕立てです。 余談ですがオルネライアが造るプレミアムメルロー・マッセトの畑でも パオレッティの進言により試験的にアルベレッロを導入したとのことです。 ※強烈なインパクトのエチケット、そしてワイン名 サンジョヴェーゼを扱う世界No.1のワインメーカーとも称される アンドレア・パオレッティが、年間約5000本のみしか作らない というだけでもそれなりのインパクトがある事に加えて エチケットのデザイン、そしてワインの名前も強烈なインパクトがあります。 エチケットの中央にはノルウェー出身のエドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」が そしてワイン名のRANCORE(ランコーレ)とは「恨み」です。 勿論『何故このデザイン。そして名前?』 という事を確認しましたが 『自分で考えてみな』とでも言わんばかりに、簡単には答えてはくれませんでした。 ワインの味わいはラベルや名前とは裏腹に 『さすがイタリアで一番の栽培・醸造家』と頷けるワインに仕上がっております。 「丁寧に栽培され、葡萄のポテンシャルに合わせた絶妙な樽使い」 サンジョヴェーゼの魅力が思う存分に楽しめる 名前やラベルのイメージからは程遠い、幸せな気分にさせてくれます。 ここからは仮説です。 なぜ『叫び』であり『恨み』なのか。 それは過剰な抽出や強い樽香を好む一部の生産者への メッセージではないでしょうか? 葡萄やテロワールの個性を発揮してもらえず世に送り出されたサンジョヴェーゼの 恨みであり本来の魅力を発揮できなかった サンジョヴェーゼの叫びなのではないでしょうか? 是非皆様が実際に手に取って頂き ワインに隠した生産者の真のメッセージを見つけて頂ければ幸いです。 ダニエル・トマセスがイタリアの代表的経済紙「Il Sole-24 Ore紙」の ウェブ・サイトにてランコーレを以下のように紹介しております。 ◆掲載文章抜粋◆ ⇒ [タイトル:パオレッティの5000本] イタリアで一番腕の良い醸造・栽培家の一人のアンドレア・パオレッティ。 80年代の後半にフィレンツェ大学を卒業した若いパオレッティは シャトー・ラフィット・ロートシルトなどで研修を経て 30歳になる前にはアンティノリの全栽培責任者 になった。 1995年より現在至るまでフリーでイタリア、トルコ、グルジア、モンテネグロ ハンガリー、欧米等の様々な国でコンサルタントとして活躍している。 ナパヴァレーでワインを造っている映画監督のフランシス・コッポラも パオレッティを採用したかったが断られたと言う。 パオレッティには輝かしい経歴があるが 彼自身はコンサルタントの仕事だけでは満足していないようだ。 恐らくコンサルタントとしてでは100%自分の哲学を ワインに表現できないから自分自身のワインが必要だと感じたのだろう。 パオレッティはフィレンツェの南に自分で植えた葡萄から「ランコーレ」を産み出した。 サンジョヴェーゼに関する知識に世界で最も長けているのは パオレッティかもしれない。年産はたったの5000本。 皆さんはモダンなテクノロジーとテロワールに対する パオレッティの情熱の融合を感じる事ができるだろう。 ◆ランコーレ [2009] RANCORE 「ムンクの叫び」◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ ◆原産地呼称:I.G.T. TOSCANA ROSSO ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ80%、メルロー15%、ピノ・ネロ5% ◆収穫:手作業で完熟した房のみを選別しながらの収穫。 ◆醸造:20~28日間30℃の定温にて発酵・マセラシオン。 ◆熟成:フレンチオークの1年使用トノー(300l)にて12ヶ月熟成後、瓶熟12-24ヶ月。 ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆生産者:アンドレア・パオレッティ/ANDREA PAOLETTI ◆輸入元:株式会社ヴィントナーズ様/VINTNERS INC. ◆テイスティング◆ アンドレア・パオレッティ曰く 「サンジョヴェーゼは陽気なイタリアの女性」 「ピノ・ノワールは上品なフランスの女性」 どちらも魅力的だから混ぜて見たとのこと。 果実味に溢れサンジョヴェーゼらしい伸びやかな酸に ピノ由来の独特の熟したプラムの香りや儚げなニュアンスが 加わった独特の味わいです。

ランコーレ 2009 RANCORE ムンクの叫び 定番,新品 —— 4,400円

トスカーナ州

ルーチェデッラヴィテ 2011 Luce della Vite 100%新品,格安

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Luce della Vite 2009年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 91点獲得!早めに 2006年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 96点!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ※神から与えられた光♪ルーチェ ◆ワインへの情熱と卓越した醸造技術から生まれたワイン◆ ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、 1995年に、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィという、 ワインへの情熱と、卓越したワイン醸造の技術を持った、 20世紀を代表する二人のワイン醸造家によって創設されたワイナリーです。 ヴィットリオの息子、ランベルト・フレスコバルディは、 父とモンダヴィが持っていた高い志と成功への確信を引き継ぎ、 これを、未来へと推進する栄誉を担っています。 現在、このワイナリーは、 マルケージ・フレスコバルディのホールディング・カンパニー、 テヌーテ・ディ・トスカーナの所有となっています。 ◆神から与えられた光♪ルーチェ◆ 輝く太陽とそれを取り巻く12の炎を持つコロナ。 中央イタリアの都市を訪れる人々は、フレスコバルディ家が寄進した土地に建てられた、 フィレンツェのサント・スピリート教会の祭壇を始めとする、歴史的な建物の柱や扉に、 その太陽の紋章が刻まれているのを目にすることでしょう。 この太陽は、神から人類に与えられた光を意味しています。 ぬくもりを与え、生物を養い、ワインを構成する要素を創造する力。 その光によって、モンタルチーノの恵み豊かな土地で、 サンジョヴェーゼとメルローというブドウに力が満ち、 ルーチェというワインが生み出されるのです。 サンジョヴェーゼ種とメルロー種というセパージュを、 モンタルチーノの地で初めて取り入れたのが、この「Luce」です。 メルロー種の柔らかさ・まろやかさと、 サンジョヴェーゼ種のしっかりしたボディ・エレガントさを結び付けることは、 いかにも妥当な発想のようでありながら、それを成す者がいませんでした。 世界的に専らサンジョベーゼ種の品質価値が認められていた Brunello di Montalcino(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ)の地で、 Marchesi de’ Frescobaldi(マルケーゼ・ディ・フレスコバルディ)家と Robert Mondavi(ロバート・モンダヴィ)家のコラボレーションによって 初めて実現した革新的なひとつの「作品」ともいえるのがこのワインなのです。 2002年からは、一切の責任が委ねられた Lamberto Frescobaldi(ランベルト・フレスコバルディ)が、 この地に由来するサンジョヴェーゼ種という伝統品種と、 モンタルチーノに1976年に導入されたメルロー種の融合を 遂げた「Luce」の歴史を刻み続けています。 ※ヴィットリオ・フレスコバルディ氏フィレンツェ生まれとロバート・モンダヴィ氏ヴァージニア州ミネソタ生まれ ◆Luce 2011◆ 2011年は春先に非常に雨量が多かったため、 ワイン生産に携わる者にとってはブドウ樹の成長管理及び 病害対策等に置いて課題を多く抱えることになった年とも言えます。 しかし、同時にその雨のおかげで、地下層に水を豊かに貯える ことができました。夏は、程よい降水と日照りの良い日が同程度で 交互に現れる日々となりました。 9月に入り、日中は暑くしっかりと太陽が照りつけ、朝晩はとても涼しく、 ブドウの生育には最適な日々を経て、収穫を迎えました。 大地の恵みをしっかりうけたブドウは、カンティーナに届いた時には どれも完璧な熟成状態となっていました。 ◆ルーチェ・デッラ・ヴィテ [2011] Luce della Vite◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 モンタルチーノ地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ45%,、メルロー55% ◆アルコール度数:14.5% ◆容量:750ml ◆合う料理:仔羊のロ-スト、フィレンツェ風ステーキ(Tボーン)等に向き、スパイシーな風味を加えた肉料理全般 ◆収量:1ヘクタールあたり34hl/ha ◆生産総本数:67,000 本 ◆収穫時期:サンジョヴェーゼ10月第一週、メルロー9月第一週 ◆収穫時糖度:サンジョヴェーゼ248g/l 、メルロー260g/l ◆収穫時酸度サンジョヴェーゼ7.20g/l 、メルロー6.45g/l ◆収穫時PH度:サンジョヴェーゼ3.21、メルロー3.38 ◆発酵:タンクステンレス製 Inoxタンク温度管理機能付き ◆発酵温度:30℃ ◆発酵期間:12日間 ◆マセラシオン期間:4週間 ◆発酵:マロラクティック発酵バリックにて完了 ◆熟成:容器オーク材バリック(新樽100%) ◆熟成期間:24ヶ月 ◆ボトリング:2012年12月瓶詰め ◆酸量:6.35g/l ◆PH度:3.49 ◆セカンド:ルチェンテ ◆ワイナリー名:ルーチェ・デッラ・ヴィーテ ◆生産者:フレスコバルディ&ロバート モンタヴィ ◆テイスティング◆ Luce2011は深く凝縮した真紅色の外観を持ち、 香りはとても繊細で、ブルーベリーやクロイチゴ、 フサスグリ等の小さな果実の香りとともに、 シナモンやナツメグ等のスパイス、 そしてミントの爽快感のある香りを感じることができます。 味わいはまろやかで心地よく、それでいながらも しっかりとした酸とシルクのようなタンニンが、 ワイン全体の骨格を作り上げています。 後味は深いミネラルの感覚が幾層にも重なりながら、 味わいの高まりを感じさせてくれます。 ※ギルバート&ガイヤール・フランス主要ワインガイド ■GILBERT GAILLARD WINE GUIDE■ Gilbertgaillard.com 91点獲得!2011年ヴィンテージ! ※アメリカの名声あるワイン雑誌「ワイン・スペクテイター」 ■Wine Spectator Point■ ワイン・スペクテイター95点獲得!

ルーチェデッラヴィテ 2011 Luce della Vite 100%新品,格安 —— 12,600円

トスカーナ州

ルーチェデッラヴィテ 2012 20周年記念ヴィンテージ 全国無料,正規品

■ワイン・アドヴォケイト過去評価■ Luce della Vite 2009年ヴィンテージ WA 90点獲得!若い 2007年ヴィンテージ WA 91点獲得!早めに 2006年ヴィンテージ WA 89点獲得!VP 96点!飲み頃 ※VPはヴィンテージポイントの略でございます。 国・地方・地域等の区分でワイン醸造用ぶどうのできばえを 評価する指針となり、区分の細かさは国ごと、地域ごとに異なります。 ※PPとWAの得点は同じです。本国サイトでは ワインアドヴォケートスコア、という呼び方に変わってきており、 サイト上の表記はなるべくWAにシフトしております。 ※「+」ですが、例えばWAが98+の場合、98点よりは すぐれているが99点よりは劣る、ということを明確に示したい 場合に使用されます。 ※スコアで使用される「?」については、少々曖昧ではありますが つけたスコアに疑問が残る際に使用される、とのことです。 例えば、テイスティングしたワインの個体差(ビンごとの差)など が影響して以前にテイスティングしたスコアと大きな差が出ている と考えられる際などに「?」とつくことがあるようです。 ※88-90のようにスコアに幅がある場合、これはテイスターが 1ポイント刻みで評価するのが困難と判断した際にスコアの幅を 持たせてワインを評価する場合があります。 スコアのカッコ書きはスコアに幅のある場合に使用しています。 ※「eロバートパーカーオンライン・ジャパン事務局 お問い合わせ係」様の回答メールより引用しました。 ●少なくとも本当に良いワインとされるのは85点以上のものであり、 その割合は 世界中のワインの中でほんの1% にしか過ぎず、 非常に貴重なワインと言えます。 ●ワイン愛好家のみならず、これからワインを楽しもうと 考えている初心者の方にも、わかりやすく皆様の食卓で ワインを楽しんでいただけると幸いでございます♪ ※神から与えられた光♪ルーチェ ◆ワインへの情熱と卓越した醸造技術から生まれたワイン◆ ルーチェ・デッラ・ヴィーテは、 1995年に、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィという、 ワインへの情熱と、卓越したワイン醸造の技術を持った、 20世紀を代表する二人のワイン醸造家によって創設されたワイナリーです。 ヴィットリオの息子、ランベルト・フレスコバルディは、 父とモンダヴィが持っていた高い志と成功への確信を引き継ぎ、 これを、未来へと推進する栄誉を担っています。 現在、このワイナリーは、 マルケージ・フレスコバルディのホールディング・カンパニー、 テヌーテ・ディ・トスカーナの所有となっています。 ◆神から与えられた光♪ルーチェ◆ 輝く太陽とそれを取り巻く12の炎を持つコロナ。 中央イタリアの都市を訪れる人々は、フレスコバルディ家が寄進した土地に建てられた、 フィレンツェのサント・スピリート教会の祭壇を始めとする、歴史的な建物の柱や扉に、 その太陽の紋章が刻まれているのを目にすることでしょう。 この太陽は、神から人類に与えられた光を意味しています。 ぬくもりを与え、生物を養い、ワインを構成する要素を創造する力。 その光によって、モンタルチーノの恵み豊かな土地で、 サンジョヴェーゼとメルローというブドウに力が満ち、 ルーチェというワインが生み出されるのです。 サンジョヴェーゼ種とメルロー種というセパージュを、 モンタルチーノの地で初めて取り入れたのが、この「Luce」です。 メルロー種の柔らかさ・まろやかさと、 サンジョヴェーゼ種のしっかりしたボディ・エレガントさを結び付けることは、 いかにも妥当な発想のようでありながら、それを成す者がいませんでした。 世界的に専らサンジョベーゼ種の品質価値が認められていた Brunello di Montalcino(ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ)の地で、 Marchesi de’ Frescobaldi(マルケーゼ・ディ・フレスコバルディ)家と Robert Mondavi(ロバート・モンダヴィ)家のコラボレーションによって 初めて実現した革新的なひとつの「作品」ともいえるのがこのワインなのです。 2002年からは、一切の責任が委ねられた Lamberto Frescobaldi(ランベルト・フレスコバルディ)が、 この地に由来するサンジョヴェーゼ種という伝統品種と、 モンタルチーノに1976年に導入されたメルロー種の融合を 遂げた「Luce」の歴史を刻み続けています。 ※ヴィットリオ・フレスコバルディ氏フィレンツェ生まれとロバート・モンダヴィ氏ヴァージニア州ミネソタ生まれ ◆ルーチェ・デッラ・ヴィテ [2012] 20周年記念ヴィンテージ◆ ◆原産国:イタリア ◆生産地:トスカーナ州 モンタルチーノ地区 ◆原産地呼称:I.G.T.トスカーナ ◆タイプ:赤・フルボディ ◆ブドウ品種:サンジョヴェーゼ45%,、メルロー55% ◆アルコール度数:13.5% ◆容量:750ml ◆合う料理:仔羊のロ-スト、フィレンツェ風ステーキ(Tボーン)等に向き、スパイシーな風味を加えた肉料理全般 ◆収量:1ヘクタールあたり34hl/ha ◆生産総本数:67,000 本 ◆収穫時期:サンジョヴェーゼ10月第一週、メルロー9月第一週 ◆収穫時糖度:サンジョヴェーゼ248g/l 、メルロー260g/l ◆収穫時酸度サンジョヴェーゼ7.20g/l 、メルロー6.45g/l ◆収穫時PH度:サンジョヴェーゼ3.21、メルロー3.38 ◆発酵:タンクステンレス製 Inoxタンク温度管理機能付き ◆発酵温度:30℃ ◆発酵期間:12日間 ◆マセラシオン期間:4週間 ◆発酵:マロラクティック発酵バリックにて完了 ◆熟成:容器オーク材バリック(新樽100%) ◆熟成期間:24ヶ月 ◆ボトリング:2015年1月瓶詰め ◆酸量:6.77g/l ◆PH度:3.32 ◆セカンド:ルチェンテ ◆ワイナリー名:ルーチェ・デッラ・ヴィーテ ◆生産者:フレスコバルディ&ロバート モンタヴィ ◆テイスティング◆ 雨の多かった春の後、夏の気候条件は殆ど理想的といえるものでした。 乾燥した日が続き、昼夜の気温差が大きいことが ぶどうの中のアロマ前駆体とポリフェノール類のバランスの とれた凝縮をもたらしました。 太陽の光と熱が相まって、ルーチェ2012に エレガンスと力強さに加えて、その驚くべきアロマの複雑性を与えたのです。 このワインは、飲む人をダーク・ルビーの眼差しで迎え、力に満ちた、 複雑で特筆すべき深みを持った香りで包み込みます。 スパイシーなクローヴや黒コショウの繊細なニュアンス が背景にあり、黒いリコリスやバルサムの微かな印象も次第 に現れて、贅沢なアロマの混合物を造り出します。 味わいは控えめでありながらフルボディなボリュームを持ち、 ビロードのような柔らかさが口中に広がります。 香りはとめどなく進化を続け、始めから余韻に至るまで続く 微かなスモーキーさが、一層魅力を増しています。 ■ワイン評論家ジェームス・サックリング氏の評価■ 高得点!94点獲得!20周年記念ヴィンテージ♪

ルーチェデッラヴィテ 2012 20周年記念ヴィンテージ 全国無料,正規品 —— 13,800円